マーフィーさんのスーパーボリンジャー|活用/実践編No1

今回は、前回の
『マーフィーさんのスーパーボリンジャー|なぜスーパー?』
に続き、スーパーボリンジャーの活用方法/実践編No1として
お送りします。

数多くのFX口座/ツールにて標準搭載されている
スーパーボリンジャーですが、チャートの表示されている
ラインを何となく見ているというだけでは、
トレードには役立ちませんよね?

ということで、スーパーボリンジャーから得られる情報を
トレードに活用する方法を紹介します。

裁量トレーダーさんだけではなく、EAを自作する自動売買の
トレーダーさんにも役立つ情報を提供できれば・・・
ということで紹介していきます。

2つの有効な情報をスーパーボリンジャーが与えてくれる

スーパーボリンジャーは2つの有効な情報与えてくれるのですが、
それをここで紹介しましょう。

※上図チャートはFXTFのMT4チャートにFXTF口座開設者のみが
ダウンロードできるspan_model_white
(定形チャートテンプレートとして提供される)を
表示したものです。
FXトレードフィナンシャル 口座開設

1.相場の方向性
相場が上昇基調(買い優勢)か、下落基調(売り優勢)か、
そして転換のタイミングを示してくれます。
a)基調
・遅行スパンがローソク足の上方に位置していれば上昇基調
(買い優勢)
・遅行スパンがローソク足の下方に位置していれば下落基調
(売り優勢)
b)陽転(売り優勢から買い優勢に変化)
・遅行スパンがローソク足を下から上に抜き去る
・ローソク足の上方を推移し続けることを「陽転継続」
(買い優勢継続)と言う
c)陰転(買い優勢から売り優勢に変化)
・遅行スパンがローソク足を上から下に抜き去る
・ローソク足の下方を推移し続けることを「陰転継続」
(売り優勢継続)と言う

2・相場の時間的リズム
遅行スパンの真上、または真下に位置するローソク足と
遅行スパンとの位置関係を見ることで、相場の上げ下げの
リズムをつかむことが出来ます。
・遅行スパンの同期性
遅行スパンの同期性とは、遅行スパンの上げ下げのリズム
ローソク足の上げ下げのリズム一致することです。
レンジ相場においては、「遅行スパンの同期性」が起こる
確率が高まります。

この同期性であるとか、リズムが一致することは、
「相関性がある」と言い換えることもできます。
そして、相関性には「正の相関」もあれば、「逆の相関」
もあります。
正の相関とは、「ローソク足の上げに対して遅行スパンの上げ」、
「ローソク足の下げに対して遅行スパンの下げ」となる
ケースです。
逆の相関とは、「ローソク足の下げに対して遅行スパンの上げ」、
「ローソク足の上げに対して遅行スパンの下げ」となるケースです。

ただし、同期性の度合いについては、幅を持たせて判断する
ということが必要です。
「ここで正の相関性が強ければこうなる可能性が高いな・・・」
「今の相場は21の遅行スパン(スーパーボリンジャー)と
26の遅行スパン(スパンモデル)のどちらと相関が強いかな」
というように、
「相関があるっ!!」
決めつけてチャートを見るのではなく
「相関性が強いかな?」
「相関性が強いならば、次はこうなる可能性が高いな」
というようにゆったりと観察する必要があります。

なお、マーフィーさん考案のスパンモデルでも遅行スパンが
使われています。
そちらの遅行スパンは26本前の足に描かれます。

遅行スパンがローソク足に衝突する際に、一旦は跳ね返される
可能性が高いのですが、その状況を
「パブロフのワンちゃん」
とマーフィーさんは呼んでいます。
つまり、条件反射的に売りもしくは買いのエントリーをする、
ということです。
(とは言え、最近のマーフィーさんは、あまりそのようなコメントを
日々の動画コーチングではしていないようです。)

