事務所&モバイル用にWimaxを試す!! TryWimax

2月も下旬となり、寒さが和らいで
来ましたねぇ~。
個人的には、バイク(スクーター)での移動が
楽になり、ウレシイです。

とは言え、そろそろ花粉症の発症時期でもあり、
コレまた悩みのタネだったりします。

ま、いずれにせよ、春が来るということは、
心ウキウキするものですよね~。
春と言えば、やはり新入学新入社など
人が動く季節でもあります。
我が家でも、昨年は子供が小学校へ新入学、
そして転居をしました。

引越しのハイシーズンは、どうしても引越し料金が
高騰するので避けたいところですが、諸般の事情で
仕方なく、と言ったところです。

引越しは、色々と手間暇かかります
自分自身、既に10回くらい引越しをしていますが、
その度に、色々と手間がかかり、大変な思いをしています。

クレジットカードや銀行、保険、FX業者などへの
住所変更手続きだけでも数十件です・・・。
リストを作成して、進捗を管理しないといけないくらいです。

電話やインターネット環境も、引越しの度に色々と調べる
ことになりますね。
新しいサービスが開始されていたりするので、一応一通り
調べないと、自分に合ったサービスを選択できませんからね。
最近は、電力自由化で、電力供給業者も選択可能となっていますね。

そんな中、自宅のインターネット環境はNTTの光を選択しました。
引越しのハイシーズンに、なるべく早く開通できるという視点で
探すと、NTTというのは有力な選択肢です。
その後、光コラボのAsahinet光にすることでインターネット回線と
プロバイダ契約をまとめ、少し安くなる契約へ変更しました。

そして、今年の1月末に、事務所を移転したので、再び
インターネット回線をどうするか
という検討と決断をする必要が生じました。

事務所なので固定回線!!というのは素直なところなのですが、
事務所外でのインターネット回線としても使用したい
という希望があります。

ということで、スマホで契約しているIIJmioの契約を見直す
ことを検討しました。
データ通信量を増やせばいいかな、と。

すると、最大でも10GBしか無いことがわかりました・・・。
IIJmioから回線を借りている(という表現が相応しいのか
分かりませんが)イオンモバイルやDMMなどには選択肢がある
というのに・・・。

ということで、まずは契約の選択肢を増やすためにということで
IIJmioからイオンモバイルへMNPにて変更しました。
(イオンモバイルの使い心地は後日紹介します)
IIJmioからMNPで転出する場合に注意すべきことがあるので、
そのへんを調べたうえでの行動です。
これを2月の中旬に済ませました

1日に1GBくらいのデータ通信量になるかも・・・ということで
一先ず20GBの契約としました。
月の最終日前日までに契約変更すればよいので、2月はこれで
対応できるという想定です。
ちなみに、加入月の料金、データ通信量は日割りで計算されます。

ということで、
「どうにもならん!!」
という事態を避ける手立ては準備できたので、より良い
契約を検討することにします。

選択肢としては、

1.固定回線タイプ

ADSL

2.無線タイプ
スマホ回線
Wimax

などが浮かび上がります。

固定回線は、事務所限定での使用というなら悪くない
かもしれませんが、事務所外での使用も想定しているので、
今回は選択肢から早々と外しました
工事費がかかるというのも理由としてあります。

次に事務所を移転するのがいつになるかの予定が無いのですが、
工事費かけて開通させても、短期間で事務所移転という
可能性を考えると躊躇します。

ということで、無線(電波)方式のもので検討することと
しました。

ここで問題となるのが、データ通信量です。
新しい事務所で数日過ごす中では、1日1GB行かないくらい
通信量でした。
(IIJmioでの通信量を確認)

ということで、稼働20日とすれば月に20GBということになります。
とは言え、無駄なデータ通信が生じないようにした結果なので、
もっと欲しいというのがあります。

イオンモバイルでの契約の選択肢としては、最大で50GB
というのもありますが、その場合は1万円を超える額となります。
ま、さすがにそんなに使わないだろうけど、月によって
変わるだろうし、データ残量が引き継げるのが翌月まで
だし、無駄になるのも嫌だな~と。

現に、今まではモバイルでのデータ通信をほぼ使っていなかった
ので、ほぼ毎月フルに繰り越していました。
たま~に沢山使うんですけど・・・

ということで、やはり
データ通信量を気にしなくて済むプラン
に絞ることにしました。

こうなると、事実上選択肢が限られます。
そう、
Wimaxの一択!!
という状態です。
※記事中、Wimax、Wimax2+を含めてWimaxとしています

Wimaxの特徴と言えば、

・家でも外でもインターネット!モバイルルーターは持ち歩き可能
(端末が屋内専用のものでは屋内だけとなります)

・工事不要!回線を引く時間もお金も不要
(工事費用がかからない、時間も取られない、すぐに使える)

・即時開通!端末が届けばすぐに利用可能
(工事不要なので、工事日程の調整というのが無い)

というものがあります。
最近は、土日も工事をしてくれるようですが、追加料金が
かかるので、工事不要というのは大きなメリットですね。

では、デメリットは?と言えば、もちろんあります。
・Wimaxで使われる電波の特性上、建物内などでは電波が届きにくい

・多数の業者がWimaxのサービスを提供しているが、
24ヶ月定期利用という形での契約縛りがある

電波については、2.5GHzという高周波の電波を
使用するということにより電波の直進性が増すので、
電波が障害物を回り込んで到達する回折という
特性が低くなることがある、ということが理由で
建物内では使いにくい状態になります。

契約縛りは携帯などで見られる2年縛りですね・・・。
最近は、格安SIM業者でもこういうことになっている
ところがあるのが残念です。

で、実は数年前の自宅転居の際、かなり本気で
Wimaxを検討したという経緯があります。
当時は、ノジマで1週間くらい無料レンタル(お試し)
ができたはずで、それを借りて物件の内見時に試して
みようかと計画したのです。

しかしながら、色々とバタバタしていて、それどころ
では無くなり素直にNTT光にしたという経緯です。
(自宅は、もう10年くらい光ですね~そういえば)

ということで、
今回は確実にWimaxをまずは試そう!!
と決めました。

で、調べてみると、どうやら今は大元の提供業者
であるUQコミュニケーションズのみがお試し
としてのレンタルをしてくれるということがわかりました。

Try Wimaxということで15日間無料でお試し
させてくれます。
いやぁ~これはウレシイッ!!

