グッドタイミング!!|使えるねっとの半額キャンペーン

「使えるねっと」の半額&メモリ2倍という、
価値で言えば2倍2バ~~~イ
の4倍になろうかというキャンペーンに
スッっとスマートに(笑)
乗ってみました。

というのも米国設置のVPSを契約しよう
検討していたのです。
お名前でいいかな、と思っていたところでしたが。

以前は、SWVPSという海外業者のを使用していましたが、
自分が割り当てられたラックはハズレだったのか、
接続できなくなったりクラッシュしたりで散々だったので
半年の契約満了と共にSA~YO~NARA(globeのケイコ風)です。

ちなみに、5月から使用しているWinServerは絶好調です。
レビューしているブログが少なく、少々不安はありましたが、
これはアタリでした。

ABLENETは堅実に稼動しておりますね。
お名前も頼りになる存在です。

が、これら3社は国内設置なので、海外ブローカーで一刻を争う(笑)
トレードの場合は、太平洋を往復している場合ではありません。
現地現物です。
(ちと話が違いますねぇ)
トレード結果が良くなる、というのは確実な話ではありませんが、
EA狙ったタイミングに近いところでトレードできますよね。

あ、使えるねっとにも国内設置はありますよ。

今回、シルバープランを1年で契約しました。
ハズレだと困るので、1ヶ月とか短期にすべきという話もありますが、
そこはブランドとキャンペーンのご威光で(笑)

WEBで申請後、30分とかからずに使用可能のメールがありました。
そして、時間がとれたので、これからMT4のインストールなど
環境準備をします。

ちなみに、半額&メモリー2倍のキャンペーンは6月末迄です。
このタイミングで契約更新とか追加、もしくは新規での契約を検討していた方は、
使えるねっともその候補に入れてみても悪くないかもしれませんね。

ちなみに、半額となるのは、最初の契約期間だけですが、メモリ2倍はその後も
継続されるらしいですよ。
1年契約なら、半額は1年でその後は通常価格に戻りますが、メモリ2倍は
継続してくれるとのことです。

が、昨年もこの時期にキャンペーンをしていたので、
来年もやってくれないかなぁ~と個人的には期待しています(笑)

そうすれば、その時点で契約しなおし、契約期間は使用感によってもっと長くても良い
となるかもしれませんので。

実際に使用しての感想は、また後日に記事としてアップする予定です。

◆キャンペーンは、6月末までです。契約を検討中の方は検討してみて下さい。
 予定が無い方は、キャンペーンの内容を把握しておき、来年?を楽しみに(笑)
FX専用 米国設置VPSキャンペーン!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
またのご訪問を心よりお待ちしております。

VPS

タブレットなどモバイル環境からVPSへ接続する方法

VPSを使ってMT4を運用していれば、
「MT4を連続稼動させる」という点
についてはかなりの安心感を持てます。
もちろん、絶対ではありませんが・・・。

週末毎に再起動したり、EAの設定ファイルを更新したらそのバックアップを
取っておいたりということも必要ですね。

少し前に新規契約したWinServerは、RAID1によって保守されているとは言え、
復旧作業という事も考えてバックアップは自分でもしようと思います。
(実際にトラブルがあった時の反省を踏まえ、きちんとした手順を
自分で構築中です)
トラブル発生後、迅速にMT4稼動環境を整えるための準備ですね。

MT4での自動売買において、重要な事の一つに重要指標やイベントへの対応が
あります。
それらを一切無視してEAを稼動させるというのも一つの方法ですが、
自分の今の運用方法としては、米雇用統計やFOMC、ECBなどでは
停止することとしています。

今後、もっと事細かな方法を取るようにする方向ですが、現状は一部例外を除き
停止することとしています。
(以前、EA毎に設定変更したりと煩雑なことをしていたので、設定ミス
を誘発するということなどがあり、今の方法に変更しました)
停止前にポジションを持っている場合、裁量でSLやTPを設定しますが、
場合によりEAに任せるということもあるので、このへんの運用方法を
もっと明確にする予定です。

さて、前置きが(いつものように)長くなりましたが、本題です。
働く女性 働き者 活躍する 白いシャツ 若者

EAの稼動を停止する予定だったのに、
「それを忘れて外出してしまった。」
という場合への対処方法の一案を紹介します。

この方法とは、モバイル環境からVPSへ接続するということなのですが、
タブレットなどモバイル環境を盗難/紛失というようなことがあると、
セキュリティ上の大問題なので、そちらへの対策も必須となります。
スマートフォンを操作する手

