MT4自動売買用としてオススメできるか比較評価 WinServer

MT4で自動売買をするためには、
MT4を連続稼働させるための環境が必要です。
「自宅でPCを起動させたままにしておく」か、
「VPSと言われる、レンタルサーバー業者に
自分用の仮想PCを確保する」か、ということになりますね。
icon_1r_64

「これからMT4を使った自動売買を始める」とか、
「まだ始めたばかりで、稼働しているEAも数個だし利益も安定していない」
という場合には、自宅PCでMT4を稼働させるというのも有力な選択肢になると思います。
(設定などで必須の変更箇所があるので、近々記事にしようと予定しています。)

なぜなら、VPSを使うためには費用がかかるし、まだ安定した利益を
出せていない時期にはお財布に厳しいかな、と。
もちろん、VPSを使うのが望ましいということに違いは無いと考えます。

稼動させているEAが増えてきて、
利益が(波がありながらも)見込めるようになって来た」とか、
もうそういう時期を経て、
いくつかのVPS業者を渡り歩いてきた」(笑)方は、
VPSは必須で、あとは如何に自分が重視することに適った業者を見つけるか、
ということになりますね。

VPSとはどんなもの?

ところで、VPSって何?
ということからおさらいです。

Virtual Private Serverの略で、仮想専用サーバーということになります。
レンタルサーバー業者のサーバー上に、自分用に仮想の環境を
割り当ててもらう

ということになります。

サービスの名称としては、
・VPS
・Windowsデスクトップ
・デスクトップクラウド
などがあります。
基本的には、どのサービスでもMT4を稼働させることができます。

ということで、
「レンタルサーバー業者と契約して、自分用に仮想のPCを
割り当ててもらう」
といったところですね。

気を付けないといけないのは、OSがWindowsシリーズである必要がある
という点です。
Linux系のOSでも、手を加えるとMT4を稼働させることができますが、
敷居が低くは無いので、本記事では対象外とします。
(個人的には、時間を確保して、チャレンジしてみる予定です。)
Linux系のOSを使用するサービスでは、費用が安く済むので、とっても魅力的
ではあります。
なので、時間と労力を惜しまないのであれば、Linux系OSのプランも有効な
選択肢に入ると考えます。

VPSがなぜ必要か/VPSのメリット

「ところで、なぜVPSが必要なの?」

「自宅PCだとダメかな~?」

と考えると思います。
自分もそうでした。
そして、多くの人が、最初は自宅PCでMT4を稼働させていたと思います。

というのも、数年前は、
「VPSは必要か?」
というスタンスでの情報がネット上で多かったという印象がありますが、
最近は、
「どこの業者が良いか?」
というスタンスに変わってきているのを肌で感じているからです。

そして、自分もそうです(笑)

自宅でも、停電への対策やインターネット接続環境を2重にするなどの
対策をすれば、かなり安定したPC作動環境となるとは思いますが、
そこまでするなら、素直にVPSを契約した方がいいかな、と。

もちろん、そういった対策無しに自宅PCで稼働させるのも選択肢として
無いというわけでは無いと考えていますが。

代表的プランを比較

自分で使用している業者のプランを一覧にしてみました。
条件を揃えるため、メモリが1GBのプランとしています。
SWVPSという海外のVPSも使用していますが、スペースの都合と
契約期間満了をもって使用を停止する方向なので、一覧には
載せていません。

また、誤記やサービス内容の変更により、下表の内容と実際のサービス内容
が異なる可能性がありますので、申し込みの前に確認をお願いします。

[table id=1 /]

どのプランを追加したのか?

