SBI証券のくりっく株365セミナー|武者さん

SBI証券主催で、
くりっく株365セミナーが開催され、
その中で武者陸司さんのセミナーが
行われました。

「元」含むトレーダーでは無い方の
セミナーを拝聴するのは初めてだったのですが、
とても貴重な機会となりました。

で、せっかくの内容なので、シェアしたいのですが、
広い内容をスゴイスピードで展開していく勢いに
追従するので精一杯でしたので、詳細をお伝えできるほど
理解には至りませんでした。

基本的には、武者さんの考え、スタンス、そして
おっしゃっておられたことは以下のことだったと思います。
・米国経済は、今後も強い
(トランプ大統領は、レーガン元大統領と似ている部分が沢山あり、
当時のアメリカよりも良い状況でトランプ大統領が誕生している。
トランプ大統領の政策がレーガン時代のように成功するならば、
アメリカは更に強くなる:成長する)


とてもきちんとした資料で、無料のセミナーとは思えない内容でした。


NYダウと日経225の推移です。
アメリカが強い(成長している)というのも分かりますが、
日本の成長具合が寂しいものがあります。
もちろん、株価という切り口での話ではありますが。


資本の調達コスト(10年国債利回り)と資本のリターンを示すものです。
近年の日本は、なんだかんだとコストを上回るリターンがあるのだな・・・と
思いました。
バブル崩壊以降、長期にわたりコストがリターンを上回っているのが
わかります。


ここはやはり大注目です、個人的に。
いずれ、GDPという切り口で中国はアメリカをも追い抜くであろう、と。
それを防ぐ、もしくは先延ばしするためには
アメリカが成長する
中国の成長をそぐ
アメリカドル高(人民元安)
ということが考えられる、と。

で、アメリカドル高、人民元安に誘導するのでは、と。

あ、そういうシナリオがもしも現実になっても、
それと実際のトレードとは切り離すべきですね。
ま、個人的なスタンスですが。

ファンダメンタルズの一要因として背景に認識しておく
のは良いのだと思うのですが、トレードはあくまでも
チャート分析(FXMZの勝ちパターン)による行動をとります。
そう、自分は・・・の話です。

武者さん御自身も自分はトレードはしないし、
自分が話すことをトレードにどう活かすかは皆さんの
仕事である・・・というようなことをおっしゃっておられたので、
そういうものなんですよね、きっと。

という駆け足での紹介となりましたが、
SBI証券主催のくりっく株365セミナー
武者さんの講演内容紹介でした。

そういう貴重な講演だったので、是非聞いてみていただきたいなぁと
思っていたら、YouTubeでありました(笑)
コチラを聞いていただくのがよいですね。
時間を取れるタイミングで視聴してみて下さい。

そういえば、SBI証券自体の紹介は
最初の挨拶くらいでしたね・・・。
もっと推しがあるのかと思っていましたが(笑)

SBI証券については、開設完了したら、詳細を
紹介したいと思います。

SBIは、SBI FXで個人的に馴染みがあるというか
活用させていただいています。
積立FXで米ドルと豪ドルを積み立てているので。

セミナー関係者の皆様に感謝しつつ、今回の記事を
終わりたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
またのご訪問を心よりお待ちしております。

PR
SBI証券口座は
ネクシィーズ・トレ
−ドよりどうぞ!
≪申込はこちら≫
(モバイルのみ対応)

コメントを残す