さらに使い易くなったJForex|Dukascopy

世の中、色々なところで
途切れることなく進化・変化
が進んでいます。

裁量用口座として活用している
Dukascopy社のJForexも同様です。

個人的には、裁量だけでなく自動売買にも活用したい
考えているので、
提供されるストラテジーが増えることを希望
しています。

無料でも有料でも、とにかくリアル稼働させるに値する
ものが多数出てきてほしいな、と。
自分で作るのが早いのでしょうけど、最近、久々に
自分でコーディングしてMT4のEAを作成しているので、
余力がありません。

JForexのバージョンアップ内容

JForxというのは、Dukascopyが独自開発・提供する
FXトレード用のプラットフォーム(ツール)です。

MT4のようなものですね。
MT4はメタ・クォーツ社が提供しています。
どちらも、裁量と自動売買の両方に高いレベルで対応しています。

ただし、残念ながら、JForexを使えるのは国内では
Dukascopyジャパンだけということになるようです。

Dukascopyが独自開発・提供するものなので、ユーザーの
声を直接ツール開発に反映できるということもあって、
ヒアリングされる機会が何度かありました。

で、個人的には
リモートサーバーの早期提供開始
ポジション報告書の「円」表示
などいくつか要望として回答していました。

それを含むJForexのバージョンアップ、そして
Dukascopy提供の取引環境SWFXの取引環境改善が
進んだようです。

先日、口座保有者向けにメールで通知がありました。
その内容をシェアします。

1.ドル円0.3銭のスプレッド実績値達成!
2.リモートサーバ提供開始
3.通知サービス提供開始

4.iPhone/iPadアプリ 5.2へバージョンアップ
5.JForex 3.2.4へバージョンアップ
6、ポジション報告書のバージョンアップ

上記1.は、取引環境の話ですね。
Dukascopyでは、外付け手数料制ということで、
株式のような板情報を提供していることもあり、
スプレッドにはFX業者の収入源となる要素は無い
ので、取引環境の透明性が高いと言えます。

そうです。
ユーザーの損失がFX業者の利益になる
というようなことはありません。

手数料が収入源と言えます。
海外FX口座ではお馴染みですが、
ECN口座(業者によって呼称が異なります)
などように手数料制の方が個人的には安心感があります。

なので、スプレッドが狭いというのは、それだけ流動性が
高い状態であったということなのだと理解しています。
Dukascopyが提供する取引環境であるSWFXは、
高い透明性
高い流動性
がウリですからね。

そして、2.のリモートサーバー提供開始!!です。
これは、
無料でVPSを使える
相当する話なので、とってもありがたい話です。
(同一ではありません)

が、現状では自動売買していないので、
宝の持ち腐れ
になってしまいそうです、個人的には。
(ちょっと話が違うけど)

上記3.の通知サービスは、MT4口座だとほとんどの
業者が日毎に決済一覧、保有ポジ一覧をメール送信して来ますが、
それに相当するものです。

これは、自分で選択することが可能です。
メール送信要否自体も設定可能ですが、例えば日次の報告書、
新規・決済の約定通知などを個別にメール送信要否設定
することが可能です。

なので、必要無いのに送られて来るということも無いし、
メールの内容を個別選択できるので、必要な情報だけをメールで
知ることができる、という点で便利ですね。

上記4.は、残念ながらユーザーでは無いので、コメントできません。

最後の5.JForex 3.2.4へバージョンアップは、
(1)グループ化した複数のチャートにおいて、銘柄、時間枠、
ビッド/アスクを一括切替できるチャートグループ機能を追加しました。
(2)日本のお客様から要望があったチャートでの上昇/下降の
デフォルト色に上昇:赤/下降:青を追加しました。
(3)インディケーターの重なりの順序変更ができるよう
になりました。
という紹介がメールにあるのですが、個人的には未だ確認できていません。

ただ、チャートグループ機能は、MT4で使っているようなものであると
便利だな~ということで期待しています。
例えば、1画面に月足、週足、日足、4時間足を通貨ペア毎に
並べるということができるといいなと。
それを毎朝30通貨分ぐらいチャカチャカと切り替えているので。

