サラリーマンでも1年で1000万稼ぐ副業FX|書籍購入特典あり

管理人が裁量FXトレード及び
事業そして人生と広範囲で好転する
きっかけとなったのがFX MISSION ZERO。

その主宰者である鹿子木健さんの2冊目の書籍が
発売となります。
タイトルは、
『サラリーマンでも1年で1000万稼ぐ副業FX』
です。
(このタイトルは個人的に意外に思いました)

amazonキャンペーンとして2つの特典が設定されています。
1.勝ちパターンMISSION002解説動画
クアラルンプールで行われたセミナーの一部で約23分の動画

2.FX MISSION ZEROセミナー無料招待券
2018年にエフピーネット株式会社が主催する鹿子木健さんの
全てのセミナーに無料で参加できる:抽選で2名

キャンペーンの参加条件は、
2017年12月13日(水)昼12時から14日(木)昼12時まで
なっています。
※12月18日追記:勝ちパターンMISSION002解説動画は
未だ特典として提供されるようです。
また、書籍自体の購入特典(amazon関係なく)として、
 ①トレード記録のエクセル表
 ②「FXミッションゼロ」の1ヶ月無料体験
がついています。
②の1ヶ月無料体験だけでも書籍購入の意味があると思います。
(1500+税の価値は十分にあると思います)
書店で購入した場合でも、巻末に案内があるので、ぜひお忘れなく。

期間が1日だけと超短いので、購入される場合にはお急ぎ下さい。

キャンペーンの参加方法は、以下の通りです
amazonで当該書籍を購入し、メールで送信される
(購入後画面でも表示される)注文番号をコピーして
下記アドレスの申込フォームに貼り付ける。

http://www.fx-zero.com/book2/

すでに購入して、動画を見始めたところなのですが、
ブログで紹介せねば!!と中断して記事を書いています。

FX裁量トレードをこれから始めてみようかと考えている方、
未だ利益を着実に積み上げることができていない方は
きっと参考になる書籍だと思うので、ご検討下さい。
(未だ届いていないので、詳しいことは言えません)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
またのご訪問を心よりお待ちしております。

FXMZ

ビットコインをMT4チャートで分析|BITPOINT

何かと話題に事欠かないビットコインですが、
トレード対象としていますか?

管理人は、トレードというほどでもありませんが、
FXだけでなくビットコインも取引をしています。

bitFlyerの口座で2017年夏から取引開始して、
バイ&ホールド中です。

そして、2017年12月からビットコインを
MT4チャートで分析すべくBITPOINT口座を
開設しました。

ビットコインをMT4で分析するにはBITPOINT一択
なので、他に選択肢は無いのが現状です。
海外なら、あるのでしょうけど・・・きっと。

今回、BITPOINTでビットコインのチャート分析を
しようと思ったきっかけはマーフィーさんです。

FXでのトレードは、FX MISSION ZEROに則っており、
月足、週足、日足、4時間足などでのトレードを実践し、
それ以前のジェットコースターのようなハラハラドキドキ
トレードから開放されています。

今後、FXトレードでの更なる収益拡大を図るべく、
マーフィーさんのスパンモデル&スーパーボリンジャーで
H4より短い足でのトレードを実践すべく再び学習中
なのです。

PDFの教材は以前購入したので、それを復習するのと、
有料ではありますが優良な(笑)動画コーチング
今後しっかりと稼ぐための地固め中なのです。

その動画コーチングの中でBITPOINTが紹介されていたので、
開設に至ったということになります。

とは言え、スグにスパンモデルでトレードするかというと
そんなことは無く、どれくらい適用可能なものなのか、
検証中といったところです。

デモ口座があれば、トレードのログをとって結果を
分析できますが、それができないので、チャート上で
確認をするのみです。

現状のビットコインは、基本はレートが上昇していく
上昇トレンドが強いので、基本は押しを拾っていく
というスタンスで見ています。

もちろん、レートは分散させてポジションをとる
というのが基本となります。

そういう背景でチャートを観察していると、
スパンモデル&スーパーボリンジャーが美味しい押し目を
示唆してくれることがわかります。

現状、BITPOINTのMT4チャートには、以下の4つのチャートを
表示させています。
・週足
・日足
・4時間足
・1時間足

個人的に、主に4時間足のチャートが分析しやすいと
感じました。
上のチャート中央が4時間足、右側が1時間足です。
チャートに赤い■を追加してありますが、
ボリンジャーバンドの-2σが押し目となった
ポイントを示しています。

