ビットコインが投資から決済手段へ:ビックカメラでも

何かとニュースになる
ビットコインですが、
またも話題を提供して
くれています。

ビックカメラでは、今週のうちに都内2店舗
ビットコインによる決済が可能となるようです。

ビットコイン取引所国内最王手の「ビットフライヤー」と組み、
7日からビックカメラ有楽町店ビックロビックカメラ新宿東口店
でビットコインによる決済システムを試験導入する、とのこと。
(日本経済新聞WEB版2017年4月5日付)

決済の上限を10万円相当とし、現金と同率でポイント還元
あるとのことです。

ビットコインというと、決済や送金の手段として便利
言われつつも、投資対象としての話題が多かったのですが、
最近は「決済手段」としての話題が多くなってきましたね。

 

一方、リクルート系リクルートライフスタイルは、
取引所のコインチェックと組み、タブレットを使ったPOS
レジアプリ「Airレジ」を使う店舗が希望すれば
ビットコインで支払えるようにする、とのこと。
こちらは、今夏をめどに「26万店」(スゴイ!!)
で利用できるようにする、とのこと。

ビットコインは、
世界での利用者数が2000万人超え!!
月間取引高:12兆円
ということですが、利用者の8割以上が北米と欧州
偏っているのだそうです。

日本では、決済手段としては馴染みが無いですもんね~。

ビットコインの価格が変動するため、投資目的での売買が
大半だったが、外貨に両替しなくても自分のビットコイン口座で
決済出来るので、海外渡航先での利用が拡大している、のだそうです。

確かに、外貨に両替する時に小さくないコストがかかりますし、
残った通貨をどうするか・・・というのもあるので、
ビットコインの利便性が認知されてきている、ということなのでしょうか。

4月1日に改正資金決済法が施行され、仮想通貨の取引所
登録制が導入されたことで、安全面での制度整備が進んでいるのだそうです。

7月からは、仮想通貨の購入時にかかっていた消費税が無くなり
利用者の負担が減ることも試乗拡大の追い風になると見られている
のだそうです。

ってか、消費税かかってるのね・・・まだ。

トレードステーションでの株取引が軌道に乗ったら
ビットコインに進出しようと思っていたのですが、
ここはとにかく口座開設しておいた方が良いですね~。

もともと、ビットフライヤーを考えていましたが、
ビックカメラについての記事を見て、最初に開設するのは
ビットフライヤーに決まり!!
ということに。
bitFlyer 口座開設

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
「ビックロビックカメラ新宿東口店」というのは、
ビックカメラとユニクロのコラボ店なのだそうです。
またのご訪問を心よりお待ちしております。

コメントを残す