MT4-EA稼動用にVPSでは無く自宅PCという選択肢

MT4のEAでFX自動売買をするという場合、
VPSを使用するというのが一般的です。
自分自身、
・お名前.com
・WinServer
・ABLENET
・使えるねっと

という4つの業者のサービスを活用しています。

使えるねっとを追加で契約したばかりですが、なんとか減らしたいものですねぇ。
収益に関係なく固定費として支出する経費ですから・・・。

さて、自分でVPSを活用しつつも、
自宅PCでMT4を稼動させるという選択肢は有効
だと考えています。

下記fx-on掲載記事にも書いていますが、運用状況に応じて、
MT4を稼動させる環境を選択する、ということです。
ま、基本的にはVPSがベストだと思っています。
自宅PCじゃダメなんですか?|VPSがイチバンだけど_core1
自宅PCじゃダメなんですか?|VPSがイチバンだけど_core2
自宅PCじゃダメなんですか?|VPSがイチバンだけど_core3

一方で自宅PCでも状況によっては良い選択肢だと考えており、
自分でも数年前にそのようにしていましたし、最近も使えるねっとを
追加契約する前の数週間は自宅PCで稼動していました。

自宅PCで稼動させる場合、電力や通信のバックアップをどうするか検討しておく
必要があります。
何かしらの障害発生時に対して特に対策しないというのも一つですが・・・。

停電に対しては、
・無停電装置(UPS)を使用
・ノートPCを使用
という対策により、短時間の停電であれば対応可能です。

通信に関しては、最近話題の格安SIMを普段使用している回線に加えて
使用できるようにしておくというのも手です。
この場合、テザリングできるスマホがあれば、それを活用するというのも
良いですね。
もしくは、格安の回線を契約しておき、普段も便利に使いつつ
イザという時にはMT4用に使用するというのも手ですね。

例えば、DMMモバイルは、料金が格安というだけでなく、契約した
通信料を使いきって低速通信となった場合においても、
「バースト機能」によって例えばWEBサイトを閲覧するための最初の一定量だけ
高速通信してくれるという機能があります。

実際に契約して試してみたのですが、この機能のおかげかどうかは
確認できませんが、低速通信でもWEBサイト閲覧のストレスが意外と
小さいという印象があります。
もちろん、高速通信にはかないませんが(笑)

ちなみに、DMMモバイルは高速通信か低速通信かをWEB上で簡単に
切り替えられるので、高速の通信量を節約できます。
つまり、普段は低速にしておいて、ココぞという時に高速にする、
ということが可能です。
コレ、文字通り簡単に切り替えできるのですが、本当に便利です。



このように、通信についてもモバイル機器によってバックアップ環境が
あれば、自宅PCでのMT4稼動というのも安心感が高まります。

上記記事に書いていますが、EAのロジック、使用時間足によって
望ましいMT4用の稼動環境も変わってくると認識しています。

さらには、別の選択肢もあったりします(笑)
下記サービスは自分では使っていないので、コメントはさし控えますが、
伝え聞く評判は良いので、選択肢の候補として挙げておいて
みるのもよいと思います。

■VPSって高いですよね?【レンタルMT4=500円/月~のVPS代替サービス】3ヶ月お試しセット
★本数限定!【レンタルMT4=500円/月~のVPS代替サービス】返金保証付き3ヶ月お試しセット(初回セットアップと3ヶ月(6月~8月)利用できるセット、しかも1ヶ月以内の解約は全額返金保証)
★本数限定!【レンタルMT4=500円/月~のVPS代替サービス】返金保証付き3ヶ月お試しセット(初回セットアップと3ヶ月(6月~8月)利用できるセット、しかも1ヶ月以内の解約は全額返金保証) | fx-on.com

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
またのご訪問を心よりお待ちしております。

コメントを残す