同じチャートで水色の■を追加してあるのは、
遅行スパンがローソク足と衝突したポイントで、
この場合は一旦は買い方向を考える場面です。

遅行スパンがローソク足をクロスして
ローソク足の下に来るようであれば、
売り目線へ目線を移す材料の一つが
成立することになります。

ここではこれくらいにしておきますが、
4時間足のBTCJPY(ビットコイン円)チャートで
押し目候補を割り出すのが良いというふうに考えられる
場面が過去にも多数ありました。

その場合の判断材料として、
・ボリンジャーバンドの-2σ
・遅行スパンがローソク足に衝突
・強めのトレンドが出ている場合は青色スパンに支えられる
というのを見ておけば良いと考えています。

ボリンジャーバンドの-2σと遅行スパンがローソク足に
衝突するタイミングがほぼ同じタイミングという
場合には、『押し目という判断』がワークする
可能性が高いという判断をしています。

いずれにせよ、FXで言うならば新興国の通貨ペアのように
突如大きな荒っぽい動きをするものであるということを
前提に、これまでに無いくらいの大暴落があっても
他人事のように「スゴイねぇ~」と言えるくらいの
ポジションで臨むことにします。

そんなことを書いていたら、急騰して戻って来ました(笑)
こういう急騰したところで押し目で拾ったポジションを
利益確定できたら美味しいですね。
もっとも、スプレッドがどうなっていたのかわかりませんけど。

ま、いずれにせよFXと同様にビットコインでも
資金管理は最重要ポイントということですね。

マーフィーさんのスパンモデルとスーパーボリンジャーは、
個人的に未だジェットコースター的なトレードをしていた
ころに教材を購入して学んだことがあるという経緯があります。

当時は、せっかくの教材を中途半端な理解で実践し、
完全にはジェットコースターから抜け出すということが
できずにいました。

今は、FX MISSION ZEROという自分の中での基礎があるので、
しっかりとスパンモデルとスーパーボリンジャーを
有効活用できるものと期待しています。
来年早々、「その時が来る」という予定です。

個人的には、
額の大小は問わず、安定して利益を
積み上げることができるようになっている
もしくは資金管理がしっかりしているので、
口座残高が減り続けるということは無いものの、
トレードのルールを構築することができずに
悩んでいる、というような場合により一層
活用できるものだと感じています。

そのような方には是非しっかりと学んで
生涯収益を着実な右肩上がりとしていくための
一助として活用していただきたいです。
マーフィーの最強スパンモデルFXプレミアム

FX裁量トレードをこれから始める、未だ初心者
経験はあるけど安定して利益を積み上げることが
未だできていない、という場合には、
FX MISSION ZERO
が良いと判断しています。

トレードそのものや資金管理までを含めた
『10の勝ちパターン』
によってトレードすることで、FX裁量トレードにより
利益を安定して積み上げるということができるようになった
という管理人自身の経験があるので、そのように
判断しています。

FXだけでなく、株式のトレードを含めてみても、
意外と資金管理までを含めてトレードでどのように
利益を積み上げていくか、という切り口で
方法を提示しているものは無いと思います。

そんな中でFX MISSION ZEROは資金管理ありき
美味しいところだけトレードする10の勝ちパターンを
提示してくれる稀有貴重な存在です。
FXミッションゼロマニュアル完全版

FX MISSION ZEROのマニュアルを購入すると、
特典として有料掲示板が1ヶ月無料で購読できます。
もちろん優良デス(笑)

これまた秀逸で、10の勝ちパターンを体得したと
自分で判断したとしても、購読を継続する価値があると
考えています。

FX MISSION ZEROのけんさんだけでなく、
サポートを努めておられるハラッチさんの
トレードだけでなく、人生全般に好影響を与えてもらえる
コメント・教えに触れることができます。
FX MISSION ZERO

自分自身のトレードが好転したこと、
人生全般についても良い方向へ変革していること、
などについての大きなキッカケを与えてくれたものとして
とても感謝しています。

できれば、FXのトレードを始める前に存在してくれていたら・・・
などと思ってしまうくらいです。

絶対に万人に適合するなどとは言えませんが、
多くの方々に有効なものであると感じています。

いずれにせよ、御自身にあうものを見つけて、
トレードに活かして利益を積み上げていきたいですね。

今回の記事に関連して動画をyoutubeにアップしてみました。
BITPOINT口座を開設してMT4上でスパンモデルスペシャルを
表示させている様子を紹介しています。

よろしければ、ご覧ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
またのご訪問を心よりお待ちしております。