相場の観察、その後のエントリー判断、そして
エントリーポイントの検討には、
4つの時間足を並べた画面で検討しています。

現状、MT4で一連の作業後にDukascopy口座が担う中期(週足)
分のトレードについては、注文作業をJForex上で作業する
という流れにしています。

そして、個人的には一番の注目点が6.
ポジション報告書のバージョンアップ
です。

「スワップ(JPY)」および「総損益(JPY)」の日本円概算項目を追加
したと説明されています。
実際に確認しましたが、きちんと表示されていました。

ただ、「概算」と言われると精確では無いのか?と思ってしまいます。
単純に換算とか書いてくれるとよいのですが・・・。

この件、いつまでも改善されないようなら、裁量の中期口座としての
役割を別の口座に一部移管しようかと思っていたくらいなので、
個人的には嬉しいです。

実際、自分でエクセル上で日本円換算していたのですが、
「概算」レベルなので、モヤモヤした部分がどうしても残っていた
のです。

改善前は、決済通貨(通貨ペアの右側)表示だったので、
「わかりにくい!!」
状態でした。

それが改善され、普通に一目で把握できる状態になったので、
今後も安心して裁量中期口座として活用していけます。

今後は、裁量で中長期で持つポジションを
ロジカルにピラミッディングしていく
ことを試行していくので、円表示してくれるというのは
非常に嬉しい改善点です。

今後、個人的にはトレードソフト(MT4で言うEA)が多数提供
されるようになるといいなぁと希望しています。

さらにDukascopyのトレード環境が充実してきたのに
トレードソフトの選択肢が無い、という状況なら、自分で
作るしかない・・・、ということになります。

そうなる前に、多数のトレードソフトが提供されるようになる
ことを願っています。

もう、自分は開設してしまっているので対象外ですが、
ガラケートレーダーさんの
「仲値トレードの鬼レポート」
をDukascopy口座開設でプレゼントしてもらえますよ。

実は、どんな内容なのか、とっても興味津々です(笑)
福はぁ~うちッと豆をまくと、我が家にも届けられますかねぇ(希望)

ガラケートレーダー×デューカスコピー・ジャパン☆ECNで真価を発揮!!『仲値トレードの鬼レポート』プレゼント!!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
日々、充実した時間を過ごしましょう!!
またのご訪問を心よりお待ちしております。

透明性があり信頼できる口座|デューカスコピージャパン

FXのトレードをする上で、
実は重要で影響度が高いのが
取引業者(口座)である
というのはご承知の通りです。

ですが、選択基準は画一的なものは無く
個々のユーザーにとって使いやすい口座
ということになるのだと考えています。

もちろん、
1.スプレッドが狭く、しかも滑らない
2.スワップポイント条件が良好
3.取引ツールが文句なく使いやすい
4.各種キャンペーンが豊富
などの条件が高いレベルで備えられていれば文句なくそれを使う
わけですが(笑)、なかなかそのような口座はありません。

なので、最後は自分で試すしか無い、という訳です。

もっとも、ストップ狩りするとか、出金拒否するというような業者は
論外です。

取引条件(上記1.、2.)、取引環境(上記3)、オマケ(上記4.)
の順に自分は重視しています。

そして、裁量(長、中、短期)と自動売買用で口座を分けています。
2017年5月現在は、以下の布陣です(笑)
★裁量
・長期:FXTF(自動と重複)
OANDA(ご存知のように色々あったので、EAは撤退)
←困ったものですね・・・
・中期:Dukascopy(デューカスコピー・ジャパン)
・短期:Lion

★自動
・外為ファイネスト
・FXTF(裁量と重複)
・EZインベスト
・Titan、MYFXMarketsなど海外口座

★積立
SBI FX

★自動の検証用デモ口座
Forex.com(最近はリアルでは使わなくなりましたが、またお世話になります!!)

各口座、それぞれ特徴がありますが、透明性という点で分かりやすいのは、
やはりDukascopy:以下デューカスコピーです。

FX界隈では、特に海外は出金拒否とかありますし、ストップ狩りという噂も
絶えません。
残念ながら、国内口座でも安心はできませんよ。
本当に、残念なのですが・・・。

当然、営利企業なので、利益を追求するものですが、まっとうな手段でそれを
実現して欲しいものです。

で、それを体現している、特に透明性の高い取引環境を提供してくれている
という点でデューカスコピー口座を気に入っています

そんなデューカスコピーがセミナーを開催するというので、
参加させていただきました。
2017年5月23日です。

デューカスコピー主催のセミナーなので、やはり自社商品・サービスの紹介を
してもらいました。

ま、既に活用させてもらっているので、大凡は知っているのですが、
あまり意識していなかったり、理解できていなかった部分がありました。
ということで、そのうちのいくつかをここでは紹介しましょう。