上図では、遅行スパンがローソク足に跳ね返されて、
それに伴いその時の実際のローソク足が下落し、
結果的に遅行スパンも下落して推移しています。
(もちろん、毎回このようになるわけではありません)

この遅行スパン、管理人の裁量トレードにも非常に役立っています
管理人自身はFX MISSION ZEROでトレードしているので、
ボリンジャーバンドや抵抗帯(ライン)の情報からトレードしています。
なので、遅行スパンを売買ロジックに入れてはいないのですが、
チャートに表示はさせています。

その時に、
「お、遅行スパンがそろそろローソク足に衝突するので、
こうなる可能性が高いことを示唆しているな・・・。」
26と21の遅行スパンを比較すると、今は21の遅行スパンの方が、
同期性が高いな・・・。」
などと観察しています。

それでも売買ロジックに入れ込まないのは、ロジックのシンプルさを
維持するためです。
やはり、FX MISSION ZEROは、それだけで成立しているものなので、
考え無しにロジック(勝ちパターン)を変えてしまうと、せっかくの
ロジックが有効に機能しなくなります。
もちろん、自身で様々で検証を実行し、
「自身の勝ちパターン」として定義する
ことをすれば、その限りではありません。

現状、日足(4時間足)以上のトレードはFX MISSION ZEROにより
トレードしています。
それよりも短い足のデイトレや短期勝負のトレードにおいては
マーフィーさんのスパンモデルやスーパーボリンジャーを活用して
いこうと考え、
マーフィーさんのFX投資術
(旧名称:マーフィーの最強スパンモデルFXプレミアム)
を復習しているところです。
(そのアウトプットとして記事にしています:より理解を深めるため)

FX MISSION  ZEROによって安定的に利益を積み上げることが
できるようになった
ので、ここでもう一度スパンモデルとスーパーボリンジャーを
デイトレなどの短期トレードで活用できるようになろうと
しているのです。

ということで、今回は
スーパーボリンジャーの活用方法/実践編No1
として遅行スパンが教えてくれる2つの有効な情報について紹介しました。

この情報と、現在のローソク足が位置しているレベルをボリンジャーバンドの
各シグマなり抵抗帯と併せてチャートを観察すると、
トレードに近い(ソニー損保の自動車保険CMの内田有紀のように(笑))
活きた情報となります。

マルチタイムフレームで分析することが有効であるとよく言われていますが、
マーフィーさんも大局観を持ってトレードすることが必要である
説明しています。

例えば、1時間足のチャートでトレードするのであれば、日足のチャートで
分析をすることで大局観を持つ、というように。

スーパーボリンジャーやスパンモデルについて、きっちりとマーフィーさんから
学習したい方は、マーフィーさんが提供している教材できちんと学ぶことを
オススメします。
マーフィーの最強スパンモデルFXプレミアム
※バナーには「最強スパンモデルFXプレミアム」と書かれていますが、
今は「マーフィーのFX投資術」という名称に変更されています。

ちなみに・・・、
これからFXを始めようとしている
未だFXに不慣れで思うように利益を積み上げることができていない
FXの経験は積んでいるけれど、利益が安定しない
という場合には、FXで実はイチバン重要な資金管理の考え方も含めた
FXの勝ちパターン
を提示してくれる FX MISSION ZERO の方が利益を
安定して積み上げられるようになるのが早いと考えています。

1日30分のトレードで安定して利益を積み上げられるようになるために
10の勝ちパターン
を提示してくれます。
日々いそがしい生活をおくっているあなたにも、無理なく
FXで稼げるようになるきっかけとなる可能性があります。
FXでの成功が、人生レベルの成功につながる感覚を、
ぜひあなたにも味わっていただきたいです。
FXミッションゼロマニュアル完全版

安定して利益が積み上げられるようになり、更に利益の積み上げを
加速しようという場合には、マーフィーさんのスパンモデルや
スーパーボリンジャーを活用して1時間足なり5分足などの短い
足のチャートでトレードしていく方が良いという判断です。

もちろん、スパンモデルやスーパーボリンジャーは日足でも
活躍してくれるのですが。

次回以降もスーパーボリンジャーの復習内容を
アウトプットとして記事にしていきます。

もしもご要望があれば、上部メニューにある「コンタクト」
から送っていただけると
尻尾をふって喜びます(笑)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
またのご訪問を心よりお待ちしております。

マーフィーさんのスーパーボリンジャー|なぜスーパー?

