BandCross3とForexSolidのEA設定 ShortOnlyを両方向へ戻しました

9月最初の週末前後に、Longのポジションを持つことによって結果が
低迷している
と判断し、ShortOnlyに設定していた
BandCross3とForexSolidについて、トレード結果を振り返りました。
ま、詳細にはみれていないのですが。
今回の場合、ShortOnlyにした場合としていなかった場合を
比較するというのが良いと思うのですが、未だ手が回っていません。
バックテストでの比較をしたい)

ShortOnlyでの結果

ShortOnlyへ変更した後の結果だけを見ると、
ForexSolid:堅調に利益を積み上げた
勝率100%で推移した
BandCross3:利益を積み上げた
勝率66%、平均利益:33.8pips、平均損失:44.2pips
ということでした。
(EA設定を変更していなくても、上記と同じ結果になっていたかもしれませんし、
Longポジを取ったことによる影響があったかもしれません。
バックテストをしてみれば、それを知ることができます)

両EAについて、最近の相場への対応に対する印象として、
・ForexSolidはドカンと負けても、負けは単発で終わってくれる
・BandCross3は、やや相場に合っていない
というものがあります。

今後の対応

さて、今後の対応についての検討です。
EURUSDのチャートを見ると、そろそろ一旦反発してもおかしくない
(可能性で言うなら、まだ下方向の方が可能性が高いと見ていますが、
EAが取るポジションの方向を裁量で制限するほどでは無い、という判断)
ポイントであると判断しているので、ポジションの方向はEAに
委ねることにしました。
(本来の姿ですね)

eurusd_weekly_20140921

コメントを残す