Stable revenueは「安定した収益」となるか検証

Stable revenueという
右肩上がりの収益曲線を
フォワードテストで
示しているEAがあります。

「Stable revenue」というEA名称をEA開発者さんが
どのような想いでつけられたかは不明ですし、
日本語でどのように捉えて欲しいかもわかりません。

辞書的な訳としては、
「安定した収益」
となります。

いやぁ~~~良い名称ですねぇ。
実績もそうなることを期待しますが。
多数のEAを稼動させてきて改めて認識するのは、
長期で安定して収益をあげるのは難しい
ということです。

最近で言うと、EURUSDを扱うEAは停滞中ですが、他のEAの中には
しっかり稼いでくれているものも少なくない
ので、分散、組み合わせ、
ポートフォリオ、というのは必要なことだと改めて認識します。
もっとも、多数のEAを稼動させるには管理することも必要で、
それがなかなか難しいという面もあります。

EA概要

通貨ペア:GBPCAD
珍しい通貨ペアです。
裁量トレードではチャートをチェックしているペアです。
スプレッドが狭くはないので、多数のトレードをするには
あまり向いていない印象があります。
本件は、コミュニティで質問してみました。

時間足:1分足
これも特徴的ですね。
サクサクと滑らず約定してくれるブローカーで運用する必要がありますね。

取引スタイル:ナンピン
収益曲線を見た瞬間、マーチンかな?という印象がありますが、
ロットは固定です。

最大ポジション数:50
この数字が特徴的です。
実際のところどれくらいのポジションをとるのかというのを
一言でいうのは難しいですが、2桁は珍しくない印象です。
(フォワードテスト結果より)
※追記 ロング、ショートそれぞれが50、計100

両建て:あり
方向は完全に入り交じっている印象です。

設定可能項目
sell_lots:売り注文のLOT
buy_lots:買い注文のLOT
magic_no:マジックナンバー
entry_hour_from:エントリー開始時刻
entry_hour_to:エントリー終了時刻

エントリー可能時間帯を制限可能としている意味合いについて、
コミュニティで質問してみました。
バックテストで確認しようにも、テスト期間を長く取れないので、
まずは開発者さんに質問してみるべきと考えました。

運用について

ロジックの概要や想定しておくべきドローダウンなどが不明確であり、
デモ口座で試運転というのが通常です。
が、1分足ということもあり、デモではやっぱり分からないと言う部分が
大きいと考え、いきなりのリアル口座運用を開始しました。

口座:外為ファイネスト
ロットサイズ:最小の1000通貨(ロング、ショート共に)

エントリー時間設定はデフォルトのままとします。

本EAについては、バックテストでのポジションワークでの印象を
リアル稼動の大きな判断材料としています。
今後、リアル口座での結果やコミュニティでの開発者さんからの回答などを
踏まえ、その後の対応を判断します。
※追記:コミュニティでの開発者さんの回答により、本EAは単独で稼動させる
ことが望ましく、一つの口座で他のEAと共に稼動させるというのは
本意では無さそうです。
下記画像バナーのリンク先にあるEA販売ページの「コミュニティ」にて
QA内容を確認することができます。

数ヶ月後、「今も安心してEAを稼動させています」という記事を
書くことができていると嬉しいです。
が、そうでは無い場合は、大きな反省材料となる、という自覚をしています。

安定した収益を誇る優秀なEA!統計学、ゲーム理論を元に作成された新しいスタイル!
Stable revenue
Stable revenue | fx-on.com

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
充実した連休を過ごせましたでしょうか?
連休中の方は、充実した休日を!!
またのご訪問を心よりお待ちしております。

コメントを残す