裁量トレード2017年1月結果の前に FX MISSION ZERO

記事タイトル通り、FX MISSION ZERO
則った裁量トレード結果の紹介をしたいところですが、
以下に書くように、それはまた後日・・・
ということで、今回は経緯の紹介です。

裁量トレードFX MISSION ZERO
則ってトレードしています。

長期、中期、短期と使用するチャートにより
口座を分けています。

長期:月足
中期:週足
短期:日足

このうち、短期トレード結果を2016年は記事にしてきました。
ヒロセ通商のLION FXは、
・複数のポジションについての指値設定が他のFX業者よりも
 手間なく入力できる
・トレード結果の確認(集計)用ツールが見やすい
という点で便利に活用してきました。

スマホ用アプリで言えば、「月間損益集計」というメニューで
表示させたものを記事で紹介してきました。
PC用のツールでは、「LION分析ノート」というメニューがあり、
それをクリックするとブラウザ上でトレード結果を分析できる
ようになっています。)

1ヶ月のトレード結果をざっくりと損益に注目して確認するには
手軽で便利だと評価しています。

トレード用口座として、特に問題が無い、むしろ上記のように便利だし
月間のトレード量によって美味しい食品を貰えたりする
(ま、あくまでもオマケとして捉えるべきでしょうけど)
のはウレシイのですが、2017年については裁量用口座を再編する
ことにしました。

結果的に、裁量用口座は、
長期(月足):FXTF(一部EAも稼働)
短・中期(日・週足):Dukascopy
としました。
(日足によるトレードを、より週足に関連付けて行うことにより、
より安定したトレード結果を目指すため)

本来、3つの口座を分けることがFXMZで推奨されているので
従うところなのですが、自分にとってより良い方法を
見つけるためにトライすることとしました。
(理由については、後日紹介します)

便利で使いやすいLION FXを継続活用する選択肢もあったのですが、
使用を一時中断しました。

で、高い透明性と高い流動性を誇るDukascopyを短・中期用
口座として暫く使うことにしました。
最初は、自動売買用の口座として期待して開設したのですが、
自動売買用としての環境が整うまで裁量用の口座として
活用することにしました。

20016年の一年近くチョコチョコと使ってみての判断です。
理由はいくつかありますが、やはり
・高い透明性
・高い流動性
が主な理由です。

FX業者の選択において、スプレッドの狭さだったり
約定のしやすさ(滑らない)などが選択基準に
含まれますが、それらは透明性と流動性によるものだという
認識です。

Dukascopyは外付けの手数料制ということで、日本では
珍しく(以前は普通にありましたけど)、トレードする
ことで手数料がかかります。

手数料無料のFX業者の場合でも、スプレッドに手数料相当
のものが含まれているのですが。

そして、Dukascopyの場合は、顧客の注文を呑むという
ことは無く、あくまでも手数料を収益源としているところに
特徴があります。

悪質な業者の場合、
「顧客の損失が業者の利益となる」
状態にあることから、顧客の損失となるように
レートを操作したり・・・などということをすると
言われています。

こういったことを一切懸念することなく、信頼できる
トレード環境を求めた、というのがDukascopy選択に
つながっています。

では、すんなりDukascopyに決めたかというとそんなことは
ありません。
単純にLION FXが使いやすいというだけでなく、Dukascopy
にも懸念点があったからです。

その懸念点とは・・・

・・・

・・

トレード結果の分析がやりにくい・・・

ということです。

2017年は、トレード結果をきちんと振り返って次に繋げる
行動をとるようにすることが目標の一つなのですが、
そもそも結果を確認すること自体がやりにくいのです。

で、「高い流動性・高い透明性」「トレード結果の把握がしにくい」
点とを天秤にかけ、「高い流動性・高い透明性」を今回は
優先したということです。

FX業者というのは、一長一短あるので、何を優先するのか、
という判断が必要になります。

ということで、トレード結果の集計を、例えばMT4と同じような
状態にDukascopyが仕様変更してくれると話が早いのですが、
Dukascopy主催にセミナーで担当者さんに話を聞く範囲では、
あまり期待できない印象だったので、自分でできる範囲の
対応をしていきます。

ま、表計算ツールを使ってなるべく手間なくできる方法を
探ることになりますが。

で、それを記事で紹介できるようにしたいと考えています。

◆FXトレードにおける高い透明性と高い流動性 Dukascopy
デューカスコピー・ジャパン 口座開設


◆FX MISSION ZEROでのトレードがしやすいLION FX


FXのトレードにおいて、どのようなトレードをするかというのも
重要ですが、どの口座(業者)を使うかというのも重要だと
認識しています。

ユーザーによってより良い口座というのは異なるので、
いくつもの業者を使ってみて、自分で判断するのが良いと
考えています。
そして、そのように実行しています。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。
またのご訪問を心よりお待ちしております。

コメントを残す