Swallowの公式フォワード結果 期待のEAを検証

口座開設キャンペーンで期待のEAである
Swallowを貰える
ので、まずはキャンペーンでもらった
ものを活用していく予定です。
EZインベスト証券×Swallowタイアップキャンペーン

EZインベスト証券の使い心地確認も
含めて進めて行くことにしています。

EZインベスト証券の口座開設は、3月16日時点で
完了しています。

あとは、キャンペーンEAのダウンロードが可能に
なったというfx-onからのメール待ちです。

ということで、それまでの間にやっておくべきことを
やっておきましょう

Swallowの公式フォワード結果を解析

fx-onでのSwallowのフォワードテストは、2016年9月から
ということで、約半年という期間です。

まだ長くはない期間ではありますが、どんな結果になっているのか、
改めて確認してみましょう。

まずは、公式フォワード結果について、fx-onで掲載されている
内容の確認です。
2017年3月22日時点の結果をご覧下さい。


平均利益:7,038円
平均損失:-3,010円
勝率:52.94%
最大ドローダウン:25,272円
最大利益:36,221円
最大損失:-13,676円
などの数値を確認すると、少なくとも今の相場に合ってそうです。
バックテスト結果と比較すると、平均損失が小さく済んでいるので、
うまく損失を小さく抑えることが出来ていると見ています。

逆に言うと、長期的に運用しているとバックテスト結果に
収斂するとするならば、相性が悪い方向へ行くことを
想定しておかないといけません。

なので、今の相場との相性が良い時期に利益を積み上げておきたい
ところではあります。

「ああ、早くSwallowを稼働させたいっ」


フォワード結果のフラフを見ても、良い結果ですねぇ~。
このまま長く推移してくれればよいのですが(笑)

「いやぁ~、やっぱり今すぐ稼働させたいなぁ」
(とは言え、ロットサイズは慎重に!!)

Swallowの設定についても検討しておきたいところです。

気になる設定として
・LotIncrease:チャンス時のロット増加機能
というのがあります。

チャンスの判断は、ADXを使用しているとのこと。
判断の精度が良いなら、そして判断が良くなかった場合の
負けっぷりが良い(損失が大きくならない)なら、
LotIncreaseFactor:チャンス時のロット増加率
(増加率×基本ロットがエントリー時のロットとなる)
を大き目の値に設定することも視野に入ります。

ちなみに、デフォルトの値は1.5です。

で、約半年間という期間であり、未だ長いとは言えない
フォワード結果ではありますが、それを承知で
グラフにしてみました。

公式フォワード結果をダウンロードし、
・通常時の累積損益
・チャンス時の累積損益
(ロットサイズを通常時と同じ0.1に換算したもの)
のグラフを作成しました。

チャンス事の累積損益グラフは、ロットサイズを通常時と
同じ0.1に換算してあるので、単純に比較できると
考えています。

縦軸目盛間隔1万円横軸目盛間隔5回ということで
統一してあります。

あくまでフォワード期間だけでの判断ですが、「チャンス時」の
判断は良い結果に結びついていると判断します。
利益にならない時も、小さな損失で終わっているのが見て取れます。

もっと長い期間でのフォワードを見たいですし、バックテストでも
通常時とチャンス時の結果を個別に確認したいですね~。

個人的に、スイング系のEAを増強したいと考えているので、
Swallowはとってもありがたい存在になると判断しています。

自動売買におけるポートフォリオの一部として、
スイング系のEAを探している
EURUSDを扱うEAを探している
という場合には、とっても良い候補となるEAだと考えています。

特に、今は相場との相性が良い時期のようなので、
稼働させておきたい時期だったりします。

もちろん、いつかは相性が良くない時期が到来するものですが。

いずれにせよ、稼働させることができるよう、準備を進めます!!

行き過ぎからの戻りを狙うスイングEA
Swallow | fx-on.com

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
またのご訪問を心よりお待ちしておりますっ!!

コメントを残す