マーフィーさんスーパーボリンジャー
興味津々の皆さん、こんにちは。

裁量トレーダーはもちろん、自動売買トレーダー
とってもスーパーボリンジャーは強い興味の対象ですよね。

マーフィーさんと言えばスパンモデルも有名で、多数のトレーダーに
活用されていますが、今回は、スーパーボリンジャーについての
話です。

タイトルにあるように、
『スーパーボリンジャーの「スーパー」って何??』
という疑問にお答えしましょう。

その答えを出すために、
スーパーボリンジャーは、何から構成されているのか?
ということから進めましょう。

スーパーボリンジャーは、以下8本のラインにて構成されています。
・センターライン
・プラス・マイナス1σライン
・プラス・マイナス2σライン
・プラス・マイナス3σライン
・遅行スパン

で、通常のボリンジャーバンドと異なるのは、ズバリ
『「遅行スパン」が加わっている』
ことです。

上記グラフは、ヒロセ通商:LION FXによるAUDJPY豪ドル円-日足
チャートです。
ヒロセ通商のLIONは、マーフィーさんのスーパーボリンジャーと
スパンモデルが標準搭載されており、テクニカルインジケータの
表示選択にて簡単に表示することができます

では、
「遅行スパンとは何か?」
という話になりますね。

遅行スパンは、ローソク足の終値を21本分過去にシフトしたものです。
つまり、
『各ローソク足の終値をチャートの左側へ21本分シフトしたもの』
です。
(マーフィーさんのスパンモデルにおいては、各ローソク足を
26本分シフトしたものになります。)

はい、簡単ですねぇ。

ですが、この遅行スパンが絶大なる
「意味があるっ!!」
のです。

マーフィーさんは、
『「遅行スパンを征するものは相場を征す」と心の底から考えている』
のだそうですよ。

それくらいの大きな意味があるのです。

ということで、今回はスーパーボリンジャーが「スーパー」である
理由を紹介しました。

今後、スーパーボリンジャーの活用法/実践編についても紹介致します。

裁量トレーダーはもちろん、自動売買ロジックにも活用可能なので
自作でMT4用のEAを作成するトレーダーにも活用可能な
スーパーボリンジャーを使い倒していきましょう。

EAつくーるなら、自分でコーディングすることなく、
MT4のEAを作れてしまいます。
スーパーボリンジャーを活用した簡単なロジックであれば、
EAつくーるを活用すれば簡単にEAを作れてしまいます。
EAつくーるについては、こちらのサイトを参照ください)

では、
スーパーボリンジャーやスパンモデルを標準で表示可能なFX業者/証券会社
を紹介しましょう。

・JFX
・M2J
・ヒロセ通商:管理人使用中
・DMM FX
・FXプライム
・マネーパートナーズ:管理人使用中
・YJFX
・外為ジャパン
・FXトレードフィナンシャル:管理人使用中
・トレーダース証券 みんなのFX
・SAXO BANK
・マネックス証券

上記の通り、管理人は3つの口座で表示させています。

ヒロセ通商LION FXは、管理人が裁量トレードにおいて
拠り所としているFX MISSION ZERO(FXMZ)の日足トレード用
口座として使用しています。

通常の売買判断はFXMZに則っているので直接的には参照していませんが、
スーパーボリンジャーを表示しているので、遅行スパンの位置は
確認しています。
「あ、パブロフのワンちゃんのタイミングだ!!」とか(笑)

