Pepperstone口座の移動先について その後

この年末をもって日本在住者は取引ができなくなるPepperstone。
その告知による激震から1ヶ月が経過しました。

自分としては、既にPepperstoneからは
手を引いていました。
ので、今回の発表による影響は無く、粛々とトレードを継続しています。

自身の方針としては、どちらかと言うと国内口座に重きをおきます。
そして、海外口座も今後どこかのお役所に目をつけられる可能性が
低そうなところを活用する予定です。
おさらいのつもりで、国内、海外の業者について、メリット、デメリットを
挙げてみました。
(あくまで、自分の捉え方を思いつくままに書いたものです)

★国内口座
・口座開設キャンペーン
すでに口座を多数開設している自分にはあまり関係ありませんが(笑)
fx-on経由で口座開設することによってEAが無料で貰えるのは
大きなメリットです。
ほんの一部かつ、オススメするものを本ブログの左側で紹介しています。
ですが、ここでもリンクを貼っておきます

とってもオススメなのが、WhiteBearV1EX。
AlpariでもOANDAでも、まだ開設していないのであれば、検討してみると
良いと思います。
スペシャル!OANDAJapan×タイアップキャンペーン「ForexWhiteBearV1EX & ForexWhiteBearV1」

WhiteBearV1EX (アルパリジャパンキャンペーン)

★BandCross3もオススメ
自身は外為ファイネストで稼働しています。
FOREC.comに口座を持っていない方は、ぜひ検討してみることをオススメ
します。
FOREX.com×タイアップキャンペーン☆BandCross3 EURUSD☆プレゼント!

・国内ゆえの安心感と入出金の利便性
日本の法律が有効であるというのは、わかりやすさで海外と比べれば
段違いですね。
海外業者の一部では、国内の業者と遜色ない利便性の業者もありますが、
やはり入出金が早く、手数料無料という場合が多いのが嬉しいです。
・レバレッジがスキャルEAにはツライ
自身が稼働しているEAは、やはりスキャルが多いので、レバレッジを
上げたくなります。
そうすると多額の証拠金を必要とし、資金効率的に落ちるという
面があります。
最も、大きなロットにはしにくいがゆえに損失も相応のものになるので、
精神的には楽かもしれません(笑)
★海外口座
 ・キャッシュバックサービスのメリットを享受できる
トレードするだけでキャッシュバックしてもらえるという夢のようなサービス
があります。
サービス業者が対象としているFX業者の口座をサービス業者経由で口座開設
するだけで、あとは通常通り開設した場合と何ら変わりません。
なのにキャッシュバック!!
自分もRoyalCashBackという業者を活用しています。

自身が海外口座で使用している
・XM
・MYFXMarkets
・FXDD
にももちろん対応しています。
 ・レバレッジが国内よりも大きくできる
もちろん、闇雲にレバレッジを上げてしまうと、損失も膨らむ
ことになるので、しっかりと資金管理をしないといけませんが、
上手く使うことで利益を大きくする可能性がある、ということに
なりますね。
逆に、損失が大きくなるということも考えないといけません。
 ・サポートが国内と比べると劣る傾向がある

というわけで、あまり手を広げすぎてもいけませんが、自身としては、
国内をメインに据えつつ、キャッシュバックサービスを活用しつつ
海外口座をを利用していく方針です。

自身は未だ使用したことがありませんが、
・BigBoss
が良いという話を聞きます。
こちらも、RoyalCashBackにて対応しています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
またのご訪問をお待ちしております!!

コメントを残す