投資戦略フェア2017に行って来た・その3

投資戦略フェア2017ネタの
3回目です。

今回は、「待つFX」でお馴染みの
えつこさんによるセミナーです。

最初から、そして一貫しておっしゃっておられたのは、
大事な資金を守る
ということでした。

そうですね、ホントに大事なことです。
守った上で増やす

あ、もちろん、各トレードで損失を出さない、という訳では
ありません。

利益を出す、損失を出すを各トレードで繰り返しながら、
利益を積み上げていく、ということですね。

そして、
とにかく必要なことをきちんと勉強しましょう
ということです。
・覚えることが多いが、面倒がらない
・分からないままにしない。分からないことは質問する
これ、様々な事に共通して言えることですね。

残念ながら、配布資料が無く、暗い部屋の中でメモを取りながら・・・
ということで、あまり細かく内容を紹介できません。

ということで、断片的な話の紹介になってしまいますことを
ご了承下さい。

・M5,M15でトレードする場合でもM30、H4などで方向を見る
これは良く言われることですね。
トレードする足よりも大きな足のチャートを観察し、
トレンドの方向
抵抗帯の位置
を確認しておくことは重要です。

・リスクマネジメント
モニター画面を6台使っているそうです。
で、エントリーに使うのはノートPC。
そしてWifi回線を使っている、というような話でした。
回線は、きっとモバイル用でも使えるもの、という意図だと
認識しています。

つまり、停電があってもトレードができる環境ということですね。
無停電装置を使うなど、対策方法はいくつかあるかと思いますが。

自分も事務所でMT4を自動売買用で運用しているのはノートPCです。
そして、回線は、少し前に契約したBIGLOBEのWiMAX。

これで、数時間の停電には耐性があります。

これらを考えると、自動売買におけるVPSは安心ですね。
今まで多数のVPSを使ってきましたが、イチバン安心で満足しているのは
WinServer(ウィンサーバー)です。
使っているトレード画面の紹介もありました。
使っているインジケーターは、
・MW Market Force インジケータ
・Ku-chartZ8
です。
もう一つあったのですが、メモが不十分でググっても特定できなかったので
紹介を控えます・・・。

MW Market Force インジケータは、パンローリングで販売
されているようですね。
当日、「高いですので・・・」的なことを言うだけで、
どこで買えるものなのかも言わないあたり、商売っ気が無いですね~。
でも、求めている人には、情報は提供すれば良いのに・・・と
思います。

Ku-chartZ8ですが、Ku-chartZ7に対してNZDだかを対象に加えたオリジナルの
ものらしいです。
Ku-chartは、ググるといくつも出て来るので、試してみては如何でしょうか?

ちなみに、FXTFのMT4を使っている場合は、インジケーターの中に
FXTF-Symbol-kyojaku
というのがあるので、同様のものが表示できます。

FXTFは、こういったオリジナルのインジなりツールが豊富なので、
他の口座でトレードする場合でも、口座開設してFXTFのMT4を使えるように
しておいたり、ツールをダウンロードできるようにしておくのが「吉」です。
FXトレードフィナンシャル 口座開設

イメージキャラクターがゆうこりんからこじるりさんに変わって
しばらく経ちましたが、イメージが定着しましたねぇ。

きちんと勉強する
大切な資金をしっかり守る
をこれからも実践していきます。

「待つ」と言えば、美味しい通貨ペアでトレードするというのも
待ち、見つけるということなのかな、と思いました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
EAインベストメント証券からのID郵送、
TradeStation口座開設に向けたマネックス証券の住所変更完了
を首を長くして待っているところです。
それぞれ、進捗を紹介していきます。
またのご訪問を心よりお待ちしておりまぁ~~~す。

コメントを残す