OTband break Scal & Binaryを検証しています

自分のトレードスタイルとしては、
自動売買をメインに、
スイングで裁量も、
というものになります。

自動売買は、MT4のEAを使用するものがほぼ全てですが、
トレーダース証券の「みんなのシストレ」を少額で
やっています。
みんなのシストレは、自動売買システムについてのアンテナとして
活用しており、購入していないEAを少額で試すとか、EAとしては
販売されていないもののトレード内容を把握することを目的としています。

ま、実態はEAを購入するには至っていない「自分年金EA」を
みんなのシストレで「ランドファイター」として運用しているものの、
複数稼動しているBandCross3を「バンドクロス」として運用しています。
資金を増やすということも狙うので。

裁量の方は、「FX MISSION ZERO」に則っています。
マーフィーさんのスーパーボリンジャーも相場状況用に使用しています。

そして、コレは!!と思うインジも試したりしています。
裁量のためというより、自作EA用のインジとしてだったり
ロジックの参考にするためというのがあります。
FX MISSION ZEROも、1日30分以内で・・・というのがあるので
時間をかけずにやっていますが、更に短くということを狙っています。
ま、開発には時間も労力も振り向ける必要があるのですが。

そんな背景の中、試しているのが、「OTband break Scal & Binary」
というインジケータです。

どんなインジかと言うと、「ロウソク足5本先が上がっているか
下がっているかを検証するシステムです。」というものです。
商品の名称にもなっていますが、「Binary」を想定しているようです。
自身、バイナリーに興味はありつつ手を出していないので、自分は「Scal」
について活用することを目的とします。

では、どの時間足にセットするかと言うと、マニュアルには
明示されていません。
あ、資料ファイルには「仕様書」と書かれています。
「5分間の短期バイナリーで使用される場合は、1分足に
インディケータを挿入してください。」とあるのは、
本インジケータが「ロウソク足5本先が
上がっているか下がっているかを検証するシステム」
であるためということになるようです。

きっちりと検証したわけではありませんが、1分足から4時間足まで少しづつ
見てみた印象としては、やはり短い足の方が有効であるという印象です。
4時間足はさすがに厳しいと印象でしたが、1時間足でも有効であるように
見えました。
ま、「Scal & Binary」ですから短い足が(有効な)対象となりますね。

こういうインジを使う時にハッキリとさせておかないといけないのは、
どんな条件を満たした時にエントリーするのか、決済はどのような
条件で行うのかを明確にしておかないと、インジの評価が
できないということです。
もっとも、裁量トレードにおいては上記が必要となるのですが。

以前試してみたインジは、それが曖昧な印象で、恣意的判断要素が
大きいものでした。
本インジの場合は、4つの条件がエントリー時の条件として明確に
挙げられています。

エグジットはどうするのか?と言えば、仕様書には明示されていません。
が、「ロウソク足5本先が上がっているか下がっているかを検証するシステム」
ということからすれば、単純にサインの5本先ということになりますね。
ただ、ポジションと逆に大きく動いた場合の損切りをどうするのかは
決めておく必要があります。

と考えていると、本インジの主な使い方はバイナリーということに
なるのか・・・と気づきます。
fx-on販売ページも、そういう雰囲気で作成されていると感じます。
が、本インジを活用してルールを検討して検証しておけば、
裁量トレード用の強力な武器になりそうです。

スキャルで使用する場合の決済条件は自分で規定する必要があります。
(ロウソク足5本先が・・・というのに則れば、素直に5本後ですね)
が、しっかりと4つのエントリー条件が成立した場合のみエントリーする
ということを厳格に遵守していれば、インジとして悪くないと思います。
ただ、どうせなら、4つの条件が成立した時のみ矢印が出現する
というような仕様にして欲しいと思います。

OTシリーズ史上最高のトレンドフォロー型システムが完成!1ヵ月100勝を狙え!
トレンドフォロー型「OTband break Scal & Binary」
トレンドフォロー型「OTband break Scal & Binary」 | fx-on.com

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
またのご訪問を心よりお待ちしております。

コメントを残す