モバイル(タブレット)環境からVPSへ接続する方法

今回は、タブレットからVPSへ接続する方法を紹介します。
タブレットのOSはAndroidです。
OSがi-OSだろうと、今回紹介するのと同様のアプリを使えば良いだけの話です。

また、Windows系のタブレットなら、単純に自宅PCで使用しているのと同じことを
するだけですね。

今回は、OSがAndroidですので、Google Playからアプリを入手します。
類似のアプリが多数あるので、評価などを参照して見て下さい。
自分は、「Microsoft Remote Desktop」を使用しました。
Microsftということで、逆に心配な面が無くもないですが(笑)、ユーザー数が
多いだろうから、何かあった時の情報も多いかな、と。

Google Playからのダウンロードは、「Microsoft Remote Desktop」
検索するとヒットすると思います。

・・・

・・

はい、インストールが終わったとして(笑)。
デスクトップ画面に、以下のようなアイコンが表示されていると思います。
アプリを起動しましょう。

アイコン

すると、以下のような画面が表示されます。
以下の例では、4つのVPSについての設定が完了している状態です。
それぞれ、タップすればVPSへ接続する状態です。

設定を追加するには、赤丸で囲った画面右上にある「+」印を
タップします。

Screenshot_2015-04-10-16-23-13

すると、以下のような画面が表示されます。
Screenshot_2015-04-10-16-25-16
青丸印2つについて、説明します。
上側の「Connection name」は、自分でどのVPSかを判別するための任意の名称を入力します。
下側の「PC name」は、VPSのIPアドレスを入力します。

次に、下側の赤丸印は「User name」を入力します。
自宅PCでのリモートデスクトップ接続する場合に入力している内容と同じです。

最後に緑丸印はパスワードです。
これも、自宅PCでのリモートデスクトップ接続する場合に入力している内容と同じです。

入力が一通り終わったら、画面右上にある「DONE」をタップします。

画面がアプリ起動後の状態になるので、設定した名称をタップすると、
VPSへ接続されると思います。

万が一、接続出来ない場合は、先ほどの画面のペンマークをタップして、
設定内容を確認してみて下さい。

VPSとの接続を切断する場合は、下図のように画面下の赤丸印の部分を
計2回タップします。
Screenshot_2015-04-10-16-24-57

最後に書くのもなんですが、「@IT」というサイトの記事を参照して
上記内容を理解しました。

最初にも書きましたが、モバイル環境でVPSに接続できるようにしておく
ということは、盗難や紛失への対策をすることの重要性が高まると考えます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
今回の記事が参考になれば幸いです。
またのご訪問を心よりお待ちしております。

VPS

MT4の動作を軽く、メモリを節約するために必要な設定

「契約したVPSのプランを有効に使うためには?」ということで、
MT4の動作がなるべくサクサクとなるように、メモリを無駄に使わず節約する
ためのMT4の設定を紹介します。

これは、自宅PCでMT4を稼働させている場合にも同じ事が言えます。
自宅PCの場合には、PC自体の設定についても必要な対応がありますね。
それは別の機会に紹介しようと考えています。
(自宅PCで自動売買する場合、通常使用するPCと自動売買用のPCは
きちんと分けることを強く推奨します)

MT4の動作が重くなると、特にスキャル系のEAではトレード結果への影響が
懸念されますし、メモリを無駄に消費してしまうと、MT4の動作への影響も
そうですが、メモリに余裕が無いから稼働したいEAがあるけど止めておこうかな
なんてことにつながります・・・。
それは寂しい話ですね。

ということで、無駄を無くし、メモリを無駄なく有効に使用し、MT4には
軽くサクサク動作してもらえるように必要な設定変更を実行しましょう。

なお、下に示す変更内容は一つの例ですし、注意が必要な場合もありますので、
確認すべきことはきちんと確認したうえで実施して下さいね。

MT4の動作を軽く、メモリを無駄なく節約するための設定とは?

