トレンドに乗る|i_TrendSurfer

新年を迎え、稼動するEAを
整理中です。
相場との相性が悪いものは一時停止し、
代わりに稼いでくれる可能性が高いものを
稼動させる、という考え方です。

停止するEAについても、今後使わないという
訳ではなく、相場との相性が良い時期に活用する
方針です。
で、この切替が上手くできるような自動のシステムが
あると良いのですが、裁量で対応しています。

自動売買においても、運用方針は人それぞれだと
思います。

自分は、例えば今のWhiteBearZシリーズのように、
たまに訪れるドローダウンは(なるべく)涼しい顔で
やり過ごし、継続稼動させるEAと、ロットなり
設定を調整しつつ、時には一時停止して稼動させる
ものとで大きくは分けています。

ま、それぞれのロットを小さくして、ドローダウン期も
構わず継続稼動するとか、EAの数を絞って稼動するとか
色々とやり方はあると思います。

さて、本題です。
i_Trend_SurferというEAを紹介します。

・多通貨での運用が可能:EURUSDが最適との開発者コメントあり
・時間足の任意選択可能:M1,M5が最適との開発者コメントあり
 個人的にも、M1よりはM5の方が良いかと。
・3つの戦略がある
 中期
 中長期
 長期
 どのように区分しているのかは不明です。
 個人的には、3つのスパンで捉えているのだな、と理解することにしています。
・ロジック概要
 「値動きのある相場で、順張りで利益を狙う」

fx-on販売ページにもEA設定項目一覧が記載されていますが、
参考までに画面ハードコピーを掲載します。
i_TrendSurfur

ロジック毎に設定が可能となっているのは、個人的に嬉しいです。
で、こうなると、まずはロジック毎にどんな結果を
もたらしてくれているのかが気になりますよね。

ということでロジック毎にバックテストしてみました。
その紹介は後日としますが、やはりロジック毎に
結果の特徴があります。

外為ファイネストのヒストリカルデータでテストした範囲では、
中長期ロジックが収益やドローダウンの結果が相対的に良かった
ということになります。
(2015年の1年間でのバックテスト)

販売ページのバックテスト結果が1年半という長くはない期間なので、
それが残念です。
きっと良い結果を残してくれるという期待があるのですが、
どうでしょうか。

個人的に、モデル品質90%を確保できる期間が短いので、
なんとかしようと思いつつ上手くいってません。
アルパリジャパンはありがたかったのですが、今は
FXTF(FXトレードフィナンシャル)が長期のヒストリカルデータを
提供してくれているので、それを活用したいのですが、
上手く行ってません・・・。

いずれにせよ、本EAの検証を進めて行きます。
デモ口座では稼動させているので、そちらの結果も併せて
検証することとします。
中期、中長期、長期の3つのトレンドから安定的に利益を積み上げる
i_Trend_Surfer
i_Trend_Surfer | fx-on.com



そういえば、FXTFでは、「FXリアルトレードバトル」を開催
しているようですね。
総額200万円の賞金というのは太っ腹ですねぇ。
FXTF口座開設キャンペーンで貰えるのは、「ForexSolid」です。
口座開設するなら、EAをタダで貰って活用するといいですね。
もちろん、リアル稼動せずとも、検証してみるだけでも
良いと思います。
FXTF×ForexSolidタイアップキャンペーン

裁量トレードしかしないという方は、EAをもらうための手続きが無い
こちらからどうぞ。
FXトレードフィナンシャル 口座開設

個人的には、FXTF口座は長期ポジションのみでのトレードですので、
バトルにはなりません・・・。
昨年は、小さくないドローダウンとなりつつも、小さくない
利益を獲得できたのでゲンの良い口座ではあります。

昨年、日足5本となったり、千通貨単位での取引が可能となったり、
使い勝手の良い口座となりました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
またのご訪問を心よりお待ちしております。

コメントを残す