EAつくーるの機能紹介

こちらの記事で紹介したように、EAつくーるでEA作成開始しました。
今回は、どんなEAを作成しようとしているのか、という話と、
EAつくーるの機能を紹介します。
EAつくーるの機能紹介は、少しずつ進めて行きます。
また、マニュアルを見ればすぐにわかるような話ではなく、
マニュアルではさらっとしか触れられていないとか、補足が
ある方がいいかな?という部分について書いて行こうと思います。
ま、この記事の補足がさらに必要!!ということがなるべく無い
ように(笑)努力します。

自分で作成するEAについて

<どんなEAを作成するか>
・対象通貨:
 多数!!(笑)
 なぜかと言うと、特定の通貨ペアだと、その時々によって動き方が
 変わることに対して対応しきれないということがあるからです。
 もちろん、凝ったというか、本ブログの右側に示しているように、
 自身が運用しているWhiteBearシリーズをはじめ、きちんと作られた
 各EAであれば、単一通貨でもいいのかもしれません。
 (とは言え、個人的には多通貨ペア対応が好みというか望みです)
 
 自身が予定しているロジックでは、そんなに凝ったロジックでは
 無いので、
 a)取引機会をほどほどに確保
 b)ロジックとその時々の相場との相性を多通貨対応にてなら

 ということを目的に、多通貨で運用します。
 
 ということで、特定の通貨ペアの特徴をもし自分が知っていたとしても、
 今回のEAには導入しないということです。
 先々で作る、他のEAはわかりませんが(笑)

・時間足:
 結果次第ですが、日足もしくは4時間足で考えています。
 よって、スキャルではありません。
 スイングという部類ですかね。
 例えば日足で方向を判断し、15分足とかで細かくトレードするというのも
 良いかもしれませんが、そういうのは、今回は考えません。

・ロジック:
 ナ・イ・ショ(笑)
 まだ固まっていないので・・・。
 主にはボリンジャーを使用します。
 あと、基本は終値を使用します。
 終値を使用するのは、バックテスト結果とリアルの乖離を他よりは
 小さくなるということを期待してのことです。
 ただ、フィルターとして、さらに長い足の高値や安値を併用する方向
 ではあります。

・ポジション数
 複数です。
 エントリー判断後、エントリーを分散し、エグジットも別判断で行う
 こととしたいです。
 が、現状は、エントリーポイントを同一、エグジットを別に行う
 予定です。
 下記のように、エントリー判断Aで3つのポジションを持ち、
 エグジット判断1-3でそれぞれの判断で決済、と。
 エントリー判断A → エグジット判断1
 エントリー判断A → エグジット判断2
 エントリー判断A → エグジット判断3

 ・・・

 ・・

 ・
 わかりにくいですか?

 と言いつつ次へ(笑)

で、実はもうデモ口座で運用していたりします。
ツールのクセに対してはまらなければ、この手のツールを初めて使う
という場合でも、週末2日分の時間を投入すれば、簡単なロジックであれば
充分EAを作れるのでは?と思います。

molanisで作成したEAを、細々と運用しているのですが、「EAつくーる」で
作成したEAを稼働させるのは初めてなので、それなりの出来具合で稼働です。
ええ、デモですから。
VPSに余力があれば、問題ナッシング。

バックテストでは、現時点でのロジックに応じた動きをしてくれましたが、
実際どうなるかがわからないので、慎重に検証します。
fx-onで販売しているEAだと、大抵はバックテストで判断しちゃいますけど。
ただ、ポジショニングを工夫しているというか複雑なものは別です。
でも、基本は、fx-onで販売しているEAでも、最初はデモで確認した方が
良いようです。

「EAつくーる」の機能紹介

上で述べたように、マニュアルだけでなく、補足があった方がいいかも、
という部分について書きます。
あと、これイイよね、という機能についても。

ということで、あるジャンと思った機能を紹介しましょう。

そうです、「建値決済」(ストップ)。 

あのWhiteBearZもビシッと決める「建値決済」
ご存じない方は、こちらのWhiteBearZ紹介記事
をどうぞ。
これによって、エントリーしたものの、どうも想定通りに動いていないな・・・
という場合に活用できます。

WhiteBearZの場合は、ロジックによって建値決済となります。
「EAつくーる」の場合は、含み益が設定pips以上になるとSLが建値に移動する
というものです。
トレーリングストップは使いたくないけど、SLを移動したいという場合に
便利な機能ですね。

当然のように、今回のEAにも建値決済を入れてあります。
EAつくーるの「オプション機能」タブの画面内で下へスクロール
していくと、下図の赤丸内に示すような項目が出てきます。
下の例では、チェックボックスにチェックを入れて
あげれば、現在の設定値10pipsの含み益になった時に
SLが建値へ移動してくれるということになります。

EAつくーる_オプション機能

こんなカンジで、「EAつくーる」の機能や使い方の補足を
していきます。
「インジケーターつくーる」も、紹介したいと考えています。
サポートやレジスタンスのゾーンを出したいと考えているので、
もがく予定です。
なので、その中で「インジケーターつくーる」について
わかったことをシェアしたいです。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。
またのご訪問を心よりお待ちしております。

コメントを残す