「損益グラフが一目でわかる!」がr7へバージョンアップ

11月12日付けで、
「損益グラフが一目でわかる!」が
r7へバージョンアップされています。

ユーザーさんへは、fx-onからメールが配信されているハズです。

さて、自分が使用していたのはr5で、
ダウンロードしてみてビックリのr7。
r6を見過ごしてしまったのか、スキップしたのかは
不明です。

fx-onからのメールによれば、今回のバージョンアップは
以下の内容です。

・チャートのバー数が足りない場合に、「Lack of Footdata」と
 警告を出す処理だったものを、そうならないよう仕様変更
・CSVファイルを読み込むモードで、OANDA JAPANにて多重カウント
 されてしまう場合がある問題を修正

「この機能は使用していないから・・・」とか、
「気にならない現象だから・・・」という理由でバージョンアップ版へ
巻き替えないのも一つの選択ですが、
旧バージョンのファイルは残しつつ、バージョンアップする方が良いと
個人的には思います。

というのも、fx-onのメールやコミュニティなどで展開されている内容
だけでなく、ちょっとした変更が実施されている場合もあるからです。
これは、どのEAやインジケーターにも言えることですが。

ありがたいことに、当サイトのリンクを経由してfx-onで本ツールを
購入いただいている方もおられます。
その方々には、有効に使っていただきたいな~と願っています。

もちろん、こういったツールを使わなくても、例えばmyfxbookなどの
無料ツールで充分という方も多数おられると思います。
どんな手段でも、御自分で決めた運用方法を、なるべく効率的に
実施できるといいですねぇ。

本ツールは、MT4のチャート上(サブチャート)に損益グラフを表示して
くれるというのが特徴です。
つまり、相場との関係を掴みやすいということです。
これはmyfxbookでは実現できない機能です。
(少なくとも、自分は知りません・・・)
EAや裁量トレードの損益グラフをリアルタイムに表示!運用管理、EAの運用検証に!
損益グラフが一目でわかる!
損益グラフが一目でわかる! | fx-on.com



トレード結果を管理するという中で、無料のツールで有益なものがあります。
グリッドトレード(所謂トラリピ的なもの)や、裁量トレードでポジションを取る
位置を分散させている場合、実際の保有ポジション量を一目で知ることができる
というのは便利ですよ。
MT4の場合、意外とこういった部分に痒い所(笑)が存在します。
そして、孫の手のような本ツールが有益です。
しかも無料ですよぉ(笑)
数字はわかりませんが、かなり多数のダウンロード数があるようです。
まだ使用していない方は、是非お試しあれ
ナンピン系EAの必須ツール ポジションサマリ情報表示
ViewPositionInfoCustom
ViewPositionInfoCustom | fx-on.com

提供してくれているのは、「にせすけ」さんです。
にせすけさんと言えば、個人的には「千刻」です。
グリッドトレード用多機能EAとして、ぜひ使ってみたいです。
レンジトレードに最適!自由度の高い等間隔ナンピン手法EAです
千刻
千刻 | fx-on.com

グリッドトレードは、個人的に長期にわたり継続していきますが、
・複数の考え方
・複数のEA
・複数の口座(ブローカー)

で実行します。

現在はCycleCrossOrder2をメインに複数のEAを使用していますが、
「千刻」もその仲間に加えたいです。
話が広がって来たのでこのへんにしますが、グリトレに関しては
継続的に記事にして行きます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
またのご訪問を心よりお待ちしております。

FX自動売買における三種の神器|トレード結果集計と対応

FX自動売買において、いくつかの
・必須ツール
・便利ツール
などがあります。

MT4を活用した自動売買においては、EAが必須なのは
モチロン(笑)ですが、トレード結果を解析する
無料のmyfxbookも便利で、個人的には必須です。

EAを稼動する前、もしくは稼働中にEAのトレード結果を
解析する場合には、「EA Analyzer」が便利です。
こちらも無料で使用することができます。

個人的には、
・バックテスト結果の解析は「EA Analyzer」
・リアル/デモ口座でのトレード結果は「myfxbook」
という使い分けをしています。

EAの設定項目について、検討する上で便利なツールがある
ようなので、時間を確保できる時期に試したいと
考えています。

では、最近導入した、「EAのトレード結果を把握する上で
便利なツール」を紹介しましょう。

まずは、無料の「ViewPositionInfoCustom」です。
これは、通貨ペア毎のポジション数や損益、スワップを
集計してくれるツールです。
複数のポジションを持つEAを稼動している場合に便利ですが、
やはりグリッドトレード(スワップを主に狙ったり、M2Jの
トラリピ的なトレードをする)場合には特に便利です。
ポジション情報表示
ViewPositionInfoCustom
ViewPositionInfoCustom | fx-on.com

