決済サポートくんPROでカコテン iIchimoku AUDJPYをミライテンへ

カコテンシリーズは、
過去10年のバックテスト
標榜しているだけあり、
その実力が把握しやすい点
ウレシイです。

また、リアル稼働に対しても、配慮されているのが、
これまたウレシイ点です。

・始値でシグナル判定
 確定したデータのみを判定に使用することで
 バックテストと リアル稼働との乖離を生じる要因を
 一つ排除


・30分足で設計

 ブローカーの時差やサマータイムの影響を受けない。
 これにより、バックテストとリアル稼働の乖離要因
 となり得る要因であるサマータイムの問題を
 排除できます。

・強力な エラーリトライ機能を搭載
 エラーの多いブローカーで複数のEAを同時に
 動かしても安定稼働を狙っている。
 ここは、具体的なことがわかりませんが、例えば
 注文が通らなかった場合のリトライなどが
 実装されているのだと推定しています。

ということで、過去10年についてバックテストしていたり、
様々な配慮がされているのは非常にウレシイのですが、
だからと言って必ずしも一定期間における収益が
プラスになるとは限りません。

だからこそ、EA設定でなるべく高収益を得られる
可能性があるものを設定
したり、ドローダウンを
抑えるように設定
したりすることを検討します。
基本はデフォルトが良いのでしょうが、味付け
として考えています。
そう、「素材の味を活かしつつ」を心がけています。

カコテン iIchimoku AUDJPYですが、2015年7月に
最初の記事を作成した時点では、相場との
相性が良くなったらリアル稼働をすべく
デモ口座座で様子を見ることにしていました。

途転というのが個人的には好みでは無いということ
もあり、「裁量決済サポートくんPRO」
(現在の決済サポートくんPRO)で収益改善の
可能性を探ったこともありました。
が、バックテストができないので、
リアル稼働には踏み切れずにいました。

そうこうしているうちに、2016年年明け以降の
ドローダウン、そして正しくV字回復というアップダウン
の激しい収益曲線を公式フォワードで残しています。

このドローダウンは、バックテストからすれば想定内
なのでしょうが、年明けからリアル稼働を開始していた
という場合には、シンドイ状況だったと思います。

もっとも、そのまま稼働していれば、しっかりと
V字回復しているので、ドローダウンが続くというような事は
無かったということになります。

と言いながらも、

「大きな往復ビンタを何度も食らうのはカンベンして欲しいぃ」

ですよね?

この、ポジション両方向で損失となるのは、
厳しいです。
それを何度も往復で貰うのは、本当にカンベンです。

で、それを回避しつつ収益を改善する方法の
一つとしては、ポジション方向をどちらかに制約して
しまうというのがあります。

裁量での読みが当たれば、収益改善の見込みがあります。

が、
「裁量でポジション方向を判断するという自信が無い」
という場合や、そもそも
「ポジション方向を制限したくない」
という場合には、別の方法を検討する必要があります。

その場合の有効な選択肢となりそうなのが、
決済サポートくんPRO
による値動きを根拠とする決済方法の追加です。

決済サポートくんPROを導入した場合も、EA自体の決済は
可能なので、どちらかが決済を判断した時点で当該ポジションが
決済されます。

注意点としては、EA自体がトレール機能を持っていたり、
建値決済をするようなものの場合、思わぬ動作をする
可能性があるので、注意が必要です。

というのを踏まえつつ、
カコテン iIchimoku AUDJPY
に対して
決済サポートくんPRO
導入したら、収益向上が見込めるのか
検証しています。

印象として、途転を繰り返すEAなので、
収益改善余地は十分にあると見ています。

で、改善余地がどの程度のものなのかを知るため、
バックテストをしています。

そのバックテストをするためには、
カコテン iIchimoku AUDJPYのバックテスト結果を
CSVファイルにする必要があります。

具体的に、例として以下に示します。
自分が戸惑った部分もあるので、参考になる
方が一人でもおられるなら、と。

まず、CSVファイルとするのは、MT4が出力した
レポートの以下の部分です。

ここは、通常の方法で選択状態にして、コピー
します。
バックテストデータ部選択

そして、テキストエディタへ貼り付けます。
テキストエディタへ貼り付け

ちなみに、自分はTeraPadというフリーのテキストエディタ
を使用しています。
「置換」ができるものであれば、どんなエディタでも
きっと問題無いと思います。

「置換」メニューを選択します。
置換メニュー

そして、「タブ」を「,」に置換したいので、
TeraPadの場合であれば、以下のように
設定します。
置換

このタブというのを設定するのが自分には
わかりませんでした。
そして、もしかして・・・とやってみたら「ビンゴぉ!!」(笑)