1.MT4との比較
個人的に、とっても気にしている部分です。
前回のセミナー時、そういう観点が担当者さんから微塵も感じ取れなかったので、
残念に思っていた点です。
もちろん、MT4を模倣すれば良いというものではありませんが・・・。

a.ヒストリカルデータの提供
取引条件が透明であるが故に、ということが影響しているのか、
過去の取引データをティックででも当該通貨ペアの提供開始
タイミングに遡ってダウンロードできるようです。

これ、何気にありがたいことですよね。
特に、EA開発者/ユーザーであれば、ありがたみを痛感することでしょう。

というのも、MT4の場合であれば、業者によりますが、1分足だと
2ヶ月程度、5分足、15分足とチャートが大きくなればダウンロード可能な
期間が長くなります。
せめて、1分足で数年分のダウンロードができるように、各FX業者で
対応して欲しいものです。

というのも、やはりその口座でのヒストリカルデータが欲しいのです。
EAとの相性を見るために、当該業者でのデータが必要なのです。

で、その貴重なヒストリカルデータをデューカスコピーでは
しっかりとティックデータで当該通貨ペアが取引可能となってから
のものを提供してくれています。

なので、無料で長期間のデータをダウンロードできるものの、
そのデータの質に疑問符がつくというFXDDのデータを使うよりは、
デューカスコピーのデータを使う方が良いのでは?と考えます。

実際に、EAの販売ページでそのように謳っている開発者さんもおられますし。
もちろん、無料で提供されているので、試しに使ってみると良いと思います。

と言いながら、自分では使ったことが無かったので、使ってみることにします。

ダウンロードしたデータをMT4用にコンバートする方法についても、
紹介してくれているサイトがいくつかあったはずなので、
それを参考にして進めることにします。

例えば、「医学的FX」さんでダウンロードできるスクリプトであれば、
MT4用にコンバートしてくれるようです。
こちらのサイトにて、以前なにかのインジでお世話になった記憶があります。

b.プラットフォーム
前回のセミナーにて、アンケートに書いたか口頭で伝えたか
忘れましたが、現在の主流であるMT4との比較結果が欲しいと
言っておきました。

他にも指摘があったのか、MT4との比較表を提示いただきました。

もちろん、それはそれで嬉しいのですが、例えばMT4では
チャートグループを作れるしり、各ポジション毎にコメントを
付与できるので、そういった「便利」機能について
比較し、機能改善の参考にして欲しかったですね~。

ちなみに、チャートグループについては、次期開発案件に
入っているそうですよ。
個人的には、大いに期待しています。

c.MQLコンバータ
多くのユーザーを抱えるMT4用のEAなりインジをJForexでも使用できるように
コンバートしてくれるMQLコンバータがあります。
ただし、残念ながら、その機能は十分では無く、さほど期待はできないという
評判があります。

こちらも、自分では使ったことが無いので、試しに使ってみました。
以前、無料でダウンロードすることができたリピート系のEAです。
MQLで記述されているものを探します。

で、いざコンバートっ!!

残念ながら、
「conversion failed!」という結果に・・・。

ま、あまり深入りするつもりが無いので、そこで淡々と撤退です。
どうせやるなら、javaでコーディングする方が良さそうなので。
ちなみに、javaを扱ったことはありません(笑)

セミナー後の懇親会でデューカスコピーの方が、javaのマニュアル
翻訳版は未だ準備中とのことでした。
そして、それが展開される時期は未定とのことです。
ま、待つしかありません。
それか、普通に参考書籍を見るか、ですね。

2.取引環境
a.スプレッド
高い透明性を誇るデューカスコピーのSWFX(スイスFXマーケットプレイス)。
ECNであるSWFXに参加する金融機関や他のECN、もちろん
我々ユーザーの注文を全て合わせ、「板情報」
反映されます。
(実際の板情報に数値として表示されるには、一定以上の
注文数量である必要があります。)

いずれにせよ、実際に出されている注文情報がそのまま反映されるので、
高い透明性を実現できているのですね。
そして、他のECNなどともつながっているので、高い流動性も
実現している、と。

株式の場合は当たり前の板情報は、FXでは馴染みがありませんね。
くりっく365(取引所)では見ることができますが。

いずれにせよ、ストップ狩りなどとは無縁でいることができます。

b.取引手数料
提示されている板情報は注文情報そのままなので、
株式と同様に手数料を必要とします。

(例が提示されているので、参考にして下さい)

最近の日本では、あまり馴染みが無いのですが、
海外では普通に提供されるECNでは手数料制ですよね。
自分も、使用しています。
(国内で言えば、トラリピでお馴染みのM2Jは手数料制です。)

