マネパの代用証券はnano口座では使えず|自分年金

2月、トレード/投資関連で大きな実施項目として、
・マネーパートナーズで連続予約注文を活用した自分年金構築
 代用証券で資金を有効活用
・デューカスコピージャパン口座でJForexを初めて使用
 MT4以外の自動売買プラットフォーム試用
 長期用口座として、裁量トレード用として活用
というのがあります。

マネパでの連続予約注文を活用した自分年金構築ですが、
先週末に株式の移管が完了し、いよいよ本日から株式を
証拠金とした仕掛けを設置する予定でした。

そう、「でした」なのです・・・

・・

注文を分散すること、証拠金としては多額では無いということから、
100通貨!!からトレード可能なnano口座を使用することにしていました。

が、お昼を過ぎてもnano口座の取引余力が0のまま・・・。

「なぜだぁ??」

ということで、時間を確保できたので、夕方にサポートへ問い合わせて
みました。

そこで、残念かつ驚愕(笑)の事実が判明したわけです。

そう、代用証券を証拠金として使用できるのは、スタンダードな
パートナーズFXだけで、パートナーズFX nanoは対象外!!
ということだったのです。

パートナーズFX口座は1万通貨単位での取引なので、自分が予定していた
自分年金構築用には使いにくいので、自分にとって対象外。

パートナーズFX nanoは、100通貨から取引できるものの、
代用証券による証拠金という制度の対象外・・・。

ということで、現時点で自分が予定していた自分年金構築は
進めることができないというのがわかりました。

あまりにも残念だったので、要望としてマネパのサポート殿へ
メールしました。
すると、
「・・・
今回いただきました件に
つきましては、担当部署に伝え今後のシステム・サービス改善の
課題として検討させていただきます。
・・・」
というようなメールをすぐさま返信いただきました

ま、文面自体はどこの業者さんでも似たようなものだと思います。
問題は、その後の対応ですね。

正直、すぐさま制度が変更されるとは考えにくいので、
代用証券として活用できる良い業者さんがあれば、そこで
活用したいです。
なるべく、自分年金構築の一環で使えると良いのですが、
そこに拘らなくても良いのかもしれませんね・・・。

自分年金構築は、多くの人にとって必要なものと個人的には
考えているので、情報をシェアしつつ自分も着実に構築したい
のですが、今回の件は残念でした。
が、「自分年金仲間」が増えるといいな、と考え、そして行動
しています。

SBI FXでの定期外貨取引は、今後も継続します。
豪ドルがいい感じで下がってきたので、購入額を増やし、
それをもって長期的な購入額設定にしようかというのも
考えています。
が、検討する時間を取れておらず、今のところ、実行に移す
という判断はしていません。

本日で2月が終わり、明日からは3月ですねぇ~。
2月は自動売買も裁量も、良いカンジで推移したので、
3月も楽しくかつ良い結果となるトレードや投資ができるように
行動します。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。
またのご訪問を心よりお待ちしております。

コメントを残す