週末にご注意|トレンディワン・レガートがバージョンアップ

ギリシャ発の激震が続いています。
イヨイヨ、週明けには、
クライマックスが訪れるのでしょうか?
または肩透かしでしょうか?

個人的には、ほぼ全てのEAを停止しており、裁量でも特にユーロ絡みは
ポジションを極力持たぬようにしています。
グリッドトレードで、スワップ重視のEURTRYは持っていますが・・・。

さて、そんな情勢ということもあり、週末にポジションを持つ、
ポジションを持ち越す・・・ということには普段以上に慎重な
対応が必要な状況です。

そんな状況に素早く対応したEAの一つがトレンディワン・レガートです。
元々は、「週末」への対応をするための機能が実装されていませんでしたが、
機能を追加してバージョンアップしてくれました。

fx-onから配信されたメールには、以下のように記載されています。

『翌週にポジションを持ち越さないように、週末で決済したり、
サイン発生を抑止する指定をできるようにしました。』

詳細は、EAに同梱の説明書に記載してくれています。
EA設定項目として、以下について設定することが可能となっています。
・金曜日の(エントリー)サインを抑制するか
・サインを抑制する場合、そのエントリー抑制開始時刻
・エントリー抑制開始時刻での決済をするかどうか

ギリシャ問題くらいの大きな動きが想定される場合、そもそも事前に
稼動停止しているので今回のバージョンアップは恩恵がありませんが、
普段も週をまたぐようなポジションは持たない方が良さそうという
場合には便利で有効な機能だと思います。

機能を使うとして、エントリー抑制時刻をいつにすれば良いのか?
というのが検討対象となりますね。
強制決済については、個別に時刻を設定できるようになっていませんが、
コレは別に設定できる方が良さそうな気がしています。
ま、経験豊富なEA開発者のまさんどさんが決めたEA設定項目なので、
きっと項目を増やすほどの有効性が無いのでしょうね。

時刻については、バックテストで傾向を探りつつ、裁量というか主観も
織り交ぜて決定する予定です。

勝率93.75%、PF 3.26 スイングの安定した実力。
トレンディワン・レガート
トレンディワン・レガート | fx-on.com

7月6日の週は、何曜日から本格的にEAを稼動させられるのかな~、という目で
相場を観察する予定です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ギリシャが一旦の区切りとなっても、中国にもマグマがたまっているように
思えて、気を抜けませんね・・・。
またのご訪問を心よりお待ちしております。

トレンディワン・レガートがバージョンアップ

トレンディワン・レガートがバージョンアップされています。
購入者さんにはfx-onからメールが配信されていると思います。
忘れずにご確認下さい。

バージョンアップ内容としては、「サインをメール送信する機能を追加」
したとのことです。
エントリーなりイグジットでメール配信されるということですね。

個人的には、他のEAでメール配信機能が実装されている場合でも
その機能を使ってはいないのですが、それを望んでいるユーザーさん
には嬉しいバージョンアップだと思います。

個人的には、メール配信機能をすぐに使う予定は無いので、
週末にでもバージョンアップ版に巻き替える予定です。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。
またのご訪問を心よりお待ちしております。

トレンディワン Pro Ver1.21へバージョンアップ

トレンディワン Proが
3月18日付でバージョンアップ
されました。
1.21が最新のバージョンと
なります。

トレンディワンシリーズは、最近人気急上昇中ですねぇ・・・。
レガートに人気が集中しており、次いでコンバインといった
ところでしょうか。
レガートは、フォワードでも好調で、「特別限定価格」になっている
というのがありますかね。

トレンディワンシリーズの作者である「まさんど」さんによれば、
各EAにはそれぞれ特徴が与えられています。
ただし、全てのEAにおいて、最大ポジション数1となっています。

トレンディシリーズの中の3つのEAについて、とっても簡単に言えば
以下のようになります。

レガート:勝率重視で設計
 (TrailingStop幅を小さくして、勝率を高めています)
Pro:長期間の使用に耐えるよう、安定性重視で設計
 (シリーズの中で、もっとも長期間の最適化がうまくいっています。)
コンバイン:収益性と取引数を重視して設計
 (レガート、Pro、トロイカに、カチューシャとスプリングを加えた5個の
  ロジックを融合)

今回のバージョンアップ内容としては、「損切りロジックの改善」と
なっています。
「含み損が大きくなり、所定の条件が成立すると自動で早めに損切る
仕組みをいれ、ドローダウンを減らしました。」とのことです。
バックテストしてみると、取引回数は同じで、損切りが浅くなった
おかげか、確かに最大ドローダウンが小さくなり、利益も大きく
なっています。
同様の考え方をシリーズの他のEAへ適用できるような気が
してしまいますが、現時点ではそのようなアナウンスはありませんね。
Proが今年になって大きな損切りが少なくないということが
あっての対応のようなので、好調な他のEAには必要ないということで
しょうかね。

fx-onに掲載されているフォワードの結果がそれほど良くない
というのがシリーズの中でProの注目度がイマイチの原因であるなら、
それが改善される可能性がありますね。
もちろん、相場との相性というのもあると思いますが。
EURUSD相場の波に上手く乗り、活躍してくれることを期待しています。
2010年から通用する安定したロジック搭載。
トレンディワン Pro  FX自動売買ソフト
トレンディワン Pro  FX自動売買ソフト | fx-on.com

トレンディワンシリーズで1本選ぶとしたら、やはりレガートでしょうか。
勝率93.75%、PF 3.26 スイングの安定した実力。
トレンディワン・レガート
トレンディワン・レガート | fx-on.com

最大ポジ数は1つながら、5つのロジックを融合したコンバインも
比較検討する価値があると思います。
5個のロジックを融合して、小さいドローダウン、高収益、高勝率。
トレンディワン・コンバイン FX自動売買ソフトウェア
トレンディワン・コンバイン FX自動売買ソフトウェア | fx-on.com

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
またのご訪問を心よりお待ちしております。