EURCHFペグ(ユーロペグ)を活用したPegSystem Ver2 エントリー報告

ユーロペグを活用、エントリーにポイント%フィギュア(P&F)を
採用したPegSystem Ver2をOANDAjapanにてリアル運用しています。

6月末からリアル運用していますが、先週末、初めてのエントリー
がありました。
下図は、運用しているOANDAjapanのチャートです。
2つポジションを持ったことがわかります。

pegsystem_entry

では、そのエントリーポイントがどうだったのかを見てみましょう。
(下図を参照下さい)
ユーロペグでの防衛ラインは1.2とされているので、そこまではまだ
少し距離がありますね。
しかし、日足ボリンジャーバンドの-3σに達して、現在は反発しています。

日足は、まだ下向きですし、この先どうなるかはわかりませんが、
ユーロペグを活用して逆張りでエントリーするというロジックが
しっかりと反映されていると見ています。

下図は、裁量でエントリーするなら・・・ということで、裁量で
トレードする場合に見ているチャートを日足で出したものです。

peg_entry_考察

そして、記事作成時点の4時間足です。
センターラインまで反発していること、このレベルがちょっとした
抵抗帯になっているように見えます。
ここから上に行くようなら、ポジションを積み増しても良いと判断
します。
下に行くなら、反発したところで積み増します。
ま、これは裁量での判断です。
peg_entry_考察_4時間足

引き続き、PegSystem Ver2のトレード内容を見守ります。

コメントを残す