つみたてNISAで自分年金|NISAやiDecCoと比較

FXで積極的に利益を獲得しつつも、
より安定した利益を狙って『自分年金』
として投資を継続しています。

以下の方法にて、自分年金としての投資/運用を
継続しています。
・積立FX
・投資信託の積立て

積立FXというのは、SBI FXが提供しているサービスです。
毎月一定の積立額
・毎月(月に1回)
・毎週(週に1回)
・毎日(毎営業日)
という指定した周期で外貨を購入していく、
というものです。

一見、自分で操作してもできそうなものではありますが、
例えば毎日少額の外貨を購入しようとしても、
最低取引量が1,000通貨だとすると、月で考えると
結構小さくない(大きな)額になってしまいます。

毎週、毎月という周期ならそんなことはありませんが。

いずれにせよ、
・小さな額での投資が可能
・最初に設定してしまえば、後は手間なし
という大きなメリットがあります。

そして、気づくと資産が構築できている、ということになります。

一方の投資信託の積立てですが、
・鎌倉投信の「結い2101」
・レオス・キャピタルワークスの「ひふみプラス」
で積み立てていました。

「いました」と過去形になっているのは、この2017年12月に
入ってから解約をしたからです。

なぜ、今このタイミングで解約したと思いますか?

はい、そうです。
2018年1月から開始される『つみたてNISA』にて
運用を開始するからです。

『運用益が非課税』になるというメリットがあるので、
わざわざ普通に投資信託を積み立てるのは賢くない
という判断です。

もちろん、つみたてNISAという制度に縛られたくない
という場合には、その限りでは無いと考えます。

そして、この際なので、比較をするために積立FXも2017年末までに
一旦売却をして、2018年1月から再開することにしています。
その過程とし、既に米ドル、豪ドルは売却済みです。
トルコリラも年内のうちに売却します。
(米ドル、豪ドルはしっかりと利益になっており、
TRYJPYは小さな損失となる見込みですが、
全体としてしっかりと利益になる見込みです)

2015年12月のサービスインから積み立てを開始し、
初めての決済を開始する直前の状況はこのように
なっていました。

期間としては丁度2年間、累計の入金額35万円、
(入金額は積立額とは異なります:近いですが)
この時点での含み益合計約2万5千円です。
単純に最初から35万円入金していて、それに対する
利益を利回りとするなら
年間約3.57%の利回り
となります。

実際には積立て額を増額しているので単純では
ないのですが、仮にずっと一定額を積み立てていた
とするならば
年間約7.14%の利回り
となります。

ま、かなり乱暴な計算なので、小数第2位まで表示する
意味は無いのですが、イメージとして出してみました。

直近、トルトリラや豪ドルが低迷しているので、
上記の結果ですが、両通過が上昇していた時期に
算出すればまた違った結果になった、ということになります。

もちろん、もっと両通貨が下落していれば、上記よりも
小さな利回りとなったのですが。

いずれにせよ、手間なく投資をしていた割には
悪くない結果であったと捉えています。
(口座に入金している金額が拘束されているので投資元本と
考えると、積み立て金額分毎月入金することにすれば、
利回りとして考えた時には良い数字となります。
管理人は、数ヶ月に1度、積み立て金額分と含み損に備えた
金額が口座にあるように入金していました。
自動引落ししてくれると、楽なのですが)

ということで、2018年以降に『つみたてNISA』と積立FXの
運用結果を比較しながら紹介していく予定です。
税金も考慮しての比較が必要ですので、その時点で売却した場合、
ということを想定しての比較というのをしていくつもりです。

さて、税金(節税)のことも踏まえて『つみたてNISA』を
選択したのですが、税金(節税)のメリットがある投資法(制度)は
他にもあります。

『NISA』(少額投資非課税制度)
『iDeco』(個人型確定拠出年金)

