EAつくーる機能紹介 その3

EAつくーるの機能紹介シリーズです。
EAつくーるの機能紹介
EAつくーる機能紹介 その2
シリーズと言う割りに、予定を示せていませんが、ご勘弁を。
EA作成と並行し、自身が使う機能を優先して紹介しております。

前回紹介した建値決済と並んで、EAつくーるのありがたい機能と個人的に
認識している機能です。
EAでもお馴染みのロジックとして使われていますね。
・ナンピン
・ピラミッディング

個人的には、単純なナンピンは裁量ではやりません。
が、例えばエントリーをゾーンで考えるなら、それを一種のナンピンと
言えるのかな?とも思います。

ピラミッディングは、可能なら条件付でポジション追加というのをやりたい
のですが、残念ながら値幅のみが設定可能となっています。

並行して使用しているmolanisというツールでは、ある条件が成立したら、
制限されたポジション数までは追加してくれるので、
(EAつくーるでは、そのような場合はポジション毎に設定)
実現したロジックによってツールを使い分けることとしています。

ま、自分でコーディングできるようになればいい話ではありますが(笑)

設定方法

ピラミッディングとナンピンの設定についての説明です。
と言っても、説明するほどのことも無いのですが(笑)

EAつくーるの「オプション機能」タブの一番下へスクロールすると、
以下の表示が出てきます。
使いたい機能の機能名称左側にチェックを入れます。

各設定は、読んで字の如しなので、敢えて説明はしません。
注意点としては、ピラミッディングもナンピンも回数の設定がありますが、
これは追加するポジション数を示しています、ということがあります。
下図の例だと、ピラミッディング回数を2と設定しているので、
ロジックにより建てたポジションに加えて、さらに2つまで
ポジションを追加することになります。

ピラミッディング_ナンピン

なかなか実例として示すのに都合が良いチャートが見つからない
のですが、一つの例を示します。
下図のチャート内に色分けして三つ丸印をつけてあります。
・青丸:ロジックにより3つのポジションエントリー
・赤丸:設定した50pipsの含み益が出たのでピラミッディング
    エントリー
・黒丸:決済ロジックによりエントリー

ピラミッディングサンプル_1

今回、3つポジションを持ったうち、2つのポジションはロジックに
よって決済され、残った一つのポジションについて含み益が設定値
に達してピラミッディングに至っています。
他の例では、3つポジションを持って3つとも含み益になれば、
それぞれについてピラミッディングするようになっています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
今後は、EAつくーるの機能について、簡単に紹介をする予定です。
またのご訪問を心よりお待ちしております。

コメントを残す