ブレイクスキャルシステムがバージョンアップして建値決済を実装

ブレイクスキャルシステムが
バージョンアップしました。
4月14日付でfx-onからメールが
配信されています。
購入者の方は、忘れずにメールを
ご確認下さい。

配信されたメールによれば、
建値ストップモード追加
が変更点とされています。

ん・・・

・・・

・・

た て ね け っ さ いぃ~~~

そう、あの建値決済!!

個人的には、建値決済と言えば、WhiteBearZなのですが・・・。

ちなみに、自分でプログラミング(コーディング)することなく、
ロジックを構成するとEAにしてくれる「EAつくーる」
建値決済機能を実装することができます。
ロジックにもよるのでしょうが、成績向上が見込めます。
EAつくーるをお持ちで、未だ試していない方は、ぜひ試して下さい!!

というわけで、バックテストにて建値決済機能を使う場合にEAを
どのように設定するか検討します。
デフォルトで機能を使うようにしてあるということは、
「しがないあらさー」さん的には自信あり、と見ました。

Scal_PipsQuoteStopPipsを設定値の探索対象として考えています。

そういえば、前回のバージョンアップでIntelligentStop が実装されていますが、
バックテストでの確認結果としてメリットありと判断しました。
以降、本機能を使う設定で運用しています。

ブレイクアウトの瞬間を掠め取る!!ヒットアンドアウェイのスキャルシステムです。
ブレイクスキャルシステム
ブレイクスキャルシステム | fx-on.com

最後までお読みいただきありがとうございました。
現在、パソコンが熱を出しながらバックテスト中です(笑)。
またのご訪問を心よりお待ちしております。

コメントを残す