LION FXは、毎月キャンペーンで美味しい食べ物をいただいているので、
そういった意味でも嬉しいです(笑)


マネーパートナーズ
のチャートでは、スーパーボリンジャーを
表示させていませんが、普段使う口座で確認できるというのは
安心感があります。
(マネパ口座では、リピート系のトレードをしているので、
分析はMT4を使用し、発注だけをマネパのツールで実行しているので、
マネパのチャートでは分析はしていないのです)



マネーパートナーズは、株式をFX用の証拠金として代用できるので、
資金効率が高まります
優待狙いでバイ&ホールドしている株式は、証拠金としても
活用しています。

そして本命のFXトレードフィナンシャル(FXTF)
やはりチャート分析はMT4が便利ですよねぇ~~~。

で、FXTFでは口座開設するとスーパーボリンジャーやスパンモデルが
インジケーターとしてダウンロードできるのです。
残念ながら、FXTF口座のMT4でないと表示できないようです。

FXトレードフィナンシャル 口座開設

やはり使い慣れたMT4でスーパーボリンジャーやスパンモデルを
表示できるのはありがたいですね~。

ということで、現在使っているFX口座のチャートで表示可能な場合は、
ぜひ、すぐにでも表示させてみて下さい。

上記口座の開設を未だしていないとか、チャートで表示可能だけど
見づらいかも、という場合には、ぜひ上記の口座の中から
開設してみて下さい。

LION FXとFXTFは、口座開設しておく価値が十二分にあると思います。
(入金はしなくても、チャート表示は可能です(笑))
もちろん、分析したチャートでトレードする方が便利です。

スーパーボリンジャー活用/実践編は、別記事にて紹介致します。

マーフィーさんのスーパーボリンジャー、スパンモデルを
きっちりとマスターしたいという方は、やはり
マーフィーさんの教材で学習するのがイチバンです。
マーフィーの最強スパンモデル FXプレミアム
(新名称:マーフィーのFX投資術)
でスパンモデルやスーパーボリンジャーについて
しっかり学び、そして稼ぎましょう。
マーフィーの最強スパンモデルFXプレミアム

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
またのご訪問を心よりお待ちしております。

裁量FX 5つの原則|FX MISSION ZERO

FXトレードで安定して
利益を獲得することができず、
ジェットコースタートレード
となっていた管理人のトレード結果を
大きく変えることに貢献してくれたのが
FX MISSION ZERO(FXMZ)
です。

FX裁量トレードで安定した利益を獲得し
続けられるように管理人が変身(笑)する
きっかけとなったFXMZには
5つの原則
があります。

もっとも、この「5つの原則」はFXMZにだけ
当てはまるものでは無く、
FX裁量トレードをするなら当てはまる
と考えられるものです。

なので、FXMZを実践していない方でも、
裁量FXトレードを少しでもしているのであれば、
ぜひご自身のこととして見ていただきたい内容です。

FX MISSION ZERO 5つの原則

では、FX MISSION ZEROにおける5つの原則を紹介します。

FX MISSION ZEROによって
継続的に利益を獲得するための5つ原則
なので、しっかりと習得/体得して実践しましょう。

また、FX MISSION ZEROに限らず、裁量トレードにおいては
普遍的なものとして言えることができる内容となっています。

さらには、EAのロジックを考えるうえでも大いに参考になります。
そして、EAの検証をする場合にも参考になります。

1. エントリーは仕掛けポイントに限定
仕掛けポイントから離れることで、ストップロス時の損失幅が大きくなり、
狙える利益が小さくなる可能性があります。
とは言え、仕掛けはピン「ポイント」では無く、ゾーンで
捉える方が良いと言えます。

2. レバレッジは想定リスクと想定リターンに合わせてコントロール
トレードする口座の最大レバレッジを3倍以内にしつつ、
どの通貨ペアにどれくらいのレバレッジでエントリーするかを
決める必要があります。