管理人自身は、制度としてイマイチと捉えていたNISA
口座開設もせずにスル~しています。
iDecoは会社員時代から継続しています。

では、『つみたてNISA』、『NISA』、『iDeCo』
の3者をいくつかの切り口で比較をしていきましょう。

最低いくらから始められるのか

いくらメリットがあっても、自分が投資できる額以上
の投資額でないと投資できないというのでは話になりません。

3者の最低最低投資額を比較してみましょう。

※出典:SBI証券WEB

3者とも問題ない最低投資額ですよね?
ま、できればiDeCoが1,000円以上というレベルだと尚可と
いったところでしょうか。

なるべく早く、少額からでも投資できるように、と考えるなら、
節税というメリットがイチバン大きいiDeCoの敷居がもっと低いと
裾野が広がるかな、と考えるので。

1年間に投資可能な最大金額はいくらか?

税金(節税)のメリットがあるということもあり、最大投資額
というのが設定されています。
ま、それはそうですよね。

※出典:SBI証券WEB
※加入者の職業等により最大投資額が決まります。

注意が必要なのは期間です。
つみたてNISAやNISAは、最長「運用可能期間」
それぞれ20年(つみたてNISA)、5年(NISA)ですが、
iDeCoは60歳までという「年令」で設定されていることです。

選択可能な投資対象はどのなものがあるか?

実は制度毎に投資可能な対象が異なります。

※出典:SBI証券WEB

『つみたてNISA』「長期運用に適した投資信託を国が
厳選しているので、利用者にとっては選びやすい
とされています。
但し、投資信託に限られます
個人的には、海外の成長の旨味を享受できる投資信託
を数多く選択可能として欲しいです。

『NISA』は、日本株・外国株・投資信託など広範囲
対象から選択することが可能です。

『iDeCo』は投資信託、預金、保険など広範囲の投資対象から
選択することが可能です。
預金もあるというのが、何ともビミョウに感じてしまいますが。

そして、それぞれの制度用に開設する口座(証券会社)
によっても選択肢が異なるので開設時には注意が必要です。

個人的には、iDeco口座の選択は慎重にすべきという
印象です。
(自身の口座は会社員時代の流れで決めてしまいましたが・・・)
それは、手数料や選択肢についての優劣が小さくないからです。

資金の出金自由度は?

いくら賢い運用をしても、節税というメリットがあったにしても、
自由に出金できないのでは困ることになります。
ということで、出金(引き出し)の自由度を比較してみましょう。

※出典:SBI証券WEB

『つみたてNISA』『NISA』はいつでも出金可能ですが、
iDeCoは60歳まで原則不可となっているので要注意です。

管理人自身としては、『NISA』に総合的なメリットが
それほど大きくないと捉えていたということもあり、
NISAは使わずiDeCoを上限額まで活用していました。

そして、2018年1月から『つみたてNISA』が開始されるという
ことがあり、しっかりと活用することを決めました。

その準備として、上で書いたように積み立てていた
『ひふみプラス』、『結い2102』を解約した、という
流れです。

そして、比較として積立FX一旦リセットすべく
2017年のうちに全て一旦売却するという運びです。

来る2018年1月からは
『つみたてNISA』
『積立FX』
開始、再開します。

途中経過について、比較して紹介する予定です。

なお、『つみたてNISA』についてはSBI証券の口座を選択
しました。
既に開設手続きは完了し、SBI証券から税務署に対しての
手続き中です。

『積立FX』は、口座としては既に活用しているので、
手続きはありません。
未だ残っているトルコリラのポジションを年内に決済し、
改めて2018年1月から積み立てを開始する予定です。

積立FXの設定内容検討の概要について、動画を撮ってみました。
簡単な内容ですが、SBIFXの積立FXにおける購入設定方法についても
紹介をしています。
お時間あれば、ご覧下さい。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
またのご訪問を心よりお待ちしております。

WealthNavi ロボアド運用 3つのステップ|ロボアド探訪の旅

ロボアド運用を開始するにあたり、
ロボアドの運用アルゴリズムを理解する
ために調査を進めており、
その内容をシェアしています。

前回、前々回の記事に続き、今回も
「WealthNaviの運用アルゴリズム」(WhitePaper)
というPDFファイルを参照して進めます。
(WhitePaperの内容を抜粋しつつ紹介します)