通常の手数料を必要としない口座よりもスプレッドが狭いですが、
明朗会計の手数料を要します

通常口座では、スプレッドに手数料が含まれているので、
実際には手数料的なものは徴収されているし、
FX業者の収入源です。

なのに過当なスプレッド競争により収入源としては不足し、
良からぬ動きにつながっているという現状があるようです。

そんなことなら、最初から手数料を支払い、透明で流動性の
高い取引環境で取引した方が賢明とも言えます。

3.各キャンペーン
a.キャッシュバックキャンペーン
期間中に「新規」口座開設が完了もしくは初回入金し、
3ヶ月以内に2,000万米ドル相当を取引すると、
20,000円が取引口座にキャッシュバックされる
というキャンペーンを開催中だそうです。

肝心の期間は、
2017年3月1日から2017年6月1日
となっていましたが、期間延長される、とのことでした。
未だ開設していない方にとっては、チャンスとも言えます。

ただ、2,000万ドル相当を3ヶ月以内に取引きする、というのは、
少々敷居が高いなぁという印象がありますねぇ。
ま、2万円のキャッシュバックは簡単なことではありませんよね。

b.取引手数料ディスカウント・プログラム
「直近の」入金から30日以内の取引口座から申込み後、1年以内
という期間が対象です。
「必要取引金額 ー 申込時点における対象口座の純資産額の3万倍」
の取引を達成すると、
期間中に支払った取引手数料総額から20%分を払い戻し!!
してくれるようです。

マイ・アカウント内の専用フォームにて申し込む必要があるようです。
ただし、出金したり取引口座間の資金移動をした場合には、
参加が取り消されるようなので、ご注意を。

自分は、あまり意識せずにいようと考えています。
つい、無駄なトレードをしてしまう・・・なんてことに
つながりかねないですからね~。

ということで、当ブログにもバナーを貼っておきます。
が、口座開設は例えばポイントサイトとかを経由すると
それだけで(入金や取引が条件などあるようです)キャッシュバック
されるというものもあります。
なので、FXなどの口座開設をする場合には、そういったサイトを
経由することも考慮すると良いですね。

MT4系であれば、EAが貰えるキャンペーンがあるfx-on経由が
お得だとは思いますけどね。

デューカスコピー・ジャパン 口座開設

ま、大事なのは、自分の資産を増やしていくことであり、FXはその手段の一つで、
活用するFX口座もその一部です。
自分にあったものをいくつか試した中から選択することが重要だと考えています。

自分の場合は、まだ開設していない口座は数えるほどしか無いです(笑)
ま、ほどほどに、というのも大事です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
デューカスコピーは試す価値があると考えているので、
いつかは試してみると良いと個人的には考えています。
またのご訪問を心よりお待ちしております。

ええぇい これがDukascopy:JForexの実力かぁ!!

2016年2月にDukascopyの口座開設をして、
最初はちょこちょことお試しで使っていました。

で、使っているうちに
JForexは期待できる!!
という結論に至りました。

もちろん、口座残高がもう少しで倍増
という結果となっていることだけでは無く、
将来的にも口座やツールとして期待できる!!
というものです。

口座開設キャンペーンでもらった
トレードソフト「Again2」を試している
段階では、まさに手探りでしたが、
「Again2」を一旦あきらめ、そして自動売買をする
ための環境が整うまでは
MFXZの長期口座:サブ
として使うことにしました。

それによって、口座残高は順調に大きくなりました。
まだ倍には至っていませんし、先はわかりませんが、
1年経過時点で倍増ということが実現できていると
よいな~という感触です。

そんなこともあって、2017年は、
MFXZの中期口座のメイン
として起用することとしました。

これは、
JForexがバージョンアップして使いやすくなっている
複数アカウント(口座)を持つことができるようになっている
ということによります。

今まで、ログイン時にIDやパスなどを都度入力する必要があったので、
コピペすればよいとは言え面倒だったのですが、バージョンアップにより
解消されました。

また、複数のアカウント(口座)を持つことができるようになっているので、
将来的に自動売買にも使うということがやりやすくなっったという
ことになります。
同じ口座だと、資金管理がやりにくいので。

なぜDukascopyのJForexなのか

さて、ここでDukascopy(デューカスコピー・ジャパン)口座が
良いと判断した2つの理由を紹介しましょう。

基本的には、
全ての人が全て満足する口座というものは存在しない
という認識なので、
自分の用途、好みに合うものを選択すれば良い
という考え方です。

なので、自分も多数の口座を開設して試してきました。
タスクバーにピン留めしてある口座だけでも10口座あります。
(チト多いですかね~)
そして、その2倍、3倍の口座を開いて試しています。

