MT4を稼働させる自宅PCにセキュリティーソフトは必要か?

MT4のEAを使った自動売買には
VPSが必要です。
PCを連続稼動させることでも
対応可能ですが。

自分の場合、VPSと自宅(事務所)PCを
併用しています。
自宅PCは、グリッドトレードEAとデモ口座でのEAを
稼働させています。

1時期はVPSを3つくらい契約していたりしましたが、
稼働するEAを整理したということもあり、
VPS1契約
自宅ノートPC1台
で稼働させています。

で、訪問者さんから質問をいただきましたので、
自分の状況を紹介します。
(質問をしてくださったYさん、ありがとうございますっ!!)

「自宅で使用するPCにセキュリティーソフトは必要なのか??」

状況として、当該PCはMT4専用ということがあります。

自分の場合は、ノートPCにもセキュリティソフトを入れています
無料で使えるものですが。

PCであれば、VPSよりもCPUなりメモリーのリソースに余裕があるので、
安全性を優先して入れています。

他に、実際に自宅PCでMT4を稼働させている方はどうでしょうか?

あくまでも自分の例として、紹介させていただきました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
またのご訪問を心よりお待ちしております。

MB-TradingSystemバージョンアップと今後の運用

MB-TradingSystemが3月3日付けで
バージョンアップされています。
あ、ひな祭りの日でしたねぇ~。

変更内容は、fx-on配信のメールによれば、
・SETファイル変更
・注文処理変更
となっています。

SETファイルは、各通貨ペア毎に用意されているのですが、
目視確認の範囲では
Max_Spread
のデフォルト値が変更されているだけでした。

今回は、USDJPYのみですがリアル口座で運用している
結果の紹介と、今後の運用について検討している内容の
紹介です。

MB-TradingSystem リアル口座運用結果

以前(発売から間もないころでしたかね)、
USDJPY
EURUSD
を稼働させ、諸般の事情で運用を中断したという経緯
があります。

今回は、今一度じっくり検討しながらリアル稼働する
通貨ペアを検討しています。

まずは、EAのトレードっぷりを確認するという意味で、
今の相場と相性が良い通貨ペアとしてUSDJPYを
選択して稼働させています。

下図は、MT4のチャート上で損益曲線を表示させる
ことができる「損益グラフがひと目でわかる」
を表示させたものです。
「ブレイクスキャル」でおなじみ、「しがないあらさー」さん
によるツールです。


EAや裁量トレードの損益グラフをリアルタイムに表示!運用管理、EAの運用検証に!
損益グラフが一目でわかる!
損益グラフが一目でわかる! | fx-on.com

2月22日からの結果なので、文字通り短期間ですが、今のところ
順調ですね。
ま、ロットは小さいのですけど(笑)

今後、MB-TradingSystemに割り振る資金を決め、
稼働させる通貨ペアLOT配分を決めることにしています。

はい、今後もリアル口座での稼働継続です!!

MB-TradingSystem 今後の運用について

5通貨ペア対応のEAですし、稼働させる価値があるなら
多数の通貨ペアで稼働させようと考えています。

USDJPYは、相場との相性が「ハッキリ」しているように見える
(fx-onフォワード結果での話)
ので、時期により停止するという判断をすることにしているので、
停止/再稼働の判断基準を具体的に数値で決めます。

今回は、バックテストの結果ではなく、fx-onフォワードの結果
使って検討を進めます。

で、fx-onフォワードは5通貨ペアすべての結果を合計して
表示されているので、それを通貨ペア毎に分離しないといけません。

ということで、フォワード結果をCSVでダウンロードして、
各通貨ペア毎に分けました。

また、途中からLOTサイズが変更(0.1⇒0.5LOT)されているので、
0.1ロットに換算してあります。

きっと購入者さんはご自分で何かしらの方法で通貨ペア毎の
確認をされているかと思いますが、未だ購入されていない方で
あまり突っ込んで検討していない方はご存じない内容かと
思うので、参考ということでご覧いただければ幸いです。

まずは、5通貨ペア合計です。
横軸がトレード回数縦軸が損益累計(円)です。
約26ヶ月に及ぶフォワード結果ですね。

次に各通貨ペア毎に表示したものです。
横軸と縦軸は上と同じ内容です。
目盛の間隔を揃えてあります。
横軸:50(回)
縦軸:10,000(円)



 

このグラフを見ると、EURUSDの曲線が素晴らしいですね!!