前回はWealthNaviの6つの特徴を紹介しましたが、
今回は、3つの運用ステップについて理解を進めます。

WealthNaviのロボアド運用 3つのSTEP

では、WealthNaviの3つの運用ステップを見て行きましょう。
これにより、「資産運用の合理的なプロセス」
実現しているようです。

WealthNaviのロボアド運用
3つのSTEP
Step 1.
資産配分(アセット・アロケーション)の決定
Step 2.
各資産クラスに対応する投資対象の選定と購入
Step 3.
ポートフォリオのモニタリングとリバランス

Step 1.資産配分(アセット・アロケーション)の決定
『資産の安定的な成長を目指すには、分散投資
(ポートフォリオ運用)による安定性効率性
考慮した運用が不可欠です。
また、保有銘柄を1つずつバラバラに考えるのではなく、
ポートフォリオ全体のバランスが重要になります。
「米国債券」「新興国株」のような大まかな
資産の分類(資産クラス)ごとに、リスク・リターン特性
相関関係などを考慮して具体的な配分比率を決めることが
第一歩であり、運用の成果を左右する非常に
重要なステップです。』

はい、これは文言としては良く目にしたり聞いたりする
内容ですね。

資産を安定して成長させるには、分散投資(ポートフォリオ運用)
が必要不可欠である、と。
卵を同じ籠に盛るな、とか言われたりします。

ま、籠を分けるのも手だけど、そもそも籠以外のものは
無いのか?とか盛るタイミングを分けるとかあるよね、
という気がしています。
で、そういう発想で・・・と書くと脱線するので先に進めます(笑)

あと、ポイントとなるのは、資産の分類(資産クラス)として
どのように分けるかという話と配分の比率が重要です。

ここは、ロボアドによって差が出る部分ですね。
ユーザー(運用者)によってリスク許容度が異なるわけで、
それによってどのように設定するか、という部分で、
例えばリスク許容度の分類が何段階あるか、資産の分類(資産クラス)
をどのようにしているか、選択肢としての投資対象が
何種類あるか、そもそもどんな投資対象か、と見て行くと、
ロボアド間で差が出ると思います。

Step 2.各資産クラスに対応する投資対象銘柄の選定と購入
『それぞれの資産クラスに対して、具体的に
どのような銘柄(金融商品)に投資するかによって、
結果的に得られる損益に差が生じます。
運用期間中に償還されてしまうリスクがないか、
流動性は十分か、コストが低廉かなど幅広い観点
から最良の銘柄を選定することが重要です。』

ここは、単純に投資対象としての選択肢をどれくらい持つか、
どのように抽出しておくか、ということですね。

ユーザー/運用者の利益を最優先するということであれば、
関連会社が運用するものを優先したり、運用会社から
何かしらの形で手数料的なものを受け取っていたりすると、
投資対象の選択肢を選ぶ時点で「曇っている」ことになります。

そういう点で行けば、WealthNavi「フェアな投資対象銘柄の選定」
を謳い、「国内外の運用会社から手数料や広告料など
一切受け取らないことで独立性を保ち、お客様の利益を
最優先とする立場から投資推奨を行います」としているので
安心感があります。

こういう視点で、他のロボアドについても確認していきます。
ま、問題になるようなものは無いと期待してはいますが。

Step 3.ポートフォリオのモニタリングとリバランス

『運用開始時にStep 1 で決めた資産配分を実現したとしても、
銘柄ごとに値動きが異なるため、時間の経過とともに資産配分が
変化し、リスクが過大もしくは過小になるなど
ポートフォリオのバランスが崩れてしまいます。
そのような状況を放置せずにポートフォリオを最適な配分に
戻す「リバランス」が重要となってきます。
分配金の再投資も適切に行うことで複利効果を最大限に生
かすことができます。
さらに税負担を考慮して適切な対応を行うことで、
投資効率をさらに改善できる可能性もあります。』

