Penguin(Racco)さんの順張りEA その名もMarmot V1 検証と言うより紹介

最近の相場でも活躍してくれているWhiteBearシリーズの生みの親、
Penguinさんの新EAPenguinさんのブログで紹介されています。
(未だ販売されておりません。楽しみに待ちましょう。)
その名もMarmot V1
マーモットと言えば・・・
教育テレビのおかあさんと一緒に出てくるキャラというイメージが
あります。
あ、どんな姿をしているのかが気になった方はPenguinさんの
ブログで確認してみて下さい。

では、どんなEAなのかを確認してみましょう。

◆通貨ペア
USD/JPY
◆取引スタイル
スイングトレード
デイトレード
◆最大ポジション数
1(変更可能)
◆使用時間足
H1
※やっぱり5分足では無いのです。
◆最大ストップロス
45
※本当に、ストップロスが小さいですよね、驚異的です。
◆テイクプロフィット
450
◆両建て
なし
※そうですよね
◆概要
移動平均クロスの王道ロジックをアレンジし、トレンドフィルターを
加えることにより安定化を図りました。
※移動平均クロス自体をアレンジされているんですね。
 どういうアレンジなんでしょ?
バックテストでは、勝率は5割程度ですが、損小利大でストップロス値は
スキャルピングEA程度の狭さです。
※正に「損傷利大」となりそうな印象です。バックテストやフォワードの結果で
確認するのが楽しみです。
●エントリ条件:単純移動平均線(SMA)と指数移動平均(EMA)との位置関係
+トレンド方向を算出するフィルターの条件をクリアした時
※位置関係ですか・・・。まずます謎ですね~~~。
●イグジット条件:単純移動平均線(SMA)と指数移動平均(EMA)のクロス(転換)
●金曜日の21時(日本時間)の時点で保有しているポジションは強制的にクローズします。
週をまたいだポジションの保有は行いません。
※weekendcloseですかね?
そういえば、指標発表などへの耐性はどうなんでしょうか?
スイングとは言え、大きな振幅でブレられると、方向はあっていてもストップに
かかるなんてこともありそうですが・・・。

未だ発売前なので買いたくても買えませんが、バックテストやフォワード、そしてEAの商品説明
は閲覧することが可能なので、下記リンクからfx-onのサイトへ
レジェンド葛西もビックリのK点超えでジャンプして下さい。
バックテストの結果を見ることができるので、御自身の目で検証してみて下さい。

移動平均クロス+トレンドフィルターで低ドローダウンの順張りEA誕生
Marmot V1 USDJPY
Marmot V1 USDJPY | fx-on.com

コメントを残す