ひふみ投信 投資は未来・希望・自立 レオス・キャピタルワークス

カンブリア宮殿(2/16放送)に
「ひふみ投信」藤野 英人さんが
登場していました。

個人的には、藤野さんのお名前は記憶に
無かったのですが、「ひふみ投信」
投資対象として良い(実際に運用している)
という認識がありました。

番組によれば、
『2013年121億円→14年250億円→
15年533億円→16年1155億円。
まさに倍々ゲームで増え続け、日本株ファンド全体で
純資産総額の伸び率1位
そんな爆発的人気を誇るのが、
レオス・キャピタルワークスの「ひふみ投信」だ。
率いる藤野は、かつて投資業界で驚異的な記録、
基準価額を2倍以上成長させた
カリスマファンドマネージャー
藤野は「正しい投資をすれば企業は輝きを取り戻し、
ひいては日本経済を健全にする」
という。』
とのことで、自分自身あまり記憶していなかったな~
と思いました。

そして、R&Iファンド大賞(国内株式部門)
2012年から4年連続で受賞しているのだそうです。

そんなこともあって、番組で紹介されていた銀行
とある支店ではダントツの人気だそうです。
人気の要因として、ひふみプラスは下がる相場でも
下がりにくいのが特徴で、そこからまた上がるので
他とのパフォーマンスの差が出る、ということが
あるようです。

藤野さんの話として、
『北海道から沖縄までいい会社がたくさんある。
そういう会社を見つけて、その会社が伸びていく
お手伝いをしたいし、それによって多くの人が
喜んでいくという循環を作りたい。
きれいごとではなくて、そのように考えて行動する
ことが、実はすごくお金も儲かる投資される会社
ハッピーになるので、誰も損する人がいない。』
というのがありました。

すごく良い話(考え)だっ!!

と感じました。

『根本的に投資というのは未来であり、希望である。
また投資というのは自立であり、自分の未来を自分で
切り開く事がとても大切なことである。』
というのは、刺さりますねぇ。

ひふみプラスの積立履歴

実は、何年か前にひふみ投信を知り、
「気になる存在」
となっていました。

でも、その気になる存在の中の別の投信を
毎月購入(積立)することにしました。

『“結い”という言葉には、人と人が信頼し合い、
共に何かを創造する共創の意味があり、
その心(思想)を表しています。 』

というのが鎌倉投信で示されているのですが、
この共感し、

「結い 2101」は、これからの社会にほんとうに
必要とされる会社、 皆さまがファンとなって応援
したくなるようないい会社投資する投資信託

ということで先に積立での購入(運用)を
開始していたのです。
教育資金の一部に充てる、という大まかな目的で。

そう、「結い2101」を先に積立購入開始していました。

そして、気になる存在だったひふみ投信も、
遅くはなりましたが、2015年12月より積立により
毎月一定額を購入しています。

ちなみに、
レオス・キャピタルワークス直販「ひふみ投信」
銀行や証券会社で購入する「ひふみプラス」
確定拠出年金専用の「ひふみ年金」
という種類がありますが、
『同じひふみ投信マザーファンドに投資しているため、
投資方針、組入銘柄等に相違はありません。』
ということになっています。

直販のひふみ投信は、購入額が1万円からなので、
手数料無料、毎月一定額の購入(積立)ができる
カブドットコム証券で購入しています。
(購入額変更の自由度が高い方が良いという判断)

カブドットコム証券では、積立の最低購入額が500円
のようなので、少額での投資も可能というのが便利です。
しかも、購入時手数料は無料です。

もしも、ひふみプラスを積立などで購入する場合、
購入時手数料が無料の銀行なり証券会社を
選ぶのが賢い選択と言えますね。

カブドットコム証券以外にも、

・SBI証券

・マネックス証券株式会社

・楽天証券株式会社

などいくつかの証券会社で購入可能です。

開設済みの証券口座で、ひふみプラスを扱っているようであれば、
その内容を確認してみると良いと思います。

投資で明るい未来、溢れる希望、キッチリ自立。
未来を自分で切り拓きましょう!!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
またのご訪問を心よりお待ちしております。

コメントを残す