置換されたら、以下の例では項目列を削除します。
ま、コピーする時点で選択しなければ良い話です。
置換後

今回は、
決済サポートくんPROでバックテストをするための準備
についてのお話なので、このへんで。

◆カコテン iIchimoku AUDJPY
 まずは購入云々は横においておいて、EA概要とバックテスト結果や
 フォワードをご覧下さい。
カコテン iIchimoku AUDJPY
カコテン iIchimoku AUDJPY | fx-on.com


◆「決裁サポートくん PRO」で裁量でもEAでも多彩な決裁を
名称から「裁量」というのが無くなっているので、裁量ダケではなく、
EAについてもしっかり対応するというのを打ち出しているようですね。
シストレ、裁量の決済サポート(複数ポジション対応)。5種類の決済モード。他EAとの連携テスト機能。
決済サポートくん PRO | fx-on.com


最後までお読み頂き、ありがとうございました。
またのご訪問を心よりお待ちしております。

稼動開始好機を逃していた|カコテン iIchimoku AUDJPY

長期的稼動が可能であるという
期待をしつつ、やはり稼働開始直後の
収益というのは気になるものです。

「皆さんは如何ですか?」

個人的に、裁量においても、新しく使い始めた
口座について、わりと気になります。
「お、相性イイじゃん!!」みたいな(笑)

実際には、相場環境なり自身のトレード内容に依るものですが。
最初にいくらかでも利益を積み上げることができると、
その後の逆行時にメンタル面で楽です。

自分の例で言えば、空白期間があったFXTF口座へ、昨年夏に入金して
運用を再開しました。
そう、日足が5本になるタイミングです。
この口座は、長期口座、特に豪ドル系(AUDCHF,AUDUSD)
の裁量トレード用に使用しています。

最初に、幾らかの利益を積み上げることが出来たので、
その後に訪れることになる急落時においても、
「含み損以上に利益を獲得しているから・・・」
と精神的に負担にはなりませんでした。

あ、もちろんレバレッジを低くしているからというのが
一番大きい要因だと思います。
これは、MFXZの教えによるものです。

一般的にハイレバの方が儲かるみたいな言われ方をしますが、
レバレッジを低くすることにより、安定して利益を積み上げる
ことができる可能性が非常に大きくなります。
自分は、実際にそのようになってきています。
(継続が肝心)

最近で言えば、デューカスコピージャパン口座です。
開設以降、資金が20%以上増加しています。
もちろん、一時的な話にすることなく、長期的に結果を
残し続けることができるように行動します。

という長い前フリを終え、本題に(笑)

で、せっかく書いた記事が消えるというハプニングがあり、
消失した記事を再度書く時間が取れないので、
機会をあらためて書くことにします。

ま、言いたいことは、
「決済サポートくん PRO」
を使って
カコテン iIchimoku AUDJPY
の収益向上や安定性向上を試みる、ということです。

「決済サポートくん PRO」のバージョンアップにより、
対象とするEAのバックテスト結果を取り込んで、
「裁決済サポートくん PRO」が決済に関与した場合の
バックテストを実行できるようになったのです。

ただ、その実現方法による限界もあるだろう、というところで、
バックテストとリアル稼動とで結果に乖離が発生する要因が
あることを認識しておくべきと個人的には考えています。

で、カコテン iIchimoku AUDJPYのバックテスト結果を
「決済サポートくん PRO」が取り込める形に
変換しないといけないのですが、そこで手間取っています。

また、状況に進展があった時点で紹介させていただく予定です。


◆カコテン iIchimoku AUDJPY

 まずは購入云々は横においておいて、EA概要とバックテスト結果や
 フォワードをご覧下さい。
カコテン iIchimoku AUDJPY
カコテン iIchimoku AUDJPY | fx-on.com


◆カコテン iOsMA (type DI) EURAUD
 実は、カコテンシリーズの中でも、このiOsMA (type DI) EURAUD
 の方がお気に入りという面もあります。
過去10年分をテストしました!安定した運用を求める貴方に。
カコテン iOsMA (type DI) EURAUD | fx-on.com


◆「決裁サポートくん PRO」で裁量でもEAでも多彩な決裁を
名称から「裁量」というのが無くなっているので、裁量ダケではなく、
EAについてもしっかり対応するというのを打ち出しているようですね。
シストレ、裁量の決済サポート(複数ポジション対応)。5種類の決済モード。他EAとの連携テスト機能。
決済サポートくん PRO | fx-on.com