無駄・・・。
なるべく無駄は避けたいものです。
ムリ・ムダ・ムラは無くしましょう。

といいつつ、一見ムダだけど結果的に必要だった・・・なんてことも
あったりしますが。
MT4の設定においては、無駄か無駄ではないかはハッキリしています。

まずは、検討すべきMT4の設定変更内容を項目一覧で見てみましょう。

MT4の動作を軽く、メモリを無駄なく節約するための設定
1.チャートの最大バー数
2.「ニュースを有効にする」のチェックを外す
3.音声設定の「有効にする」のチェックを外す
4.気配値表示を必要最小限にする
5.使用していないチャートは閉じる
6.必要ないインジケータは表示させない

それぞれについて、効果の大きさについては明確に言えるものがありません。
状況による、ということです。

では、項目一つずつについて見て行きましょう

 1.チャートの最大バー数

まず、MT4画面上部にある「ツール」をマウスで左クリックします。
MT4全景

次に「オプション」でマウスを左クリックします。
チャート項目を選択

「オプション」画面の「チャート」を左クリックして選択すると、
以下のような画面になります。

チャート項目画面

上図にて、赤丸で囲った部分の数値を必要最低限の数値へ変更します。
となると、「必要最低限の値っていくつなの?」という疑問が出ますよね。
これは一律にいくつで、というのはありません。
なぜなら、稼動させるEAによって異なるからです。
稼動させるEAの作者さんに問い合わせをする必要があります。

とは言え、一般的には3000にしておけば、大概は大丈夫と言われている
ようですね。
自分もまずはそのようにしています。
というのも、回答をもらえない場合もあるので。
余裕をもって、5000とかにしておくのも手ではあると思います。

話はそれますが、自宅PCで自動売買用とは別のバックテスト用のPCでは、
上記の値を上限値にしておく必要があります。
数値を手打ちで入力してもよいのですが、「9」を入力可能な最大桁数分だけ
入力して「OK」をクリックすることで、自動的に最大値に設定されます。
(2147483647になっていることを確認しましょう)


 2.「ニュースを有効にする」のチェックを外す

MT4画面上部の「ツール」―「オプション」を選択するところまでは上と
同じです。
オプション画面の「サーバー」タブを選択すると、下図のようになります。
その一番下の項目である「ニュースを有効にする」のチェックを外します。
ニュース

 3.音声設定の「有効にする」のチェックを外す

上と同じ「オプション」画面にて「音声設定」タブを選択します。
下図のように、「有効にする」のチェックを外します。
音声設定

 4.気配値表示を必要最小限にする

本対応は、自動売買を実行する通貨ペアのチャートを表示させた後に
実施します。
下図の赤丸に示すように、MT4上部にある「MarketWatch」アイコンを
マウスで左クリックします。
(MT4上部の「表示」メニューから「気配値表示」を選択してもよい)
下図にように「気配値表示」画面が出てきたら、その画面内で右クリック
して表示されたメニュー内の「通貨ペア数の最小化」で右クリックします。
すると、その時点で表示されているチャートの通貨ペア、保有している
通貨ペアのみが表示され、それ以外の通貨ペアは表示されなくなります。

もし、表示させる通貨ペアを増やしたい場合は、同じ「気配値表示」画面にて
右クリックし、「通貨ペア一覧」を選択します。
使用しているMT4のブローカーが対応している通貨ペアが一覧で
表示されるので、表示させたい通貨ペアを選択してマウスの左ボタンを
ダブルクリックします。
または、通貨ペアを選択した後、通貨ペア一覧の右側に表示されている
「表示」ボタンをクリックします。
その後、「閉じる」ボタンをクリックします。

 5.使用していないチャートは閉じる

必要無いチャートを表示させていると、CPUもメモリも無駄に使うことになる
ので、自動売買を実行する通貨ペアのみを表示させます。
不要チャートを消去するには、不要チャートを表示させた後に、
下図のように「☓印」を右クリックするか、通貨ペア名称が表示されている
部分を右クリックして、表示されたメニューの一番上にある「閉じる」を
右クリックする、という2つの方法があります。
必要チャートのみ表示


 6.必要ないインジケータは表示させない

基本的に自動売買を実行するためにEAをセットしているチャートでは、
インジケータを表示させる必要は無いはずです。
トレードのタイミングを確認するためにインジケータを表示させた
チャート上でエントリーとイグジットのタイミングを表示させたい
場合は、トレード履歴をチャート上に表示してくれるスクリプトが
あるので、それを使用して(自動売買用とは別の)PC上で確認する
ことをオススメします。

今回は、一般的に知られている、実施されているであろう内容を整理して
記事にしてみました。
こういうことは、何かのきっかけで一度知ってしまえば、後は問題無い
のですが、そのきっかけが無いままに長い期間を経てしまうという場合
もあるな・・・と思って記事にすることを考えました。

少しでも、一部でも参考になる部分があれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
またのご訪問を心よりお待ちしておりま~~~す!!

VPS