コレ、使いはじめると、本当に便利だと実感することができます。
非MT4系の業者では、普通の表示内容(機能)ですが、MT4の場合は
通貨ペア毎のポジション数や損益を知りたい場合には
不便な思いをします。
そう、MT4ユーザーの痒い所に手が届くような便利ツールです。

しかも無料なのに、ユーザーさんが少ないのは
世界の七不思議の一つにカウントしてもいいくらいかと(笑)
無料ですし、複数の口座で使用することが可能です。

似て非なるツールが「損益グラフが一目でわかる!」です。
こちらは、EAのトレード結果を時系列で確認することができます。
そして、
MT4のサブチャートとしてグラフ表示する
というのがミソだと思います。

なぜなら、チャートと並べて表示させることで、
各EAの得意/不得意な相場を解析しようという場合に
便利だからです。

時系列でトレード結果を表示してくれるというだけで、
相場との相性が良いのか悪いのか・・・という判断用の
有益な判断材料となります。
EAや裁量トレードの損益グラフをリアルタイムに表示!運用管理、EAの運用検証に!
損益グラフが一目でわかる!
損益グラフが一目でわかる! | fx-on.com

この2つのツールは、使いはじめると欠かせない存在となります。
両方共、個人的には欲しいと思う機能を実現してくれている
ツールなので、本当にありがたい存在です。

損益グラフが一目でわかる!」は、作者である「しがないあらさー」さん
の厚意により、使用口座数の上限無く使用できます。
1本購入すれば、多数の口座でEAを稼動していても、自由に
使用することができます。
これは、本当にありがたいです。

というのも、やはり口座は国内外問わず多数の口座を使用しているので、
1本で1口座となると、安価なツールであっても口座分購入するのは
躊躇してしまいますからねぇ。

いずれにせよ、「損益グラフが一目でわかる!」は、
このEAのトレード結果を厳密に監視して、ロット調整を
細かく調整しよう」と決めた場合などには、本当に重宝します。

さて、自動売買とはいえ、「EAが持ったポジションを
このまま放置しておくと、SLにかかってしまう可能性が
高い・・・」という認識をもつ場面が出てきます。

その場合に、
・あくまでもEAに一任
・躊躇せず裁量判断により介入
など、運用者によって様々な対応方法があると思います。

自分の場合は、
・基本的にはEA一任
・躊躇なく裁量判断で即時決済、SL移動などを実行
・相場状況やEAの相場との相性などを含めて対応を判断
というようにEAによって分けています

自動売買をメインにしてトレードする場合においても、裁量トレード
ができるようになっておいた方が良いという話を聞きます。
それは、
・裁量の方が、大きく稼げる可能性がある
・自動売買のトレード内容について、検証するのに役立つ
・EAが建てたポジションの決済を裁量判断で決済することで
 収益の向上(損失低減)を見込める可能性がある
などの理由があるからだと自分は捉えています。

純粋に裁量トレードをする場合、自分としては
FX MISSION ZERO
に従い裁量トレードをしています。

これは、単にトレード技術を向上させるというものではなく、
トレードとの向き合い方を示してくれるものだと考えています。
そして、
トレードを成功させ(成功トレーダーになる)、ひいては
人生も成功に導くのに役立つものであると考えています。

一方、自動売買のトレードに裁量で介入する場合には、
レジスタンス、サポートの各ラインを用いた相場状況把握
重要になって来ると考えています。
あくまでも個人的主観です)
自分はまだまだ理解が進んでいませんが、ダウ理論を更に
習得してトレードに役立てたいと考えています。

