CycleTrapAsianBreak2_EURJPYがバージョンアップ

先日紹介したCycleTrapAsianBreak2_EURJPY
ですが、本日バージョンアップ
されています。

ちなみに、
CycleTrapAsianBreak2_GBPJPY
もバージョンアップされています。

fx-onから配信されているメールによれば、変更点は
・新規パラメーター追加
・ロジック追加変更
ということのようです。

ただ、当方が把握しているバージョンアップ内容としては、
・timeframeAB:アジアンブレイクアウトの判定に使う時間足
というのがあります。
デフォルトが60で、1時間足ということになります。

この設定値ですが、60だけでなく、15でもバックテストすることを
オススメします。
もちろん、結果がどうだろうとデフォルト設定で運用するというのも
1つの考え方です。
が、例えば本EAに割り振った資金から算出したロットサイズを
分割し、1つは60、もう一つは15というように並行するのも
悪くないと考えています。

そして、その場合のロットサイズは、等分とする必要は無く、
重み付けをするのも良いと考えています。

これは良い!!
ハズ
と判断したEAについては、そのように並行稼動するのも
良いという考え方をしてます。

もちろん、デモ口座で並行稼動というのも悪くないと考えています。
必要なのは、こういう結果になったらこういう対応をする、
というようなことを事前に決めておき、それを遵守するということですね。
アジアンボックスブレイクアウトを使ってエントリーするEA。過去11年分のバックテスト検証済み。
CycleTrapAsianBreak2_EURJPY
CycleTrapAsianBreak2_EURJPY | fx-on.com

以前のバージョンアップにて、GBPJPY版とEURJPY版で同じロジックと
なったようです。
つまり、汎用性のあるロジックが実装されているということです。
アジアンボックスブレイクアウトを使ってエントリーするEA。過去11年分のバックテスト検証済み。
CycleTrapAsianBreak2_GBPJPY
CycleTrapAsianBreak2_GBPJPY | fx-on.com

と・い・う・こ・と・は~~~

はい

多通貨ペア対応

の可能性がありますね。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。
またのご訪問を心よりお待ちしております。

コメントを残す