以前、ポジションを持ってすぐに決済されてしまう場合がある、
(もちろん、頻発しているわけではないですが)
ということなどあって、稼働するEAの見直しタイミングで稼働を
中断した(と記憶している)のですが、すぐに決済されて
しまう場合がある件は対策されているようですし、
腰を据えて付き合えるものと期待しています。
fx-onによる2年間運用で安定収益を実証済み!!!
MB-TradingSystem
MB-TradingSystem | fx-on.com

 

ということで、今後の検討の途中経過を紹介しました。
また進捗がある時点で紹介したいと考えています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
またのご訪問を心よりお待ちしております。

デューカスコピージャパンのセミナー JForexを使いこなす

デューカスコピージャパンのセミナーに
参加させていただきました。
(2016年11月16日)

講師は、アセンダント山中康司さんです。
個人的には、山中さんと言えばMT4という
印象があるのですが、自動売買用ツールに
限らず、取引ツールにとっても精通して
おられるようです。

当日は、デューカスコピージャパン代表取締役社長田代さん
からのご挨拶、JForexの紹介、
代表取締役副社長ヴァグラム・サヤドフさんからの挨拶が
あった後、山中さんによるセミナーがあった後、
「お楽しみタイム」と続きました。

山中さんのセミナーは、
「勝者になるための新たな方法」
と題して行われました。

山中さんのセミナーは、WEBではいくつも視聴していたのですが、
実体験するのは初めてだったので、とっても楽しみにしていました。
「勝者になるための新しい方法って?」
とワクワクしていました。

ま、内容は、デューカスコピー・ジャパン主催のセミナーなので
「最新版JForexを使いこなせ!」
というサブタイトルが掲げられていました。

確かに、セミナーを聞いていると、これからJForexはどんどん広がって
行くであろうという印象を強く持ちました。

個人的には、自動売買用のプラットフォームとして活用していきたい
ということでデューカスコピーの口座を作り、
口座開設キャンペーンでAgain2というソフトをもらったものの、
口座は裁量トレード用として使用していました。

裁量トレードは、FX MISSION ZEROに則って実行しているのですが、
本口座においては、月足で買い判断をしている通貨ペアを
安値で拾ってそこそこの利幅で利食い
というシンプルなことを淡々と繰り返しています。

現在は、CADJPYを対象としてトレードする口座として使用しています。
(同様のことを、マネーパートナーズ口座で株式を証拠金として活用した
口座で、AUDJPYを対象に実行しています)

ですが・・・。
この程度の使い方では、もったいない!!
ということにセミナーに参加して気づきました。

2016年2月にデューカスコピー・ジャパンの口座開設をして、
口座開設キャンペーンでもらったトレードソフトのAgain2を
リアルで運用するのはヤメておこうと判断した後、
現在のような運用をしてきました。
(若干変更していますが)

1年経過時点で、口座残高が倍になっているということが
現時点では視野に入っている状態なので、運用方法としては
悪くないと判断しています。
(これも、FX MISSION ZEROに則り、レバレッジを抑えて
淡々と実行しているおかげと判断しています)

ということで、決して悪くない運用ができているのですが、
トレードツールとしては活用できていないので、
新しいバージョンをリアル口座で使用できるようになる
2016年12月上・中旬以降は、
JForexを使い倒す!!
ことを目指します。

