歪みエントリーがバージョンアップ|EURUSDの今後に注視

歪みエントリーEURUSD2015が5月4日付けでが-ジョンアップされました。
V1.02が最新版となります。

fx-onから購入者へ一斉配信されているメールによれば、バージョンアップ内容は
 ポジション処理の変更
とのことです。

これだけではわかりませんね・・・。
販売ページのコミュニティや「EAについて」で記載されている部分も
確認してみましたが、残念ながらバージョンアップ内容についての記述が
見当たりませんでした。


実は、本EAのリアル口座での稼働開始後、一度だけ奇妙な現象がありました。
たまたま本EAと別のEAがほぼ同タイミングでポジションに関する設定を
変更するということがあった時の話です。
別のEAが処理をした後、そのポジションへ本EAがポジションに関する設定を
変更したかのような値が設定されている現象がありました。

fx-onにはそういうことがあったということを連絡しておきました。
で、その後のバージョンアップなので、もしかしたら関係があるかもしれません。
もちろん、全く関係無いかもしれませんが。

一つ前のバージョンアップは、kinsi_sellのデフォルト設定を変更している、
とのアナウンスが開発者さんによって「コミュニティ」内でされています。
今回も、バージョンアップに関する説明があるかもしれません。

本EAを一つのリアル口座で本EA以外のEAとあわせて運用している方は、
バージョンアップの適用について、早急に検討することを強くオススメします。
もちろん、
・バージョンアップ版のバックテスト
・運用中のバージョンのバックテスト
を同一条件で比較のうえ、判断するという行程が入ると思います。

バージョンアップ内容が明確では無いので、確認すべき視点としては、
バックテスト結果に差異が無ければ、上で書いた話は「ハズレでは無い」
という判断を自分としてはすることになります。
(的外れの可能性もあります)

明確な材料を提示できないのがもどかしいですが、本EAをリアル口座で
運用している方は、バージョンアップの適用を検討いただきたいです。

ちなみに、自分は今回のバージョンアップ版にて、kinsi_sellは1.1にて
運用を継続しています。
kinsi_sellの変更は、もう少し相場状況を見てから判断します。

歪みエントリーEURUSD2015については、以前にコチラで書いています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
またのご訪問を心よりお待ちしております。

コメントを残す