資金配分を決める、ということです。

最初のうちは、例えば単純に最大で3通貨までのトレードとし、
1通貨ペアあたり最大で1倍までのレバレッジとする、と
決めておくとエントリー時に迷わずにすむと思います。
(あくまでも参考例です)

また、1トレードあたりの最大許容損失額
(ストップロスにかかって決済した場合の損失額)
に収まるように取引量や
(平均)エントリーレート(成行、指値)
を調整します。

つまり、最大レバレッジだけを守っていれさえすればよい
というものでは無いということです。

このへんは、「習うより慣れろ」であり、このへんの計算で
時間を取られないように単純化するなりツールを活用するなり
工夫することで、自分のトレードが楽になります。

面倒だとか時間を要するとかで「やらない」というのはNGです。

トレード自体が初めてとか慣れていないという場合には、
デモ口座を使用して
FXのトレードに慣れる
FXのトレードツール(操作)に慣れる
という期間をしっかりと持ちましょう。

御自身の貴重な資金を守り、そして活かすためです。

3. ストップロスを使用する
これは「絶対」と言えることです。

そして、一度置いたストップは変更しないことも大事です。
損失が大きくなる方向への移動はしない、という意味です)

もしも瞬間的なレートの変動で決済されたしまった場合には、
まだ勝ちパターンが成立しているのなら、再度エントリーするなり、
別の勝ちパターン成立時に改めてエントリーすればよいのです。

ここがスンナリと納得できないかもしれませんが、そんな方こそ
SLを損失が大きくなる方向へ移動したり削除してしまうのは
止めるべきでしょう。

含み益となった場合には、適宜ストップロスを変更して、
含み益を守りつつ、より大きな利益へとつなげます。

4. 利食いは節目ごと段階的に行う
これもと言える内容ですね。
どのようにレートが動くかわからないので、「段階的に利食いを行う」
ことが重要です。

利食った後に、別の勝ちパターンが成立した場合には、改めて
エントリーすればよい話なので、
「まだ利が伸びるかもしれないから・・・」
一部利益を確定すべきポイントで全く利食いを行わないというのは
好ましいことではありません。

「せっかく含み益になったのだから・・・」
(メインシナリオを変更する状況では無いのに、損失を
回避したい気持ちが強くで含み益があるうちに、と決済
したくなる)
とまだ利が小さいうちに全て決済したり、
「まだ利益が伸びるかもしれない・・・」
とポジションを何もせず放置するのは好ましくありません。

レートがどう動くかは分からないので、
段階的に節目ごとに利食いをする
ということを習慣にしましょう。

このへんは、元チーフトレーダーとしてあちこちでセミナーを
やっている方々の話を聞いていると当たり前のように出てきます。

そして、よくあるFX商材などでは触れられる機会が少ない
内容であると思います。

5. 利が乗ったら必ず買値上(売値下)ストップを置く
含み益は、あくまでも含み益なので、確定できていません。
一定以上の利が乗ったらまずは買値上(売値下)へストップロスを移動させます。
そして、損失となる可能性を排除し、小さくても利益にする状態にします。

週末を挟むなどして「窓をあける」ような動きにならない限り、
大きくはなくても利益となることを(ほぼ)確定させます。
さらに含み益が大きくなるようであれば、さらにストップを
移動してより大きな利益を確保できるようにします。
または、含み益が大きくなって節目に達したら一部を
利益確定させます。

如何でしょうか。
おそらく、一連のFX MISSION ZERO紹介記事によって
FX MISSION ZEROによって安定して継続的に利益を積み上げられるようになる
イメージを少しでも掴んでいただけたものと思っています。

ぜひ、御一緒にFXMZでFX相場から継続的に安定して利益を頂戴
していきましょう。

FXミッションゼロマニュアル完全版

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。
そして、お疲れ様でした(笑)
またのご訪問を心よりお待ちしております。

FXMZ