ちなみに、15日間というのは、貸出機器を発送した日から、
返却する機器の着荷日までということになっています。
ので、実質1週間と考えておいた方が良いと認識しています。

「返却期限を過ぎても貸出機器をご返却いただけない場合、
または貸出機器を破損・紛失された場合は、本サービスの
利用規約に基づき違約金をご登録のクレジットカード
にてお支払いいただきます」となっているので、
きっちりと期限を守れるように発送しないといけません。
(TryWimaxの申込時、クレジットカードの登録が必要です)

ちなみに、配送はゆうパックです。
発送の際、ローソンやミニストップなどのコンビニでも可能なので
あまり不便は感じないと思います。

TryWimaxの申込方法としては、
・WEB
・書面の郵送
という選択肢があります。

ただし、WEBでの申込の場合、ドコモ、au、ソフトバンク
その他いくつかの回線事業者のメールアドレスが無いと
申込みできませんでした。

ところが、記事を書くために先程申込画面を見てみると
SMSが使えれば申込できるようになっていました・・・。
「アレ??」

自分の場合、書面で申し込むのが面倒なので
一応電話でも確認したのですが・・・。
SMSでも可能としたばかりなのでしょうかね?
(ちなみに、電話での問い合わせに対する担当者さんの
対応はとっても丁寧で好感がもてるものでした)

いずれにせよ、認証に必要な開通コードを携帯のアドレスか
SMSに送ってくれるようです。

自分の例では、木曜日朝に書面を郵便ポストに投函し、
機器が自宅に届いたのは翌週水曜日でした。

書面を投函した翌週月曜日
「Try WiMAX レンタル本申込登録完了」
というメールを受信しました。

そして、その翌日には
「Try WiMAX レンタル機器出荷完了」
というメールを受信しました。

そのメールには、「返却期限日」も記載されています。
この日までに荷物が先方に到着するように発送しておく
必要があります。

ちなみに、こんな感じで送られてきます。

ということで、早速スマホで使ってみることに。
まずは、「端末のリセット(初期化)」をします。
上記画像にあるように、1枚ものの説明書が添付されているので、
それに従い実行します。

開封の儀から1,2分といったところでしょうか。

あとは、スマホ側でWifi接続の設定をします。
Wimax本体の操作自体、分かりやすい画面になっているので、
少なくとも初期設定の時点で迷うことは無いかと思います。

ただ、自分の場合、最初の電源投入がすんなり行きませんでした
ACアダプタを一度抜き差ししたら、後は問題なく済みましたが。

自宅では、問題なくWimaxでのインターネット接続がスマホで
確認できました。

そして、肝心の事務所での接続です。
事務所ではデスクトップPCなので、Wimax本体(WX03)と
デスクトップPCとはUSBケーブルで接続することにしました。
TryWimaxでWX03を選択した場合にクレードルは附属していない
ので、このようにしました。

いずれにせよ、USB接続によって、Wimax本体(WX03)への電源供給
PCインターネット接続ができるので簡単ですね。
何の設定も必要なく、インターネット接続ができました。

そうです!!
事務所でも全く問題無くWimax(Wimax2+)での接続ができる
ことを確認できました。
大丈夫だとは想定していましたが、実際にそのようになり
一安心です。

あとは、行動範囲での接続状況がどの程度か・・・という
ところですね。
このへんは、おいおい確認していくことにしましょう。

回線速度の体感としては、IIJmio、イオンモバイルよりも
高速であるという印象です。
特にイオンモバイルにしてから、少し遅いなぁと思うことが
あったのですが、Wimaxは快適です。
自宅の光に近い印象です。

速度計測してみると、
「BNRスピードテスト」サイトで下り約1Mbps
「ブロードバンドスピードテスト」サイトで下り約36Mbps
となりました。

この差は何なんだ??
という疑問がありますが・・・。
もう一つ別のサイトで計測すると下り約17Mbpsでした。

1Mbpsってことは無いんじゃないの?という気がしますが、
いずれにせよ、快適に使える環境であることが確認できたので
満足です。

ということで、事務所で使用できることが確認できたので、
Wimaxの採用決定ですっ!!

では、実際にどの業者さんにする予定なのかは、
次回にでも紹介します。
もちろん、素直にUQコミュニケーションズで契約しても良い
のですが、せっかくなので
・月額費用が安くなる
・キャッシュバックがある
という美味しいキャンペーンを活用させていただきます。

はい、Wimaxを使うことになったら・・・ということで
目星をつけてあります!!

※WiMAXの回線業者選択については
「WiMAX採用決定っ!! どこのプロバイダにしたのか」
で紹介しています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
Wimaxのインターネット接続が安定していることを確認できたら、
EAを稼働させているノートPCを自宅から事務所へ移転させます。
VPSに加えてノートPCでもEAを稼働させているのですが、
事務所で稼働させた方が管理しやすいので。
またのご訪問を心よりお待ちしております。

コメントを残す