ここでは、大きくは2つのポイントがあります。
一つ目「リバランス」です。
これもよく言われる話ですよね。

ポートフォリオは、最初に設定した状態から
時間の経過とともに乖離してくるものです。
なので、それを一定周期(半年など)でバランスを修正する
リバランスを行う必要がある、という事です。

で、このリバランスをロボアドに任せておけば
自動でやってくれるというものです。

これを自分で実行しようとすると、半年など一定の期間毎に
資産状況を確認して、リバランスの要否確認をして、
必要となれば、どのようにするのか検討して実際の
売買指示をする必要があります。

正直、綿密なポートフォリオ運用を投資信託で実行したことは
無いのですが、手間暇かかることは容易に想像できます。
なので、ロボアド運用でお任せできるというのは
自分自身の貴重な時間を投入する必要が無いという点で
有益であると考えています。

2つ目「税負担を考慮して適切な対応」を自動で
実行してくれる点です。

もちろん、脱税になるようなことではありません(笑)
DeTAXと言われるもので、「ポートフォリオを維持したまま、
税金が最小化されるよう自動的に売買します」
というものです。

ある年に利益を出しているのであれば、含み損がある銘柄を一旦
売却して損益を確定し、当該年の確定した利益を
圧縮するというものですね。
それにより、正当な方法で収める税金を圧縮する、
ということです。

ま、これもFXなり株式なり投資信託なり、自分で投資をしていると
年末になってからポジションを調整したりするので、
それをロボアドが自動で実行してくれる、というものです。

いや~ 自動はサイコーっ!!

自分の時間を有効に使えます。

ということで、今回は
「WealthNavi ロボアド運用 3つのステップ|ロボアド探訪の旅」
と題してロボアド運用の3つのステップについて見てきました。

よく聞く話が多かったと思いますが、実際に自分で実行するには
手間暇かかる内容でした。

そして、それをロボアドが自動でやってくれるので、
自分の時間を有効に使えるというメリットを再確認できました。

そんなロボアド投信の雄、WealthNaviではキャンペーンを実施中のようです。
「2017/8/1(火)〜 2017/8/31(木)の期間中に
新規で資産運用を開始」し、
「資産運用開始~2017/10/31 19:59:59 に、入出金額の
合計(※2)が30万円を1度も下回らない」
ことが条件となっています。

自分の場合、上記期間には間に合うと思うので、
入出金だけ気を付ければ条件を満たすかな、と(笑)
開設することを決めているのであれば、なるべく早めに
無料口座開設申請をしておいた方がいいですね。
今回の自分のように、簡易書留を受け取るのに日数を
要する例もあるので(自分の都合ですが)
WealthNavi

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
またのご訪問を心よりお待ちしております。

WealthNavi 6つの特徴|ロボアド探訪の旅

ロボットアドバイザーによる運用
を開始するにあたり、ロボアドが
どのような運用をするのかを
可能な限り具体的に、詳細に
把握しようと調査しています。

そう、
「運用アルゴリズムを知りたい」
と考えています。

もちろん、時間の制約はありますが、可能な範囲で
調査をしています。

これは、FX自動売買におけるEAと同じですね。
公開されている情報を集め、それにまつわる知識/情報も
得つつ理解していく、ということになります。

さて、WealthNaviについては、WEBサイトから得られる情報
以外にも貴重な情報がありました。

前回の記事でも紹介した、
「WealthNaviの資産運用アルゴリズム(WhitePaper)」
というPDFファイルは一読すべきものだと考えています。

昨日、そのファイルをダウンロードできるメニューを紹介
したのですが、後から「裏メニュー」状態になっている(笑)
ことに気づきました。

てっきり、口座開設してログインするようになったので
メニューが出るようになったのかと勘違いしていました。

で、そのメニューに辿り着く手順を紹介しましょう。

はい、単純にアドレスを確認っ!!です。

というのも、WEBサイト内を巡回していると、家のマークをした「ホーム」
メニューとか、その上のWEALTHNAVI(なぜか全て大文字)をクリックしても
アドレスに[/service」が追加されていて、目的のページに
ジャンプしてくれません。