そういったもののエッセンスを凝縮したものとして、
良さそうな教材を見つけ、理解を進めています。
「ROSE FX手法レポート」
というものです。
口座開設のキャンペーンで配布されたいたものが
販売されるようになった、という経緯があるようです。
値動きの概念から考える精度の高い3バートレード
ROSE FX手法レポート
ROSE FX手法レポート | fx-on.com

最近見たいくつかの教材で共通して言われているのが、
「今まで得た知識を一旦リセットする」
ということです。

これ、新しい知識なり手法を学ぶ場合には、心がける必要があると
自分でも思います。

というのも、中途半端だったり自分の思い込みがあったりすると、
新たに理解すべき内容をしっかり理解できず、本来とは
異なるものとして自分が理解したつもりの状態になってしまう
可能性があるからです。

これ、FXに限らず・・・の話です。

そして、一つに集中して学習するということ。
あれもコレも・・・となると、結局は何もきちんと理解できていない、
ということになりかねないし、間違った理解をしてしまうことに
繋がる可能性が大きいからです。

何かしらの教材を学習する場合、まずはその教材をきちんと読み、
実践を通じて習得する・・・という過程を踏んでいる間は、
関連する他の情報はなるべく入れないようにする必要があります。
もっとも、ちょっとした疑問を解消するために調べようとすると、
漏れ無く関連情報も入ってくるので、なかなか難しい問題ではあります。

丁度、FX以外の教材を理解して実践することを予定しているので、
肝に銘じて行動しようと考えています。

FX自動売買における三種の神器ということで書いてきました。
実際にどんなツールや教材が自分に合うのかは、やはり自分にしか
わからない・・・という部分があると思います。
とは言え、あまりアレコレと試すのはコストや時間の制約があることですし、
現実的では無いですよね。

ぜひ、御自分に合ったツールや教材、そしてEAを見つけ出し、
キッチリと活用していただきたいと願っています。
(もっと詳細を紹介したいのですが・・・。)
ツールについては、おいおい詳しく紹介したいと考えています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
暑い日が続きます。体調管理には気をつけましょう!!
またのご訪問を心よりお待ちしております。

EAのトレード結果/損益をMT4チャート上に表示

数多くのEAを運用していると、
各EAのトレード結果を把握するだけでも
意外と時間を要します。

例えば、WhiteBearシリーズのように、
ファンダメンタルズ要因で「急に」かつ「大きな変動」が
予想される場合には、稼動を停止しておくだけで、
あとは基本放置というEAは、定期的にmyfxbookで損益結果を
確認すれば、それで事は済みます。
「お、頑張って利益を捕獲してるねぇ」
「最近は漁に出てないのかな?(トレードをしていない)」
と思うくらいですね。

たまに、
「うぉ・・・」
となる場合があるので、過大なロットや稼働停止を忘れてたなどという
ことが無いように、注意が必要です。

米雇用統計なり、FOMC、ECBなどは毎月恒例のことなので、
要注意です。

スイング系のEAについても、上記のようなイベント時には稼動を
停止するのが基本ではあります。
(自分自身の例です)
基本と言っているのは、例外もあるからです。
スキャル系は、例外無く停止ですが、スイング系についてはそのまま
稼動しているものもあります。

そして、スイング系のEAについては、別の管理をしています。
まだまだ、試行錯誤中ですが。

最近で言うと、
・BandCross3
・SCH-Trendsystem
など、数ヶ月に渡って、それまでの好調がウソのように調子を
落としています。
※BandCross3のDayTredeModeは、現在の状況において、
どんな結果となるのか
バックテストして確認してみる価値があると思います。
自分は、リアルで運用していますが。

これ、バックテスト結果からすると、覚悟しておくべき現象というのが
自分の捉え方です。
ま、自分の口座も、かなりのダメージを受けているのですが・・・。

自分としては、もちろん未来永劫などとは言えませんし言いませんが、
上記EAに限らず、ここ数ヶ月調子を落としているEAの中には
今後の活躍が期待できるものがあると考えています。
ま、それを選択/判断するのが難しいのですが。

自分としては、
自分が運用するEAを選択する
というのも難しいですが、それを
どのように運用していくか
というのも難しいし、重要だと認識しています。

自分は、
・基本的に裁量では介入しない
 (ファンダメンタルズ要因での一時停止を除く)
・EA設定やLOTサイズを臨機応変で変更
という大きな分け方でEAを運用しています。

