好調モルボットも要注意 ポンド円スキャルピングの実績を検証

貴重なポンド円のスキャル、しかもロングのみで勝負!!
という2重で貴重な存在です。
しかも、きっちりと稼いでくれています

ちょっと不思議なのが、公式のフォワード結果が
5月以降は横這いを継続していること、です。

自分は、こちらの記事で書いているように、7月初旬以降
外為ファイネストで運用しているのですが、つい最近まで
好調を維持していました。
先週の相場状況には合っていなかったようで、ドローダウンしていますが、
それまでは、文字通り好調に稼いでくれていました。

モルボット結果_0907

以下、8月以降のトレード結果です。
トレード回数:42
勝率:78%
獲得pips:188.9
平均獲得pips:9.66
平均損失pips:14.42
ということで、勝率が命です。

意外なのが、日足で見て下落基調と見える時にポジションをもって
負けてしまうということです。
他の時期では、そういう時でも利益にしている場合があるので、
「どういう相場との相性が悪いのか」が自分にはわかりません。

で、この先、18日の住民投票まではポンドが不安定だという
想定で見ているので、それまではモルボットのLOTを小さく
して様子をみることにします。
状況をみて、再度LOTを現在の大きさくらいに戻す予定です。

コメントを残す