既に記事タイトルに書いていますが(笑)、今回は
WinSerVerのLight+を選択しました。

海外ブローカーとの距離が近い海外のVPSとして、そして圧倒的なコスパを
求めてSWVPSを使用しましたが、コストパフォーマンスで言えば、
サポート含め、パフォーマンスは一定レベル以上のものを求め、
その割にコストが低いプラン
という考え方で選びました。

まず、VPSを使用することで問題となるのが、CPUの処理能力やメモリ容量
だと思います。

メモリは、単純にプランで決まってくるはずと思っていたのですが、
WinServerのWEBによる説明によれば、しっかりとプラン通りのサイズを
使えないという業者もあるとのことで、しっかりとプラン通りのサイズを
使えると謳っているのは安心です。
(もちろん、自社のサービスを宣伝するための文言という面もあると思います)

そして、CPU処理能力ですが、色々な要素があって一概には言えず、
「結局は使ってみないと分からない」
というのを結論としてます。

よく言われるのが、
「契約して実際に割り振られたサーバーによって性能が違う!!」
ということです。
つまり、共有しているということは他の人の使用状態に多かれ少なかれ
影響を受ける宿命にあるということです。

ですが、
Hyper-Vという仮想化技術を採用しているWinServerは、そのような懸念が
小さく済むということなので、優位性があると考えました。
お名前のプランも同様ですね。

ということで、他のユーザーに影響を受けにくい環境を求めてWinServerに
決めました。
あとは、メールに加え、電話でのサポートがあるということも好材料です。
契約前に、何度かメールで問い合わせをしましたが、遅滞なく回答があり、
その内容も概ねきちんとしたものでした。
あとは、HDDのミラーリング(RAID1)というのも安心材料です。

WinServer契約方法

WinServerの契約を決めた場合、プランを選択することになります。
メモリサイズによってプランを決めることになります。
・1GB:Light+ ・2GB:Enterprise+ 個人的感想としては、2GBのプランはHDD容量が
大きく設定されているためか、 費用が安いとは言えず、あまり魅力的に感じません。
このへんは、実際に使用してみて、その印象による部分もあると思うので、
Light+プランでの使用状況を記事にする予定です。

では、契約時の入力画面を紹介します。
入力内容は、プランや連絡先、支払方法についてなので、至って簡単です。

WinServerのWEBページ、「サービス案内」の「VPS」に行きます。
そして、画面を下へスクロールすると、下図のボタンが見えるので、
「お申込みはこちら」をクリックします。

 WinServer_申し込みボタン

・「プラン」と「支払い月数」の選択
「プラン」と「支払月数」を選択します。
選択後、「次へ」をクリックします。

 WinServer_プラン支払選択1

・OSやオプションの選択
OSが選択可能です。
基本は2012R2で良いと思います。
それ以外にも選択肢が並んでいますが、基本は
デフォルトのまま(オプションは申し込まない)で良いと思います。
(一応、一通り確認して下さいね)
そして、「次へ」をクリックします。

プラン申し込み

 
・連絡先や支払い方法の選択
契約後、速やかにVPSを使用したい場合は、クレジット決済が便利です。
「最短3時間とWEBに記載がありましたが、3時間かからず「サービス開始のお知らせ」メールが送られてきました。
それ以外の決済方法では、入金確認後にサービス開始となります。
(カードでも同じことですが、早いです)

WinServer_支払い詳細_1

こんなカンジで、簡単な入力で申し込み自体は終わりです。
あとは、メールに記載された情報によってVPSへ接続することになります。

WinServerに期待を寄せる部分はあるのですが、最初は1ヶ月での
カード決済としました。
様子をみて、お得な一年払いへ変更します。
それと、カードの場合は、申し込み月は無料なので、月初に申し込むと
お得感モリモリです。

そうです。
1日に申し込みをしました(笑)
親指を立てるビジネスウーマン20110318111617-164S

 VPSを実際に使用開始した後の状況を、逐次記事にしていく予定です。
しばらくは4つのVPSを並行して使用し、SWVPSについては契約期間満了をもって
使用を停止する予定です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
またのご訪問を心よりお待ちしております。