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
またのご訪問を心よりお待ちしております。

カコテン iIchimoku AUDJPYがV1.20へバージョンアップ

カコテン iIchimoku AUDJPYが
2月8日付けでバージョンアップされましたね。
最新版はV1.20となるようです。

ちなみに、EAのexファイル名には
バージョンの情報が付与されていません。

さて、今回のバージョンアップ内容ですが、
トレーリングストップの追加
が実施されています。

カコテンシリーズは、過去10年間のバックテストを実施している
ということで、短期間だけしか優位性が無いという寿命が短い
EAではありません。
当然、常に一定の収益をあげてくれるというものでもありませんが。

もっとも、その短期間に爆発的に利益を蓄積し、その寿命が
終わったことを明確に分かる「お知らせ」があれば、
それもまた「稼動させたいEA」ということになると個人的には
考えています。
ま、なかなかそういったEAにはお目にかかれませんが・・・。

さて、開発者さんのnekonote@さんによれば、ご本人は
あまりトレーリングストップ機能に前向きでは無いようです。
ご本人のブログ記事で、そのような印象を受けました。

個人的には、本EAは途転を繰り返すトレードとなっており、
決済をうまいことできれば、更なる収益向上になるのになぁ
という感触を持っています。
それをどのように実現するかが難しところですが。

仮に、あくまでもテクニカルに依る判断をするとするならば、
より時間足の短いテクニカルでポジション方向のトレンド
終焉を察知して決済というのも選択肢となりそうです。

そんな話は置いておいて・・・。
せっかくのバージョンアップによる機能追加なので、使用する
方向で検討してみましょう。
実は、個人的にはyumokinさんの裁量補助ツールを使用する方向で
考えていました。

その名も、
「裁量決済サポートくん PRO」
です。
これは、インジケーターとして販売されているのですが、
裁量、EA問わず、保有しているポジションをブレイクイーブンで
決済してくれるというものです。
方針としては良いと考えているのですが、この方法には小さくない問題があります。

「何だと思いますか??」

それはですねぇ・・・

・・・

・・

バックテストができないことです・・・。

ざぁんねぇ~ん・・・。

デモ口座で試していたのですが、残念ながら上記についてどう対応するかを
決めかねていました。
Forex.comで一定条件を満たすと無料で使えるVPS(EAホスティングサービス)
環境を使用していたのですが、それの調子がどうしようもなくなり、稼動EAを
一気に削減しました。
その対象に含めたので、検証はそこで中断していました。

そんな背景が個人的にあったので、個人的には、
いぇ~~~い
という感じでした、今回のバージョンアップは。

トレーリングストップの収益への効果

開発者さんであるnekonoteさんのブログによれば、
「トレーリングストップにはリスクリワードレシオ(損益比率)を
悪化させる性質もあります」

ということで、御自身は動作確認用のみで使用している機能ということに
なるようです。

たしかに、トレーリングストップは、諸手を上げて喜べる機能では無い
という認識を自分も持っています。
自分で作ったEAでも、販売されているEAでも、使いこなすのは難しい機能
だと経験踏まえて考えています。
ということで、慎重な判断が必要だという前提でバックテストを実施しました。

外為ファイネストで、2015年初頭から最近までの期間にてテストをしました。
モデリング品質が良くないのですが、参考までに最適化結果の表を掲載します。
kako10AUDJPYトレーリング最適化

実は・・・グラフを掲載したかったのですが、ハードコピーを撮り忘れたので、
数字だけでご勘弁を・・・。
ま、言いたいことは、収益で見ると、Trailing Stop=35がベストで、
40と30が其れに続く結果となっており、グラフだと山形になっている
ということもあり、機能を使用することのメリットはありそうだと
いうことです。
(訳がわからないということにはならなそう、ということで)
ドローダウンもTrailing Stop=35で最小です。
ただ、モデル品質は90%ではありませんが。

また、トレールを使用しないデフォルト設定での結果が芳しくないので、
少々疑問が残ります・・・。
やはり、デフォルト設定との比較をきちんとしないといけませんからねぇ。

ということで、
継続審議!!
です。
なので、リアル稼動は保留中です。

★下記リンクでEA概要やフォワードを確認してみて下さい。
過去10年分をテストしました!安定した運用を求める貴方に。
カコテン iIchimoku AUDJPY
カコテン iIchimoku AUDJPY | fx-on.com

最後までお読み頂き、ありがとうございました。
年明け以降、個人的に裁量トレードの調子が良好です。
より一層、FX MISSION ZEROの習得と実践に励みます。
またのご訪問を心よりお待ちしております。