SwallowがV1.18へバージョンアップ

期待のEAであるSwallow、
ツバメ君がV1.18へバージョンアップ
されています。

EZインベスト証券の口座開設キャンペーンで
入手したユーザーさん、fx-onで購入したユーザーさん
にはfx-onからメールが配信されていると思います。

Swallowのバージョンアップ内容

バージョンアップ内容は、
『両建てが解除され片建てになった場合、
1つ目のポジション保有時間を再計算するように修正』

となっています。

ということで、EAがバージョンアップされた場合には、
バックテストして確認をします。

今回は、バージョンアップ版のV1.18と現行のV1.17を
比較しました。

EZインベスト証券口座のヒストリカルデータをそのまま使用し、
スプレッドは2pipsにて実行しました。
(EZインベストのミニ口座想定:もう少し広いですが・・・)

期間は、2017年1月9日から2017年4月21日です。
とても短期間ですが、モデリング品質90%を確保できる
期間ということで、ご了承下さい。

まずは、現行のV1.17です。

そして、バージョンアップ版のV1.18です。

比較すると、『純益』(利益)は現行版の方が良い
ことがわかります。
「アレ??」
と思いますよね~。

ということで、公式バックテストを確認してみると、
そちらでも、バージョンアップ版の方が純益は劣るようです。

画像で残していなかったのですが、Swallow紹介記事
で抜粋していた数値は以下の通りです。
勝率:54.5%
最大勝トレード 524.97
最大敗トレード -242.30
平均勝トレード 67.31
平均敗トレード -55.57
期待利得 11.39
純益 18879.15
最大ドローダウン 948.88

で、バージョンアップ版のバックテスト結果は、以下のようになっています。

数値をそれぞれは紹介しませんが、最大ドローダウンは同等ですが、純益は
V117の方が大きいということになっています。

今後の運用

バージョンアップが明確な不具合への対策(バグ取り)であれば、
基本はスグに巻き替えます。

今回は、
本来の仕様通りにポジションワークさせるための修正
という捉え方を個人的にはしました。

で、最大ドローダウンが同等で純益(利益)は現行版の方が
大きいということもあるので、
まずはこのまま継続稼働させる
という判断をしました。

フランスの大統領選挙(決戦投票)を通貨するまで、もしかしたら急変動が
あるかもしれませんので、一応警戒はしながらも、EAはそのまま稼働
させています。

本日朝に開いた窓は大きいですが、閉じる方向に動いているようですね。

Swallow君が復調の兆しを見せているので、今後のトレードを期待して
見守ることにします。

Swallowのフォワード結果

Swallowの口座開設キャンペーン紹介用に、リアル口座に加えて
デモ口座においても稼働させています。
ただ、MT4運用環境の都合で、EZインベスト証券口座では無く、
Forex.com口座です。

Swallow以外にも
Beatrice-07(Forex.com口座開設キャンペーン)
Beatrice-ADX
BandCross(Forex.com口座開設キャンペーン)
e@tb_EURUSD
e@sa_EURUSD
一人がち
などを現時点でデモ口座稼働させています。

Swallow(ツバメ君)などForex.com口座開設キャンペーンEA
以外はそれほど長く稼働させていませんが、よろしければ
一つの例として参照下さい。

Beatrice-07が無料で貰えるというのは、とっても嬉しいキャンペーンだと
個人的には感じます。
Forex.comでしか使えないという口座縛りはありますが、
まずは無料で試すということができるのは、
初期費用無しで有力EAを自分でバックテストしたりして検証できる
という点でメリットが大きいですよね。
FOREX.com×タイアップキャンペーン☆Beatrice-07

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
またのご訪問を心よりお待ちしております。

コメントを残す