EGOIST(USDJPY)バージョンアップ

3月9日付でバージョンアップの連絡がfx-onよりメール配信されています。

定期的にバージョンアップされている感のあるEGOISTです。
よく「聖杯は無い」と言われますが、進化したり状況に対応していけば、
長期的に稼動する価値のあるものであり続けられると思います。
ただし、一時的に稼働停止するということも状況により必要だと
思います。

バージョンアップ内容

配信されたメールには、以下のように記載されています。
 
TimeClose設定の追加
→特定の時間で全ポジションをクローズ可能に

具体的には、以下の通りです。
・TimeClose設定追加
 指定した時間で全ポジションを決済する機能を使用する/しないを設定
・TimeClose_JST
指定した時間で全ポジションを決済する場合の指定時間(日本時間)

今後の運用

自分自身のEGOIST運用状態ですが、一時TradersTrustへ移管していましたが、
最近外為ファイネストへ戻しました。
単純に資金の割り振りの都合です。
もちろん、外為ファイネストの方が、EGOISTにとって良い環境である
というのもあります。

通貨ペアとして、USDJPYに加え、EURJPYも試行としてリアル運用しています。
設定は、エントリー可能時間をそれぞれデフォルトに対して変更しています。

今回のTimeClose設定ですが、バックテストにおいては、トレード結果向上の
見込みがあることがわかりました。
最大ドローダウンをそのままに利益が微増となる「可能性」があるという
結果でした。

バックテスト結果でベストのものを採用した場合でも改善幅が小さいという
こと、決済時間とトレード結果に一定の関連がることを見出せないということ
があり、USDJPYについては追加機能の使用を当面は控えます。
他の通貨ペアでの運用検討において、本機能を使った場合についても検討する
こととします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
またのご訪問を心よりお待ちしております。

コメントを残す