VPS

VPS使用状況

MT4のEAで自動売買するとなると、必須と言ってもいいくらいの
存在である「VPS」。
多くの方が使っていると思います。
自分も、自動売買を始めたころは自宅のPCを24時間稼働させていました。
まだ現在のように色々な企業がVPSのサービスを提供しているわけでも無く、
実際のところそういうものがあるということさえ認識していなかったと思います。

が、やはり多数のEAを稼働させるようになると、さすがに自宅PCでは色々と
問題だったり心配があったりします。

相場が開いている平日の5日間、連続で不具合なく
・PCが連続稼働している
・通信が途切れない
という状態を維持しなくてはいけません。

そのためのPCは専有する必要があります(絶対ではありません)し、
電気代もかかります。
通信環境は、例えば「光」を契約しているのであれば、それを使えばいいですが、
ADSLとかモバイル用を使用しているとなると、少々心配ですね、通信の途絶が。

よく言われているのが、PCを連続稼働させておくのにかかる電気代と、
VPSの使用料はあまり差が無く、トレード用のPC本体にかかるコストを考えると、
VPS使用料の方がリーズナブルということです。
最近は、PVS使用料の価格が下がってきたこともあって、VPS使用するか
しないかを考えるのでは無く、どこのVPSを使用するか、ということを検討する
方が多いと思います。
icon_3g_64

自分自身、2014年12月現在、3つのVPSサービスを利用しています。
以前の記事で紹介していたBEEKSというVPS業者は、解約しました。
FX業者であるXMで設定されている条件を満たすことで無料にて使用できる
のですが、VPSのパフォーマンスが低いプランということで、使用を停止
しました。
約1年使用しました。

さて、では2014年12月現在、使用しているVPSの紹介です。

ABLENET

コストパフォーマンスに優れたVPSを探して、辿り着いたのがこのABLENETです。
「コスパ」が良いのも嬉しいですが、VPSのプランを自分のニーズに合わせやすく
してくれているのも他社にはあまり無い特徴だと思います。
(メモリ、仮想コア、HDD容量をオプションで追加可能)

契約しているのは、
仮想デスクトッププランの「Win2」です。
(最初に契約した時はWin1でしたが、きちんと使えると判断し、
数日後Win2へ変更)
仮想CPU:3コア
メモリ:2GB
HDD:100GB
費用:月額2,077円(税抜き、年払い時)

どのプランも、OSは以下のものから選択できます
OS:WindowsServer2012R2/ 2012/ 2008R2

ちなみに、Win2プランで以下のようなカンジで使っています。
・MT4:6つ
・計27チャート

お名前.com

VPSと言うと、必ず話題にあがるお名前.com。
自身、通常のプランも使い、FX業者が提供する無料お試しプランも試しました。
現在は、FOREX.comで一定条件を満たすと無料で使用できるというものを
活用させてもらっています。
その条件とは、月50万通貨のトレードです。
これ、往復では無く、片道なので、EAを稼働させていれば、そんなに高い敷居では
無いと思います。
もちろん、稼働させるEAの特性はLOTサイズによりますが。
(FOREX.comの口座を開設していない方は、キャンペーンを活用して
BandCross3をもらい、VPSを無料で使わせてもらえれば、最高ですねぇ)

FOREX.comで提供されるものなので、プランの選択肢はありません。
メモリー:1GB
HDD:50GB
OS:Windows Server2008 R2
(通常のお名前.comのプランでは、選択肢がきちんと用意されています)

使用できるのは、FOREX.comのMT4のみになります。
自分は、以下のように使用しています。
・MT4:3つ
・計20チャート

処理能力がどれくらいなのかはわからないですが、結構粘ってくれます(笑)
CPU使用率的にも、使用感でもまだ行けてしまうカンジです。
お名前comは、費用が安いわけではありませんが、それだけのことはある、
という気もしますね。

