Beatrice-07,Beatrice-ADXがバージョンアップ

Tokyo system traderさんの下記EAが
12月7日付けでバージョンアップされました。

・Beatrice-07
・Beatrice-ADX

前回10月30日付けのアップデート後、
バックテスト時に見事な一直線の右肩下がり収益曲線(と言うより直線)
となる現象があり、fx-onへ質問をしていました。
きっと、MT4のバージョンアップによるものだろうという想定もあり、
念の為とデモ口座で稼動させても問題無かったので、リアル口座で
バージョンアップ版を稼動させても良いだろうと思いつつ、
小刻みにMT4がバージョンアップされている状況を懸念し、
それ以前のバージョンを使用していました。

が、やはり10月30日アップデート版を使用したいということで、
今週からEAをアップデート版へ入れ替えていました。
(実際にアップデート版へ巻き替えたのは、Beatrice-07だけで、
Beatrice-ADXについては、保留中です。)
コミュニティをたまたま見ていて、バージョンアップの予定があるのは
認識していたのですが・・・。

そして、先ほどfx-onからのメールが・・・。

なんと、Beatriceのアップデート告知でした(笑)

ま、変更点は週末クローズに関わる部分のみということで、影響は軽微と
考えていたというのはありますが。
それにしても、今日とはねぇ(笑)

fx-onからのアップデート告知メールによれば、変更点は以下のように
なります。
・週末金曜日のポジションクローズ時間を手動で変更できるようになりました。
 FX会社のサーバ停止時間より前に設定することが出来ます。
 ◇デフォルト設定(GMTもしくはサーバ時刻)
 WeekEndCloseTime = 17

自分の環境では、週末決済に関わる不具合は発生していないので、
アップデート版への巻き替えはすぐにはしない予定です。
週末決済にまつわる不具合発生の可能性や懸念がある場合は、
バックテスト等事前確認のうえアップデート版に巻き替えた方が
良いのでしょうね。

個人的に、最大ポジション数をデフォルトから変更して運用しています。
EAの稼動は来週末迄の予定なので、それまで良い結果をもたらしてくれることを
期待しています。
(グリッドトレードのEAは、継続稼動の予定)
そして、来年はさらに安定したトレード結果を期待します。

■Beatriceシリーズの中でイチバン期待が大きいBeatrice-07
CCI、ATR、Accelerator/Deceleratorを使用しトレンドの発生を判断
Beatrice-07
Beatrice-07 | fx-on.com

■Beatriceシリーズの中でテクニカルに関する設定の自由度が大きいBeatrice-ADX
長期運用安全設計ロジック搭載
Beatrice-ADX01
Beatrice-ADX01 | fx-on.com

■Beatriceシリーズの開発者Tokyo system traderさんが手掛けるマーチンEA
 その名もMarina-I
 個人的にマーチンは得意では無いのですが、本EAは気になります
多通貨対応マーチンゲールEA マネーマネジメント機能付き
Marina-I
Marina-I | fx-on.com

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
またのご訪問を心よりお待ちしております。

パラダイスへご案内|Beatrice-ADX01

Beatrice(ベアトリーチェ)とは・・・。

一般的には、イタリア語圏の女性の名前です。
範囲を狭めるならば、『イタリアの詩人ダンテの恋人で、
ダンテが終生の理想とした女性で、「新生」「神曲」
などを創作する原動力となった』、とのことです。

実は、fx-onのサイト上へ6月2日に記事を書いていました。
多くの利益へと案内してくれるのか|Beatrice-ADX01

たまたまfx-onのメルマガをきっかけにEAの存在を知ったけど、
その当時は販売されておらず、インヴァスト証券のシストレ24で稼動させるしか
ありませんでした。
「このEAだけのためにシストレ24を再開するかぁ・・・?」
と悶々としておりました。

そしたら、なんとぉ

・・・

・・

いつの間にか発売されているじゃ~ あーりませんかぁ~。
(チャーリー浜ふうに・・・)
そんなこともあり、記事にしています。

しかぁ~し、その直前にEAを複数購入していたこともあり、
すぐには飛びつけず(笑)
ん~~~、この状況はカワセ係長さんのSCH-Trendsystemの購入が
遅くなったのと似ているぞぉ!!と。

年明け早々、稼動EAを大幅削減したものの、その後再び増加の一途で手に負えなく
なりつつあったので、再び最近になって削減。
リアルもデモもかなり減らしました。
停止したものの中には、再び稼動させるものもあるとは思いますが・・・。

そんなこともあり、再び有望なEAを稼動させることができるようになりました。
もちろん、稼動前にきちんと精査して、その後の対応を検討しないといけません。

Beatrice-ADX01の概要

では、販売ページからEAの概要を見てみましょう。

【通貨ペア】EURUSD

【時間足】30分足(M30)

【運用形態】単利運用
(「単利」を謳うEAは珍しいですね。複利が多いので。個人的に好みです)