勝利の方程式 10の勝ちパターンの概要|FXMZ 

当ブログ管理人が、FXトレードにける
利益が急上昇と急降下をしてしまう
ジェットコースタートレードから脱出
して、
安定した利益を積み上げることができるようになった
きっかけとなったのが
FX MISSION ZERO(FXMZ)
です。

FXMZが世に出ていなかったら・・・
自分がFXMZに出会っていなかったら・・・
FXMZの購入資金をケチってFXMZを取り入れていなかったら・・・

想像もしたくありません。

まだFXトレードで安定して利益を積み上げることが
できるようになっていない裁量トレーダーさんは、
ぜひ、FXMZを検討して欲しいというのが個人的な想いです。

当ブログは、アフィリエイトをしていますし、FXMZも該当します。
が、どこのサイト/ブログを経由しようと構わないので、
FXMZを御自身の裁量トレードに当てはめていただきたいです。

そして、安定した利益をFXトレードにより獲得し続け
御自身の目的とする資金を得ていただきたいです。

ちなみに、管理人の場合は、自分のMISSION(使命)としている
事業用の資金としています。

公的な年金では心配だから自分年金の一環でFXで利益を得たい
住宅資金の一部として、FXの利益をあてたい
子供の教育資金として、原資の一部をFXで増やしたい

人それぞれ、様々なことで資金を必要としていると思います。

管理人の場合、上記3つ全てにも当てはまります(笑)

なので、
積立FXで毎月一定額をFXで積立
投資信託を毎月一定額購入(積立)
もしていますし、
iDeCO
も活用して優遇税制を享受しています。

そうそう、不動産投資もしています。

来年から始まるつみたて(積立)NISAにも注目しています。
通常のNISAは、制度内容がイマイチという認識でいたのですが、
今一度両NISAの導入を検討することにしています。
(情報は逐次集めています)

ということで、様々な投資先に分散して投資していますが、
やはりFXによる利益に大きな期待をしています。

FX自動売買によって安定収入を目指すというのは以前も今も
変わりはありませんが、FX裁量トレードも加えることで、
より安定して、より大きな利益を継続的に獲得する
ことを実現していきます。

ということで、大きな役割を持ったFX裁量トレードにて
安定した利益を獲得し続けるためのフレームワークとしているのが
FX MISSION ZERO(FXMZ)
です。

『短時間FXで1割の勝ち組トレーダー|FXMZ』という記事でも
紹介したようにFXMZは10の勝ちパターンで構成されています。
それが、
安定した利益を獲得し続けるためのフレームワーク
となっているのです。

詳しく紹介したいところですが、教材のネタバレになるので、
ここでは概要のみを簡単に紹介することとします。

きっと、FXMZによりもたらされる大きな希望の一部を感じ取って
貰えるものと思います。

もしも「感じ取れない」という場合は、きっと管理人の
紹介がうまくないから、ということになります。

そんな場合には、ご容赦下さい。
そして、別のサイトなりブログの紹介記事を参照いただければと
思います。

きっと、良い評価とそうでもない評価とがあるかと思いますが、
ぜひご自身で判断いただきたいと考えています。

FX MISSION ZERO 10の勝ちパターン 概要

FX MISSION ZEROは
10の勝ちパターンから構成される
FX裁量トレードで安定して利益を獲得し続けるための
フレームワークです。

当ブログでも、何度か紹介している通りです。

そして、とっても重要なのが「資金管理」が大前提であるということです。

FX MISSION ZEROでは、レバレッジを最大で3倍まで、一時的に大きくリスクを
取る場合でも最大で5倍というのが推奨されています。

継続的に利益を獲得しているトレーダーさんの話を聞いていると、
決して大きくは無いレバレッジとしているのがわかります。

ただ、スキャルピング手法を取り入れている場合には、レバレッジそのもの
よりも、許容損失額で資金管理しているという事が少なくない
という印象です。

MXFZでの資金管理でも言われていますが、
御自身の「損失許容額」をきちんと設定し、それを守ることが
必要です。

つまり、
1回のトレードでいくらまでの損失を「受け入れることができるか」、
それをきちんと設定(確認)しておくことが必要です。

1回のトレードで○○円までの損失を許容すると設定しておいても、
そのレベルの含み損を抱えると落ち着かなくなったり、
実際に損失が確定した時にメンタルや口座が大打撃を受けてしまう
というのはNGです。

また、FXMZでは口座を3つに分けることが推奨されています。
長期口座(主に月足)
中期口座(主に週足)
短期口座(主に日足)