とは言え、MFXZでは、使うテクニカルはボリンジャーバンドだけで、
ラインを引くくらいなのですが。

ところで、デューカスコピーって大丈夫なの?と思いますよね。
というのも、FX業者の中には、ユーザーの貴重な資金を吸い上げる
ことばかりするようなところもあるらしいので、心配になります。

その点、デューカスコピーは安心できるというのをセミナーで
山中さんから聞くことができました。
・欧州で知名度が高く、厳格なFX業者
2010年以降、スイスでは、銀行ライセンスが必要となっているようです
・スタッフの40%がIT関連で取引ツールの改善に注力
JForexが、更により良いものになることが期待できます
・テレビ局としてスイス当局から正式なライセンス
スイスのサイトでは、インターネットTVで豊富な番組を見ることが
できるようです。

ま、会社というか銀行としてきちんとした存在であるようです。
であれば、あとは取引ツールの使い勝手次第ですよね。

では、JForexの主な特徴とは?

・世界で最も先進的なFX取引ツールの一つ
・分散型ECN採用で透明性の高い価格提示
板情報を確認することができる。
この分散型ECNを採用することによって、高い流動性を確保し、
より良い取引条件で取引が可能となっているようです。
そして、何よりも「透明性」ですね。
「ストップ狩り」などというのとは無縁です。
日本では珍しい外枠の手数料方式です。
・自動売買機能搭載
個人的には、大きな期待を持って見ていますが、現時点では
運用するに至っていません。

詳しく書くと、まだまだ沢山書くことがあるのですが、
今回はここまでとします。

取引ツールのバージョンアップもMT4のように唐突な
ものでは無く、きちんと行程を踏んでいるのが見て取れる
(印象として、ですが)のが安心材料です。

現在はデモ口座のみで新バージョンが使えるのですが、
12月上・中旬にはリアル口座でも使えるようになる
とのことなので、楽しみです。

ログインするのにIDやパスワードを都度入力するという
儀式が必要なのですが、それから開放されるだけでも
グッドニュースです。

MT4を便利に使っているんだけど、不満なところがある。
FX業者に不安感がある。

という方は、透明性の高いデューカスコピー・ジャパンの
JForexを試してみると良いと思います。
使ってみるだけの価値はあると判断しています。

外枠の手数料ということで、「手数料を払う」ということが
気になるかもしれませんが、手数料を払っていなくても、
スプレッドという形で手数料は見えない形で払っているのだし、
そもそも「ストップ狩り」だとか姑息なことをして
ユーザーから資金を吸い上げようなどということをされる
心配が無いのは大きなメリットです。

「どこか良いFX口座は無いかな~?」
と探している方には、良い選択肢の一つになり得ると思います。

トレードソフトAgain2がもらえる口座開設キャンペーンもあるのですが、
個人的には、月光為替さんのレポートの方が良いのでは?
と思っています。
残念ながら、自分は開設してしまっているので
もらえませんが・・・。
デューカスコピー・ジャパン × 月光為替 新規口座開設スペシャルレポートタイアップキャンペーン 

そういうキャンペーンは面倒ということであれば、余分な手間なく
口座開設手続きのみで。
デューカスコピー・ジャパン 口座開設

最後になりましたが、デューカスコピージャパンのメリットをもう一つ。
「複数口座を開設することができる!!」

これは、なかなかレアな特徴です。
自動売買で使うようになれば、ストラテジー毎に口座を割り振ったり、
裁量の場合であれば、短・中・長期で口座をわけるということが
可能になります。
サブ口座は2つまで申請できます。
そして、それ以上申請した場合は、審査があるようです。

JForexの今後に期待しています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
今回のセミナーでは、最後に参加していたトレーダーさんと
密に話をする時間を持つことができて嬉しかったです。
最近は、ビジネスパートナーのNさんもFXをしているという
のが分かり、情報交換させていただいています。
こういう御縁は嬉しいものですね。
またのご訪問を心よりお待ちしております。