BandCross3がV6.0へバージョンアップ|起死回生を期待

3月以降、バージョンアップの対応が
活発な印象があるBandCross3。
最近の相場状況での結果が
芳しくないということへの
緊急対応として実施された
バージョンアップとのことです。

このへん、人気・実力共にランキング上位に当たり前のように位置する
EAとしてのプライドみたいなものがあるのでしょうか。
そういう、BandCrossさんの作者さんとしての対応が、ますます
BandCross3というEAへの信頼感を高めます。
あ、盲信してはいけないし、EAの運用に対してはきちんと判断する
必要があります。

バージョンアップ内容

ユーザー向けにfx-onから配信されているメールには、
以下のように記載されています。

1.初期パラメータ値の追加・変更
2.取引時間の変更
3.ロジックの改善

BandCrossさんのブログによれば、
『今回のバージョンアップは相場が速い速度で一方的に下落する場合に
買いエントリーが多く実行されたことに対する緊急対策を主目的としています。
(正直言って想定外でした)
今回の対策で効果が出て欲しいと思っていますが、いずれにしても
引き続き見直しを進める予定です。』
とのことです。
今後も見直しを進める予定とのことなので、バージョンアップが
あるかもしれませんね。

更なる進化に期待です。

今後の運用

個人的には、昨年の秋以降、ショートのポジションのみを持つように
「OnlyShort」の設定を継続しています。
とはいえ、3月のドローダウンは自分の口座でも喫しており、
小さくないダメージとなっています。

本記事執筆時点で、V6.0のバックテストも実施していません。
BandCrossさん御自身の実運用も未だという現状を鑑みて、
バックテストを実施のうえ、稼働する場合でも旧バージョンとの
並行稼働かつ小ロットで運用開始とします。
(通常は、リリース前に実運用で確認しているが、今回は現在の状況
を鑑みての実運用確認前リリースとなったようです。)

この後、バックテストを実施の上、その後の対応を検討/判断します。

統計的分析により最多保有2ポジションで利益を積み上げるローリスクタイプEA
BandCross3 EURUSD
BandCross3 EURUSD | fx-on.com

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
またのご訪問を心よりお待ちしております。

コメントを残す