上記のように3つ程度に口座を分けてトレードすることになります。

もちろん、最初から3つに分けることが必須という訳ではありません。
が、トレードに慣れてきたら口座を分けてトレードすることにより、
余計な混乱を回避することができます。
(管理人も、最初は1つの口座から始めました)

管理人自身、常時3つより多くの口座を機動的に活用しています。

FX MISSION ZERO 10の勝ちパターンの概要を紹介

では、FX MISSION ZEROにおける10の勝ちパターンの概要について
紹介していきます。

各勝ちパターンの詳細をそのまま記述することはできないので、
概要のみということで端折って紹介していきます。

もちろん、各勝ちパターンのエッセンスを紹介するようにしていますが、
下記紹介を参照しただけで御自身の大切な資金を投入した
リアルトレードに反映させることは絶対にお止め下さいね。
ま、いないとは思いますが。

FX MISSION ZEROに少しでも興味をお持ちになったならば、
FXMZコンプリートマニュアル購入費用をFXトレードにおける
必要経費として捉え、購入してからしっかりと学んで
いただきたいです。

そして、経費/コストとして使用した時間や費用とは
比較にならないくらいの大きな利益を獲得し、
そしてそれを長期間継続させ、更にはその成功が人生全般に
広がる感覚を味わっていただきたいです。

管理人は、その途上を進んでいると認識しています。

なお、各勝ちパターンともに
成行でのエントリー
とともに、
指値での注文
を出します。

より有利なレートでのエントリーを狙うためです。

また、テイクプロフィット(TP)、ストップロス(SL)もエントリー時に
設定しておくのを原則とします。

また、含み益が出たら、一定の条件に従いストップロスを
買いポジションの買値よりも上の建値上
売りポジションの売値よりも下の建値下
へ移動します。
こうすることで、利益獲得の確実性を上げることを狙います。

また、勝ちパターンのエントリー根拠が崩れた場合には、
ポジションの決済
をします。
ここは、最初のころは確認が漏れたりしてしまうかもしれませんが、
徐々に抜け漏れなく確認できるようになりましょう。

このへんの細かいことは、詳しくそして分かりやすくマニュアルに記載されているので、
購入した場合には、しっかりと学習していただきたいです。

では、10の勝ちパターンについて一つずつ概要を見て行きましょう。

ミッション001:「勝ち癖をつけよ」

ミッション001は、
FX MISSION ZEROの原点
とも言える勝ちパターンです。

トレードの目的である「利食い(利益獲得)」が
コンセプトです。

ミッション001を継続的に実践することで、利食いが習慣化する、
とされています。
(もちろん、必ず利益になるという訳ではありません)

バンドウォーク期間とその終了という、
勝ちパターンの判断に迷いが生じにくいパターンなので、
FX MISSION ZERO実践の入り口としても相応しい勝ちパターンです。

自動売買用EAのエントリーロジック、もしくはインジケーターを
作る場合にも作りやすかったというのがあります。

ミッション001は、ある期間以上継続していたバンドウォークが
崩れたタイミングで成行と指値にてエントリーします。

そして、ある一定以上の利幅がのったら、
残っている指値を取り消す。
ストップロスを買値上もしくは売値下に移動して利益を確保する。
というポジションコントロールを淡々と確実に行います。

利食いはセンターライン、±1σ、±2σで分散して実行します。
この分散するということが肝です。

こういった一連の行動を、ミッション001の実践により習慣化
していきます。
つまり、「利食い」の習慣化です。
はい、ミッション001のコンセプトでしたね。

もちろん、毎回必ず利益になるというわけではありません。
つまり、損失となることもあります。

なので、資金管理が必要というか大前提となるのです。

ミッション002:「トレンド開始を見分けよ」

ミッション002は、比較的大きな利益をもたらしてくれる
とされる勝ちパターンです。

トレンド開始の可能性が高い局面を厳選し、
トレンド開始直後に流れに乗る
ことで比較的大きな利益を獲得することを狙います。

マニュアルに記載されている通りに実践する基本編と、
トレンド開始の判断基準を広げた応用編が存在します。

ミッション003:「レンジ相場を味方につけよ」

ミッション003は、副題の通り、レンジ相場を味方につけて
利益につなげます。

ミッション002と表裏一体とも言えます。
(厳密に言うと、そうとも言い切れませんが)
つまり、ミッション003でのレンジが終了し、
ミッション002のトレンド開始となる、
という流れです。

