バックテスト結果を、より詳細に解析 myfxbook

FX自動売買を、MT4を活用して
実行する場合、バックテスト
は欠かせない工程となります。
無料、有料にかかわらず、どんな
EAなのか、どんな結果をもたらす
可能性があるのかを、きちんと
確認しておく必要があります。

そして、その上で改めて運用の是非、
運用上の設定を検討するということに
なりますね。

バックテストの方法としては、
MT4上で行うこうとになるので、
注意事項を把握のうえ、実施することになります。
ネット上に、様々な有益情報があるので、複数の情報源を
得た上で咀嚼して理解するとよいと思います。

問題は、バックテスト結果からどのように判断するか、です。
結果の見方というか切り口は、運用スタイルなりEAの特徴などで
様々かと思います。

が、解析用ツールが必要という点は共通していると思います。
(機能の重要性は異なると考えます)

自分自身は、最近の記事でも紹介したように、EA Analyzerの
無料版を使用していました。
(molanisという海外のEA作成ツールに付属するものを活用する方針でしたが、
なかなかリリースされない上にライセンス形態が変更されたのを受け、
見限りました)

EA Analyzerを紹介しようと、改めてWEBページを訪問したところ、
Quant Analyzerというものになっており、14日間の試用版というのが
無料で使えるものになっていました。
有償版は一括払い、使用している期間について月払いとする支払方法が
あるようです。
この際、購入することも検討してみようかと思っていますが、
他のツールも含めて調査する予定です。

試用するにも14日間では短いということで、以前目にしたことがあると
記憶していたmyfxbookでバックテスト結果を解析すると言う方法を
調査してみました。
すると・・・簡単にできてしまいます。
普段使っている人なら、バックテスト結果をアップロードする部分が
異なるだけです。
細かい点を言えば、色々ありますけど(笑)

では、バックテスト結果のアップロード方法を紹介します。

myfxbook画面上部のメニューバーの中央部あたりにある「Systems」
マウスカーソルを合わせると表示されるメニュー一番下の
「Strategies」をクリックします。
All Stratejiesでは無いことにご注意下さい)

画面遷移後に、
・メニューバー下に表示される「+Add Strategy」をクリック
「Strategy Report 」右の「Browse..」をクリックしてバックテスト結果の
 htmlファイルを選択
「Name」右の文字列入力BOXにバックテスト結果固有の名称を入力
(上記は、赤文字の*がついている項目であり、それらは必須入力項目です)
という作業を実施後に、「ADD」 ボタンをクリックします。
すると、入力した名称が「My Strategies」の一覧に表示されます。

My Strategies内の一覧に表示された「Name」
(自分で付与したバックテスト結果の名称)をクリックすると、
通常のトレード結果と同様に解析することが可能です。
なお、その解析作業が可能になるまで、若干の時間を要するようです。

ということで、バックテスト結果についても、リアル/デモトレードと同様に
例えば曜日毎のトレード結果を解析するというようなことが手軽にできるように
なります。

myfxbookは英語表記なので、若干取っ付きにくく、日本語表示にしても訳が
微妙なのですが、非常に有効なツールだと思います。
他にもこういったサイトがあるのを最近知ったので、そのうち紹介しようかと・・・。
個人的には、fx-on殿に大いなる期待をしてしまうのですが・・・。

本記事には画像を掲載しませんでしたが、後日追加で挿入することを
考えています。
また、反響が大きければ、もう少し詳しく書くようにします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
CycleCrossOrder2は、まだバックテスト実行中です!!
またのご訪問を心よりお待ちしております。

myfxbookの見方、使い方/設定方法 その1

MT4で自動売買をする場合に、
様々な便利ツールがあります。
本記事で紹介するmyfxbookも、
貴重な便利ツールの一つです。
し・か・も 無料です。

登録したからと言って、煩わしいメールが送りつけられるというような
ことも無いので、活用しない手はありません。

myfxbookへはコチラからどうぞ。

『myfxbookの見方、使い方/設定方法』と題して、
・EAのトレード結果を参照/解析する場合の見方/使い方
・自分で運用しているEAのトレード結果を解析する時の設定方法
などを紹介していきます。

EAのトレード結果を参照/解析

MT4のEAを使って自動売買する中で、myfxbookのような
トレード結果解析ツールはとっても重宝します。
「どんな状況で重宝するの?」と言えば、以下のような状況が
考えられます。
・購入を検討しているEAのトレード結果を参照できる
 EA開発者さんやユーザーさんがmyfxbookを使って公開してくれている
 場合があります。
 それは貴重な判断材料の一つとなるので、活用しない手はありません。
 注意すべきは、リアル/デモ口座の種別や、EAの設定内容です。