【トレードタイプ】スイングトレード

【テクニカル指標など】ADX、CCI

【最大ポジション数】4(任意設定可能)

【両建て】 あり

とっても期待させるEAではありますが、残念ながら、販売ページでも
あまり豊富な情報はありません。

EA開発者のTokyo system traderさんのブログでも、本EAに関する詳細な情報を
得ることはできません。
が、自動売買の一般的なことは為になることが書かれているので、
一度訪問してみることをオススメします。

さて、販売ページの上部で「長期運用安全設計ロジック搭載」
書かれています。
良い印象ですよね、「長期運用安全設計」というのは。

「でも・・・、どのへんが安全設計なの?」と思いますよねぇ。
販売ページは簡素だし、情報が少ない・・・。
探索していると、気になる記述が開発者さんのブログ記事にあります。
もちろん、この記述をもって本EAにAIが組み込まれている!!と声高らかに
言うのは違うのだと思います。
AIというエッセンスをアルゴリズムに盛り込んでいる、というイメージなのだと
個人的には捉えています。

実際、PCなりVPSの処理能力でトレードするわけですからね。

そして、販売ページに掲載されているバックテスト結果を紹介します。
Beatrice_BT

単利ということで、一定のロットなので参考にしやすいです。
収益曲線を掲載していませんが、デコボコしながらも概ね右肩上がりの
イメージです。
ぜひ、御自身の目で確認して下さい。
この半年ほど、デコボコが相対的に大きい印象ですが、収益曲線の角度が
大きくなっており、相場との相性が良いような印象です。

Beatrice-ADX01のEA設定項目

EA設定項目は、以下の通りです。
Beatrice_設定一覧
CCI,ADXについてのパラメータに加え、
トレーリングストップのON/OFFとパラメータ設定が主な項目です。
最大ポジション数も、変更することが可能です。

本EAは、バックテスト結果を目視で確認するかぎり、30分毎に連続して
ポジションを積み増すことが多いです。

Beatrice-ADX01の運用

本EAのコンセプトからして、あまりEA設定を変更するのは好ましくないと
認識していますが、変更可能なようにしてあるということは、
何かしらの意味があるのだと捉えて試してみました(笑)

各パラメータについて、デフォルト設定のあたりでバックテストしてみました。
まやはりCCIやADXのperiodはトレード結果への影響が少なからずあります。
このへん、実際に稼動している場合とバックテストで挙動が変わるという
ことが無いのであれば、慎重に検討したいと考えるくらい影響があります。
(実際の稼動でないと有効でないロジックというか処理というのが
無いのかな?という疑問があります:考えすぎですか?)

どのEAにも言えますが、バックテスト結果は、あくまでも過去であるし、
MT4が提供したテスト環境での結果にすぎないということです。
ロジックを概要でも把握できていれば、より良い判断ができる可能性が
ありますが、残念ながら今回はそれを期待できません。

というわけで、パラメータの「崖」に気をつけて、稼働時の設定を
決めることとします。

はい、まだ運用するブローカーと設定を検討中です。
販売ページの「運用可能会社」欄は空欄であり、ブローカーに依存するような
ロジックは無いのだと仮定して検討します。

で、自分が普段使っているブローカーの中で、短期間のバックテスト結果からは、
外為ファイネストは相性がよろしく無さそうで、

また、最大ポジション数もふってテストしてみましたが、倍の8というのも
場合によってはトライしてもいいかも、と。
(その分、ロットサイズを半減することになりますが)

長期運用安全設計ロジック搭載
Beatrice-ADX01
Beatrice-ADX01 | fx-on.com
※追記:キャンペーン価格の30,858円は6/30迄
7/1より34,800へ変更
判断を慌ててはいけませんが、値上げのタイミングも考慮して
判断のための時間を確保しましょう:購入検討中の方 

本EAは、インヴァスト証券のシストレ24であれば、無料で使用することが
できます。
ただし、スプレッドがMT4で稼動させる場合と比較して広いのと、
EA設定を任意に変更することができないというデメリットはあります。
(TPやSLなどを設定できるようにはなっています)

既にシストレ24の口座を開設している方は、ログインして確認してみて下さい。
EA名称と同じ名前で登録されています。

未だ口座開設していない方は、開設することを検討してみると良いと思います。
スプレッドが広いなど、結果的に運用コストとしては低くないのですが、
EAを購入するという初期コストを必要としないので、短期的に運用するという
場合には、メリットがあります。

また、MT4とは違い、VPSなりPCを使ってMT4を連続稼動させておくという
必要が無いというメリットもあります。
ま、大事なのは使い分けということですね。

かく言う自分自身、場合によっては本EAを稼動させるために、まずは
シストレ24を再使用することも検討しました。
が、やはり長期的に稼動させるであろということで、MT4で稼動させることに
しました。

御自身の状況に応じて、検討のうえ判断して下さい。

ダイブ長くなりましたが、最後までお読みいただき、ありがとうございました。
またのご訪問を心よりお待ちしております。