Beatrice-07がバージョンアップされています

Beatrice-07が2016年10月20日付けで
バージョンアップされています。

fx-onからの一斉配信メールによれば、
変更点は以下のようになっています。

1.週末クローズの不具合対策を強化

2.それでも不具合を起こす場合、
 ローカル時間ベースでクローズ時間を指定できるようにした

 パラメータを追加
  ・Weekend_force_close = false
   Trueで週末クローズをサーバローカル時間ベース
   (非GMT)に切り替え
  ・WeekendForceCloseDay = 5
   サーバローカル時間ベースを有効にした場合、クローズする曜日を指定。
    5=金曜日
    6=土曜日
    ※5,6以外の数字は入力禁止・正常に動作しないため
  ・WeekendForceCloseTime = 19
   0-23時の間でクローズ時間を指定可能

同様の記載がfx-onでの販売ページにもあります。
また、ダウンロードしたファイルに
「ReadmeVer1.93」というテクストファイルがあり、
そちらにも同様の記載があります。

記載内容は、サクッと作った感がありますが、
Tokyo system traderさんがこういったところに手間を
使っているところに、嬉しい驚きを感じてしまいました(笑)

今回のバージョンアップ内容としては、週末クローズの
不具合対策ということです。
週末クローズに関係する部分で特に問題とは思っていないのですが、
最新版のV1.93へ巻き替えます。

バックテストを2016年1月以降で実施し、前バージョンと比較しましたが、
特に問題となる差異が無さそうというのも確認しました。

問題と言えば・・・。
他のEAでも起きうる話ですが、フォワードと異なるトレードを
することです。
(異なっていても、それ自体は大きな問題ではありません。
単純に利益を積み上げてくれれば)

Beatrice-ADX01の方は、外為ファイネストで運用しており、
このまま長期的に稼働させておける状態ですが、Beatrice-07は
フォワードと異なり調子良くありません。

外為ファイネストで調子良くなかったので、FXTFで稼働させて様子を
見ているところなのですが、どうにもフォワードと逆方向のポジションを
取ることが多いのです。

AutoGMTは、もちろんTrueですし、バックテストでな無く
フォワードでの結果なので、テスト環境云々でも無いでしょうから、
原因を掴みかねています。

フォワードは、基本的にはデフォルトだと想定していますが、
異なるとすればトレールの設定ですね。
で、バックテストで2016年1月以降での結果を比較すると、
Trueの方が利益としては大きく、トレード回数も1トレード(4ポジ)
多いという結果で、それだけを見ると有意差無しと現時点では判断。
(ネタが潜んでいるかもしれませんが)

あとは、裁量判断で決済をストップを移動したり成り行きでの決済を
しているのですが、それが新たなポジションをEAが建てることに
つながり、トレード結果が思わしくないことになっているのかな、
ということがあります。

ということで、Beatriceに関しては、決済への介入は基本的に行わない
こととし、した場合には、その週はEA停止しようと思います。

それにしても、フォワードで使用している設定内容が気になります・・・。

◆長期的運用を期待しているEAです
 (個人的には、今のところ相性があまりよろしくないですが)
シストレ24 2015年度大賞受賞ストラテジー!※シストレ24はインヴァスト証券株式会社の商標です。
Beatrice-07
Beatrice-07 | fx-on.com

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
またのご訪問を心よりお待ちしております。

コメントを残す