ちなみに、下のバナーをクリックして、そのまま画面を下に
スクロールすれば、目的にメニューが表示されます。WealthNavi

ということで、袋小路に入ったと思ったら、アドレスを確認して
余分な部分を削除しましょう。

で、本来のトップページに行ったら、一番下にスクロールすると
「WealthNaviの資産運用アルゴリズム(WhitePaper)」
というメニューがあります。
それをクリックすると、PDFファイルをダウンロードしてくれます。

ということで、今回の本題に進みましょう。

WealthNavi(ウェルスナビ) 6つの特徴

WealthNaviの資産運用アルゴリズムに書かれている内容の
一部抜粋という形で紹介します。

WealthNavi 6つの特徴
1.お客様ごとに自動メンテナンス
2.フェアな投資対象銘柄の選定
3.最適ポートフォリオ
4.国際分散投資
5.米ドル建て
6.インデックス運用(パッシブ運用)

では、内容を見て行きましょう

1.お客様ごとに自動メンテナンス
『お客様のリスク許容度に応じた最適ポートフォリオをご提供し、
運用期間中もお客様ごとに個別にポートフォリオをモニタリングし、
適切なメンテナンス(リバランス等)を自動的に行います。』

我々ユーザー毎のリスク許容度に応じた最適な
ポートフォリオを提案してくれるのはもちろん、
運用期間中も個別にポートフォリオの状態を
確認してリバランスなどを「自動的」に行う
ということです。

ま、ここはロボットアドバイザー運用においては
どこでも言われている内容(文言)ですね。

個人的には、実際に最適ポートフォリオであるということを
ユーザー(運用者)が理解・納得できているかどうか、
ということが重要だと考えています。

実際の運用は、各ETFにて実行しているわけで、ロボアドは
それらをユーザー(運用者)に応じてポートフォリオを
設定して、ETFを選択(銘柄、割合)しているわけです。

もちろん、ロボアドのアドバイスへの納得感が低かったり
自分で設定したいと考えるならば、リスク許容度を自分で調整
したりすることができます。

このへんは、実際の運用開始時、および運用中に
紹介していく予定です。

2.フェアな投資対象銘柄の選定
『WealthNavi は国内外の運用会社から手数料や広告料など
一切受け取らないことで独立性を保ち、お客様の利益を
最優先とする立場から投資推奨を行います。
具体的には、米国に上場されている全てのETF(上場投資信託)
銘柄の中から、客観的な基準により投資対象銘柄を
選定しています。』

ユーザー(運用者)のためのアドバイスをするにあたり、
運用会社から手数料をもらっていると、そこにユーザーの
ためにはならないチカラが働く可能性が出てくる、
というのを回避するために、手数料なり広告料的な
ものを受け取っていません、ということですね。

ま、ここは証券会社なり銀行「オススメ」してくる
投資信託は、手数料が低くないものが多いので、
必ずしもユーザーの利益にはつながらない・・・
という現状へのアンチテーゼからも来ているのでしょうかね。

3.最適ポートフォリオ
『値動きの異なる複数の銘柄を組み合わせる「分散投資」により、
銘柄ごとの損益の一部が相殺されることでリスクを低減できます。
銘柄を組み合わせる比率によって分散投資の効果は様々ですが、
WealthNavi では最適化計算により、リスクの量が同じとなる
ポートフォリオの中で最も高いリターンが期待できる
『最適ポートフォリオ』を構築することで効率的な
リターン獲得を狙います。』

ここは本当に難しい話で、抽象度の高い話としては最適解という
ようなものがあるとしても、具体的にどう組み合わせるか、
というのは「さじ加減」があるものと認識しています。

そして、それがロボアドの腕の見せ所なのかな、と。
(さじ加減を追い求めすぎると、違う味を求めることにも
つながり、本来求めていたはずのものと乖離してしまう
面があると考えています)