いずれにせよ、
レンジ相場におけるレンジ内での動きを利益につなげる
勝ちパターンです。

レンジ相場継続が利益獲得チャンスとなります。

レンジ相場が終了して、トレンド開始となれば、ミッション002が
成立することでしょう。

ミッション004:「勝てる相場を拡大せよ」

トレンド相場でもなければレンジ相場でもない、という
分かりにくい「気迷い相場」
さえも利益につなげるという勝ちパターンです。

とある条件が成立している状態での
センターラインをまたぐボリンジャーバンド±1σ内の動き
を利益獲得チャンスにつなげます。

管理人自身としては、ついつい見逃しがちな勝ちパターン
なので、収益機会拡大のためにも、確認/認識を抜け漏れなく
確実に行えるようにしていきます。

ミッション005:「センターラインを乗りこなせ」

「センターラインを乗りこなせ」という副題の通り、
ボリンジャーバンドのセンターラインに絡む動き
を利益につなげる勝ちパターンです。

バンドウォークが短かったり、
バンドウォークしていない上昇(下降)トレンド相場で、
ローソク足がセンターラインを下抜けたかった(上抜けなかった)
場合というのが条件です。

ミッション006:「押し目と戻りを見極めよ」

バンドウォーク(終値が常に+1σを上回る(-1σを下回る))
するトレンド相場で、ローソク足が+1σ(-1σ)にぶつかった
という状況を条件とする勝ちパターンです。

ミッション006と対をなすのがミッション001です。
ミッション001は、バンドウォークしていた相場が、その終焉を迎えた
後を利益獲得機会として狙うものでしたね。

ミッション006は、まだトレンドが継続するものとして、
利益獲得することを狙います。

ミッション007:「σで抵抗を強化せよ」

強い抵抗ラインと各σラインのいずれか(センタ-ライン、±1σ、±2σ)が
重なっている場合、その価格帯に向かった後に反転する動きを
利益獲得機会として捉える勝ちパターンです。

俗にいうライントレードに近いものとして捉えても間違いではありません。
キーポイントは各σラインと重なっているという点です。

強い抵抗ラインの条件として、
安値の谷や高値の山の価格が3つ以上重なっている価格帯
というのがあります。

文字にすると少々探しにくいような気がしてしまうかもしれませんが、
そのつもりでチャート観察をしていると、自然と「気づき」が
得られるようになるので心配無用です。

ミッション008:「上髭と下髭で売買せよ」

「長い時間足」のチャートと、「短い時間足」のチャートという
2つのチャートを観察します。

長い時間足でバンドウォークしている上昇(下降)トレンド相場において、
短い時間足も上昇(下降)バンドウォークしていた相場が、
短い時間足においてローソク足終値が+1σを下回った(-1σを上回った)
という状況で利益獲得を狙いに行きます。

つまり、トレンドの終焉、調整の訪れをなるべく早く察知して
美味しいトレードを狙う
のです。
なるべく大きな利益を
なるべく小さなロスカット時の損失
で狙う、というものです。

ミッション009:「山と谷を見逃すな」

ミッション009も008同様に「長い時間足」のチャートと、
「短い時間足」のチャートという2つのチャートを観察します。

ミッション008がトレンド相場という前提でしたが、
ミッション009はレンジ相場という前提があります。

長い時間足のローソク足がレンジの下端(上端)となる抵抗ラインに
達し(σラインとの位置関係も踏まえる)、下落(上昇)方向に
バンドウォークしている短い足のローソク足終値が-1σを上回った(+1σを下回った)
状況で利益獲得を狙います。

ミッション010:「お宝ポジションを構築せよ」

文字通り「お宝」となる美味しいポジションを構築する機会を狙う
勝ちパターンです。

条件として、以下のように2つ挙げられており、どちらかの条件が成立した場合の
利益獲得機会を狙います。

・条件1:金融危機、経済危機、その他の突発的な事象により
特定の通貨ペアがたたき売られた時に買う。

・条件2:特定の、信用性が最上級でない通貨が、
特定の理由で信用性が最上級の通貨に対して買われ過ぎている
時に売る。

特定の通貨と上で書いている通貨は、FX MISSION ZEROの
マニュアルには具体的に書かれているのですが、
ここでは伏せさせていただきます。

なお、「信用性」については、格付会社による格付を目安とします。

FX MISSION ZEROによるトレードを実践することで、
継続的に安定して利益を積み上げられるようになる
可能性をきちんと感じ取ることができた方は、
御一緒にFXMZで安定した利益を長期的に獲得していきましょう。

FXミッションゼロマニュアル完全版

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
またのご訪問を心よりお待ちしております。

FXMZ