お名前.comをしばらく使うと決めたら、2年契約にすると、ABLENETにかなり近い
価格となります。
2年は長いですが、お名前.comを高く評価するのであれば、検討に値するのでは
ないでしょうか。



SWVPS

ABLENETよりも更にコスパを求めた結果たどり着きました。
聞いてビックリ月7ドル!!
価格破壊という言葉をよく聞きましたが、正に破壊です。
コスパに優れるABLENETの半額くらいですからねぇ、ビックリ。

で、仕様はと言えばこんなカンジです。
CPU:1コア
メモリ:1GB
HDD:50GB

もちろん、他にもCPUやメモリが大きなプランもあります。
自分は、先ずはということで、上記プランで契約しました。
・MT4:4つ
・計18チャート

また、FX業者のサーバーとの距離が近いということもあって、低レイテンシ-
となるというメリットもありますね。
スキャル系のEAを稼働させているのであれば、メリットとなる可能性があります。




この先しばらくは、上記3つを並行稼働していきます。
ただ、そろそろもう一つ契約しないといけない状態なので、上記業者から選ぶか、
それ以外で新たに使ってみるか検討しようと考えています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
またのご訪問を心よりお待ちしております。

VPS

MT4でEAを稼働させるには必須のVPS

MT4でEAを継続的に稼働(運用)していくためには必須と言っても
過言では無いのがVPS。
そう、三種の神器みたいな。

ま、そうは言っても毎月固定費用がかかるのはもったいない・・・
と思ってしまうのも事実。
その場合、自宅でPCを1日24時間、相場が開いている平日及び土曜早朝
まで連続稼働させる必要があります。
例外があるとすれば、週始まりの窓開けだけを狙うEAとか、日足の
終値だけを見るEAなどは、必要なタイミングだけPCを起動させて
いれば良いということになります。
(毎回忘れずにできればいいですが・・・)

自分の場合、最初は自宅のPCで自動売買ってどんなものなのかを
把握しつつやっていて、そのうちにVPSの存在を知って、
・安定してEAを稼働させるためにはVPSの方が安心
 (自宅のPCだと、フリーズや故障の可能性が少なからずある)
・自宅でPCを運用する場合の電気代の方がVPS料金より高い
 (自分で実測したわけでは無いですが、納得できる話と判断)
などの理由でVPSを使用しています。

最初に使い始めたのは、「お名前.com」でした。
有名ブロガーさんが複数推奨していた(ビジネス的背景もあるかも
しれませんが)ということや、無料で30日間使用できるという
ようなキャンペーンをFX業者がやっているので、それを使用する
流れで使い始めました。

その後、XMという海外業者が、一定量の資金残高と取引量を
満たすと無料でBEEKSという業者のVPSを使用できるという
制度があるのを知って、それに乗り換えました。
で、今に至る・・・と。

ところが、稼働しているEAが増えてきた(本ブログで紹介していない
EAも多数稼動中)ということもあり、VPSをもう一つ増やす
予定です。
もちろん、「お名前.com」も悪くないのですが、なにぶん
コストが比較的高いです。
それだけのサービス内容なのだとは思うのですが、他にも安い所が
あるし・・・ということで色々と探しました。

で、やっとのことでコレにする!!と決断したのが
ABLENETです。
ココの「仮想デスクトップ プラン」「Win1」にします。
OS:WindowsServer2012R2/ 2012/ 2008R2
メモリ:1GB
HDD:100GB
これが年払いなら月額1,600円です。
これは、かなりいいカンジですね。
欲を言えば、VPSプランのV1のように1.5GBのものがあると
ベストなのですが。
ABLENETの使用感については、色々とブログでの評価などを見たり、
使っている人に直接聞いたりしてみましたが、問題は無いようです。

他には、「使えるねっと」もありますね。
いくつかのFX業者がタイアップしていたりします。
が、使用感についてあまり良い話を聞かないので、今回は選択しませんでした。

VPS