好調モルボットも要注意 ポンド円スキャルピングの実績を検証

貴重なポンド円のスキャル、しかもロングのみで勝負!!
という2重で貴重な存在です。
しかも、きっちりと稼いでくれています

ちょっと不思議なのが、公式のフォワード結果が
5月以降は横這いを継続していること、です。

自分は、こちらの記事で書いているように、7月初旬以降
外為ファイネストで運用しているのですが、つい最近まで
好調を維持していました。
先週の相場状況には合っていなかったようで、ドローダウンしていますが、
それまでは、文字通り好調に稼いでくれていました。

モルボット結果_0907

以下、8月以降のトレード結果です。
トレード回数:42
勝率:78%
獲得pips:188.9
平均獲得pips:9.66
平均損失pips:14.42
ということで、勝率が命です。

意外なのが、日足で見て下落基調と見える時にポジションをもって
負けてしまうということです。
他の時期では、そういう時でも利益にしている場合があるので、
「どういう相場との相性が悪いのか」が自分にはわかりません。

で、この先、18日の住民投票まではポンドが不安定だという
想定で見ているので、それまではモルボットのLOTを小さく
して様子をみることにします。
状況をみて、再度LOTを現在の大きさくらいに戻す予定です。

ポンド円スキャルでロングのみのモルボット

今思えば、もっと早く検証していたら・・・とタラレバを
言いたくなるEAです。

このEAの存在をfx-onのサイトで4月に知ったのですが、
当時はあまり深く見ることをせず・・・。

最近になって、何気に見てみると、けっこう魅力的な
結果を出しているEAではないだろうか?
ということで、詳細を見てみました。

【通貨ペア】
GBPJPY

【トレードスタイル】
スキャルピング

【使用時間足】
15分足

【最大ポジション数】

【ストップロス】
100

【テイクプロフィット】
100

【ロジック概要】
fx-onでは、以下のように紹介されています。
「ナンピン、マーチンゲール、両建ては行いません。
TPの設定値は100pipです。
SLの設定値は100pipです。
エントリーのクローズは基本的に、
内部ロジックのクローズがメインになります。」

ロジックの中身は、全くわかりません・・・。
が、このEAの最大の特徴は、「ロングのみ!!」という点だと認識しています。
ロングかショートか、どちらかに特化したロジックがあっても不思議は無いと
考えますが、同じGBPJPYでモルボットとしてショートのみというのは無さそう
なので、そこが凄い割り切り方だな、と。

で、春先以降、レンジと上昇トレンドというカンジだったので、
モルボットにとって美味しい時期だったのかな、と。
で、それを逃したのは惜しい!!

ま、相場は逃げないので・・・。
で、ロングのみなんだから、日足でみて押し目となったところで稼働開始と
するのも良いかもしれませんが、そこはあまりこだわらずに稼働開始です。
もちろん、ロットは小さく、5/29-6/30の安値をつないだラインを
下回るあたりで一旦停止というのを検討予定です。

御興味があるようでしたら、一度サイトで確認してみて下さい。

GBPJPY専用スキャルピングEA モルボット
モルボット
モルボット | fx-on.com

ところで、このモルボットですがMT4以外のシステムにも進出を
果たしているようです。
トレーダース証券が5月から「みんなのシストレ」というサービスを
開始しています。
俗にミラートレードなどと呼ばれているシステムになります。

fx-onで販売されているEAも、多数参加しているようです。
あのシロクマさんV1&V3や、最近話題のBandCrossなど。
そして、このモルボットもmolbotとして参加しているようです。

あ、これは推測でしか無いです。
名称や通貨ペアなどから、きっとそうだ!というところです。
そして、これは御縁だな、ということで「みんなのシストレ」でも
モルボット(molbot)君に
稼働してもらっています。
詳しくは、こちらのブログ
記事にしているので、よろしければ訪問してみて下さい。