希望は、
最初に指針を決めたら、あとはそれに従って自動的に運用してくれる
システムが存在すること、なのですが・・・。

なぜ、EA設定やLOTサイズを臨機応変で変更するという手間暇を
かけてEAを運用するのかと言えば、
リスクを抑えつつ、収益をより大きくする
という目的のためです。

ま、自分が手をかけることで、逆効果になる可能性もあるわけですが、
そこは気をつけつつ対応しています。
(決定的な対策はありませんが、デフォルト設定運用の場合との結果の差
をケアしています)

口座の違いによる影響もあるかもしれませんが、短期的には、
同じEAでも自分が手を加えた運用方法の方が、デフォルト設定のままより
良い結果を残すという例もあります。
これは、長期的にどうなのか?というのは、まだまだわかりません。
が、良い結果をもたらすという可能性はあると考えています。
だからこそ、実行しているのです。

で、そのためには、各EAの損益結果を素早く確実に確認したいという
希望があります。
myfxbookは、とっても便利なツールでタイヘン重宝していますが、
上記の目的に使用するには、手間がかかります。
対象とする口座を選択し、対象とするEAのマジックナンバーなり
通貨ペアを選択肢する・・・というような作業を繰り返し実行する
必要があるからです。

で、こうなると、ついつい面倒だからと後回しになったり、
確認頻度が下がったりということが発生します。
(ま、自分だけからもしれませんが(笑))

で、何かいいツールは無いかな~~~と探していたわけです。
「お!!」
と思うツールは複数あるのですが、fx-onの場合かつfx-on認証が必要な
ツールの場合は、1本の購入で1口座での使用ということになります。
(後日、他のツールも紹介させていただく予定です。)

自分のように複数の口座に散らばるEAについて使いたいという場合には、
複数本購入する必要があります。
もちろん、費用対効果で必要となれば購入するしかないのですが・・・。

で、少々要望として書いてみたら
(コミュニティには、長々と書いてしまいましたが)、
fx-on認証不要とした上、機能追加までしていただけたツールがあります。

その名も、

損益グラフが一目でわかる!

はい、名は体を表す!!です。
コレ、非常に便利で、多数のEAについて、損益結果をチャート上に
表示するようしています。

本ツールは、myfxbookを使っているけど、面倒・・・とか時間がかかる・・・
という不満を
持っている方に、まずは存在を知ってほしいツールです。

ツールは、使う人によって要望がそれぞれあるので、他のツールの方が
使い勝手が良い、という場合もあると思います。

現に、自分もグリッドトレード用に別のツールも使用しています。
こちらも、とっても便利なのですが、認証の都合上1本で1口座という
縛りが存在します。
ま、それが通常ではありますが。

「損益グラフが一目でわかる!」については、商品ページで詳しく
書かれているので、
それをご覧いただければ、その内容は把握できると思います。

とは言え、自分としても、もう少し紹介したい部分があるので、
それを後日の記事ネタとしたいです。

ちなみに、本ツールの開発者である「しがないあらさー」さんは、
・自動最適化クロスエントリーシステム
・ブレイクスキャルシステム
などのEAでお馴染みですね。

EAや裁量トレードの損益グラフをリアルタイムに表示!運用管理、EAの運用検証に!
損益グラフが一目でわかる!
損益グラフが一目でわかる! | fx-on.com
自分は、2人目の購入者なのですが、3人目以降になるかどうかは
置いておいて、どんなツールなのかを確認してみてください。
御自身がどんなEA管理方法をしていくか・・・ということを再度考える
きっかけになれば良いな、と思っています。

自分の場合ですが、本ツールを使用して継続的に漏れ無く損益状況を
把握し、相場との相性が悪化した可能性がある、ということを
素早く漏れ無く検知したいと考えています。
(myfxbookだと、上記には自分には使いづらいので)

検知した後に、実際にどうするか・・・は、事前に場合分けで対応策を
準備しておく、それに沿って実行するという流れです。
LOTの調整や一時停止、ポジション方向制限(OnlyShort、Long)など。
ここは、まだまだ試行錯誤ネタが詰まっていると認識しています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
またのご訪問を心よりお待ちしております。