ざっくり言えば、
・トレードツールが使いやすい
・ユーザーである自分が利益を積み上げるのを阻害しない
というのが口座を選ぶ時の基準です。

イチバン大事なのは、
・ユーザーである自分が利益を積み上げるのを邪魔しない
ということです。

所謂ストップ狩りとか、「スケーターかよ!!」と突っ込みたくなるくらい
スベった約定したり・・・。

自分のトレードがイマイチで利益にならないのは仕方ないですが、
FX業者とユーザーの利益相反により利益にならないというのでは
話になりません。

ということで、アチコチで言われている話なので耳タコかと
思いますが、
DD(ディーリング・デスク)方式よりはNDD(ノー・ディーリング・デスク)!!
さらにはECN(Electronic Communications Network)が良い

DDは呑み業者とも言われますね。
個人的には、DD方式の業者が多いですし、ユーザーに損となるような意図的な
行為をしないのであれば、DD方式でも問題無いという認識ではいます。

が、その線引きをどうしたらよいのかがよくわからない面があるので、
NDDの方が良い、と。

さらに言えば、取引手数料を徴収される方式とはなりますが、
ECNだと尚可であると考えています。
ベスト!!と言い切れるのかは、自分としてはわかりません。
が、取引手数料を支払うことで、トレードの邪魔をされない
のであれば安心料として考えてリーズナブルだろうという判断です。

また、スプレッドが狭い!!というのがウリのDD方式業者でも、
そのスプレッドには取引手数料となる部分が含まれています。
FX業者の利益の源泉ですから。
(悪徳業者の場合には、狩りに励んでおり、それが源泉かもしれません)

そもそも約定がスベったり、ストップ狩りなどでトレードの
邪魔をされる可能性があるのなら、取引手数料の方が
圧倒的に安くつくであろう、というものです。

ということで、デューカスコピー・ジャパンを良いと判断した理由の1つ目は、
ECN(Electronic Communications Network)である
ということになります。

2つ目は、
JForexは期待できると判断した
ということです。

デューカスコピー・ジャパンを良いと判断した理由
1.ECNである2.JForexは期待できると判断した

JForexは、MT4と同様に自動売買だけでなく、裁量トレードにも
キッチリ対応しています。
・国内口座では珍しく、複数アカウント(口座)を開設できる
・ヒストリカル・ティックデータが無料でダウンロードできる

MT4の場合、有料で購入したり、FXDDが提供する無料データを
使用したりしています。
が、トレードするFX業者のヒストリカルデータでは無いので、
使用するデータが原因となるリアルトレードにおける
バックテストとの乖離要因を抱えることになります。

デューカスコピーの場合は、そんなことにはならないので安心です。
・VPSコストが無用となる可能性
まだ実現していませんが、デューカスコピージャパンのWEBページには
 「リモートストラテジーサーバー」無料提供(※申込が必要、近日提供予定)。
と明示されています。
もちろん、どのような条件でどのようなものを提供してもらえるのかは
わかりません。
いずれにせよ、期待して待ちましょう。

過日行われたデューカスコピージャパンのセミナーにて、
MT4関係のセミナーではお馴染みの山中康司さんが、
JForexを「世界で最も先進的なFX取引ツールのひとつ」
として紹介していたのが印象的です。

いずれにせよ、FX業者(口座)もトレードツールも、
無理ない程度に色々と試す
ということが必須だと考えています。

その上で、
自分に合うと判断したものを主に使う
というのが良いと考え、実行しています。

裁量ではFX MISSION ZERO(FXMZ)の則ってトレードしていますが、
短期(日足)、中期(週足)、長期(月足)
で分けるだけで3つの口座を必要とします。
(複数口座を開設できる業者であれば、業者を一つにすることも可)

自分の場合、更に自動売買もしているので、MT4口座を多数使用しています。

当記事を参考にしていただけると嬉しいですが、最後は
御自身の判断で、自分にとってより良いFX口座を見つけて使用する
というのが望ましいと考えています。

その選択肢を持つための情報として、WEB情報を参考にするというのが
良いと考えています。

開設するなら、キャンペーンの乗った方が得ですよぉ
デューカスコピー・ジャパン × 月光為替 新規口座開設スペシャルレポートタイアップキャンペーン 

キャンペーン用の申請がメンドウなら、シンプルに口座開設を
デューカスコピー・ジャパン 口座開設

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
またのご訪問を心よりお待ちしております。