いくつかのロボアドを横並びで比較したいところですが、
設定/分類するリスク許容度なり求める運用利回りで
異なるものになるので、比較自体が困難です。

それを承知で、複数のロボアドだけでなく、トライオートETFや
積立FXでの運用状況を比較していきたいと考えています。

それにしても、このポートフォリオ運用のFX版が商品として
あると良いな~と思っています。

スキャル、デイトレ、スイングなどの手法、そして
トレードする通貨を分散し、安定した利益の積み上げを図る、と。

既存のEAなりサービスを活用することで、狙った運用方法に
近いことができるのですが、運用コストが大きいな、と。

4.国際分散投資
『投資対象を日本に限定せず世界に広げることで、
世界中の様々な国の経済成長の恩恵をポートフォリオに
取り込みます。
また、分散効果を高めることにより、リスクを低減
させて効率的なリターン獲得を狙います』

国際分散投資は、よく聞くワードですね。
基本的には、一定のバランスで運用していくという
ことになります。
設定したバランスから乖離したらリバランスして
バランスを戻します。

積立の場合であれば、新規で積立てする時点で
リバランスする方向に調整して購入するという
対応もできますし、そのようにするようです。

5.米ドル建て
『長期の国際分散投資においては、基軸通貨である
米ドル建てで資産を効率的に増やすことが重要
であるとの考えに基づき、資産配分の最適化は
ドル建てで行っています。
また、為替ヘッジは行っていません。』

「基軸通貨である米ドル建て」「為替ヘッジを
行わない」というのがミソだと認識しています。

何だかんだと言われながらも、まだ米ドルに代わる
通貨はしばらく出てこないでしょう。
ま、10年経ってどうなっているかわかりませんけど。

為替ヘッジを行わないというのは個人的にとっても
良いと考えています。
余計なヘッジコストを要しないというのもありますけど、
やはりこの先は円安方向だという見方をしているので、
米ドル建てというのは、結果的に「さらにプラス」
の運用結果になると見込んでいます。
(日本円建てで見た場合)

6.インデックス運用(パッシブ運用)
『各市場の平均的な動きに追随することを目指す
(パッシブ型インデックスを参照する)
低コストのETF を投資対象とします。』

ちょっと表現が分かりにくいですが、
パッシブインデックス型運用ETF投資対象とする、
という理解をしています。

アクティブ運用の投資信託よりも、結果的に
パッシブ運用のインデックス型の投資信託の方が
運用結果が良いというのは、今や当たり前の話に
なっていますよね。

もちろん、良い運用結果を残すアクティブ型の
投資信託もありますが。

安定性流動性低コストなどを勘案すると、
現状ではインデックス運用のETFという選択になる、
という理解をしています。

ということで、今回は
「WealthNavi 6つの特徴|ロボアド探訪の旅」
と題してWealthNaviのWhitePaperから
6つの特徴を紹介しました。

この後も、WealthNaviの資産運用アルゴリズムについて
調査したものをシェアしていきます。

その中で、ロボアド運用についての理解を深めて
行きたいと考えています。

ロボアド運用するために、まずはWealthNaviの口座を
開設しようとしています。

先週の金曜日にWEBで開設申請をしたら、
週明け月曜日には簡易書留を発送したとメールがありました。
そして、不在で受け取れなかったとなると、
その由をメールで連絡してくれて、不在票を確認するように、
と促されました。
残念ながら、再配達対応時間に在宅できなかったので、
本日木曜日の受け取りとなりました。

ということで、証券会社などと異なり、圧倒的にスピード感が
ありますが、郵便物の受け取りには日数を要します
なので、ロボアド運用に興味があるのであれば、
口座開設は無料なので、時間を見つけてサクッと
開設申請しておくのが良いと考えています。
ま、1分の無料診断に続き、住所などお決まりの
情報を入力するだけなので、短時間で簡単に開設申請が完了します。
WealthNavi

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
少しでも参考になる部分があれば幸いです。
個人的には、やっと本日この後にWealthNaviからの
簡易書留を受け取ることになっているので、
ロボアド運用開始に近づきます。
またのご訪問を心よりお待ちしております!!