・自分が運用しているEAのトレード結果検証
 一回一回のトレード結果に一喜一憂するのではなく、バックテストから
 想定される範囲のトレード結果なのか?、そこから逸脱した状態なのか?
 EAの稼働停止やロット調整などを検討すべき段階なのか・・・などを
 検討/判断するための材料となります。

 ちなみに、自動売買でも、裁量でも結果を振り返ることは重要であり、
 そのためのツールとして、重宝すると思います。

myfxbookを使うときに、一番最初にすると良いのは、日本語表示への
切り替えです。
残念ながら、機械翻訳的なものなので、逆に英語の方が良いという場合も
あるかと思います。
適宜、切り替えると良いと思います。
myfxbook画面の一番下に表示言語の選択ができる部分があります。
「English」と表示されている部分を左クリックすると、選択肢が
表示されるので、「日本語」なりお好みの言語を選択下さい。
WS000069

EAのトレード結果を参照/解析する時のmyfxbook使用方法

では、実際にmyfxbookを使用してトレード結果を参照/解析する場合の
使用法を見て行きましょう。

1.リンクをクリックする
EA作者さんなりブロガーさんが示してくれているリンクをクリックします。
すると、下記のような画面になると思います。
赤丸をつけたところに「カスタム分析」があります。
それをマウスで左クリックします。

myfxbok_portforio画面

次に、赤丸の部分でトレード結果を解析する「開始日」、青丸で「終了日」を
指定することが可能です。
特には指定しないのであれば、そのままにしておけば、トレード履歴全ての
期間について解析を実行します。
指定は、日付の部分を左クリックするとカレンダーが表示されるので、
指定したい日付の部分で左クリックすることで指定できます。

緑下線で「シンボル」とありますが、履歴がある通貨ペアが解析の候補として
表示されています。
特定の通貨ペアを解析対象としたい場合は、その通貨ペアにチェックマークを
付けます。
複数選択することが可能です。

myfxbook_カスタム分析

「マジック」は、マジックナンバーを示しています。
マジックナンバー毎に解析することができます。
こちらも複数選択することが可能です。
myfxbook_マジック

「タイミング」は、曜日や時間を指定しての解析をすることができます。
「Analyze by」は、エントリータイミングを指定するのか、
エグジットタイミングを指定するのかの選択です。

myfxbook_タイミング

次は、myfxbookの画面を下へスクロールさせます。
「トレーディング」の「periods」は、期間を示します。
それぞれ、「年」、「月」、「週」の期間でのトレード結果を示してくれます。
トレーディング_Period

「Browser」タブを選択すると、チャート上にエントリー、エグジットの
タイミングを示してくれます。
MT4のチャート上で見ているのと同じような情報を得られます。
なお、その情報は、これまで選択した条件に合致しているものについて
示されることになります。
トレーディング_Browser

myfxbookの画面を下へスクロールします。
次は、「詳細統計」の「歩み」です。
ここでは、利益pips、平均勝利(利益)、平均損失、などが表示されています。
詳細統計_歩み

「履歴」タブを選択すると、トレード結果を個別に見ることができます。
MT4における「口座履歴」タブと似たような情報ですね。
トレーディング活動

なお、画面右側に「もっと見る」と書かれている部分があります。
ここで左クリックすると、下のような画面が表示されます。
ここで、「Trades」の部分で日本時間(GMT9)かサーバー時間かを
選択することができます。
エントリー時間を設定できるようなEAでは、時間も気にすつつ解析する場合も
あると思います。
そのような場合には、解析に適した表示時間設定にするとよいと思います。
履歴_もっと見る

myfxbook画面の最後は、「月次分析」です。
年毎に月次分析の画面が表示されます。
画面は4分割されています。
月次分析

今回は、トレード履歴を検証/解析する時のmyfxbookの使い方/見方について
書きました。
補足が必要な部分もあるかと思いますので、今後、本記事に加筆して、
少しでも役に立つものにしていきたいと考えています。

次回は、自分で運用している口座のトレード履歴を解析する場合の使用/設定方法
について書く予定です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
myfxbookに馴染みのない方に少しでも参考になっていれば幸いです。
またのご訪問を心よりお待ちしております。