SBIFXのレバレッジ付き定期外貨取引の購入額変更

昨日の記事
「レバレッジ付き定期外貨取引の一時増額検討」
をしていると書きました。

そして、先ほど、毎月の購入額設定を変更しました。

変更前は、以下の通りです。
SBIFXレバレッジ付き定期外貨取引_変更前

そして、変更後は、以下のようにしました。
SBIFXレバレッジ付き定期外貨取引_変更後

豪ドルの購入額のみを倍額にすることを検討していましたが、
上記のように1万円増額としました。

で、いつまでその購入額を継続するか・・・です。
メドは2つあります。
81円
88円
の2つのレートです。

下図は、昨日も掲載した豪ドル円の月足です。
AUDJPY月足

上記のレートへいつ達するかで一時増額を解消するか判断します。

大きな方向性としては、
AUDUSDは、長期的に上昇(もちろん、一時的な調整は想定)
USDJPYは、一時的にまだ下かな~、長期的には上昇
というのがメインシナリオです。
そして、AUDJPYは長期的に上昇をメインシナリオとしています。

上記シナリオと異なり、崩落があれば、それは美味しい仕込みどきなので、
資金と相談しつつ、チャートを見ながら判断していきます。
(定期外貨取引ではなく、トレードで底値圏を買って資金を増やすのも手ですね)

銀行や証券会社などで外貨預金、外貨定期預金、そして積立などを
行っている方は、ぜひスプレッドが狭く、毎日、毎週、毎月という
購入周期を選択できる取引を体験してみていただきたいです。

ま、外貨に拘る必要は無いのですが、個人年金構築となれば
投資先を分散し、ポートフォリオを考えで資産構築していくことになるので、
結果的に外貨(もしくは海外の投資先)への投資をすることになると思います。

住宅購入資金、かわいい子供の教育資金、自分たち夫婦の老後資金など、
必要とする時期が明確な資金は、コツコツと可能な範囲で着実に
構築して行きましょう!!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
またのご訪問を心よりお待ちしております。

コメントを残す