EURUSDを扱うEAの設定変更 OnlyShortを解除 

相場状況に応じてEAの設定変更をすることにしています。
雇用統計、ECBなどのイベント、そしてトレンド、レンジなどの状況に
応じて、EA停止LOT調整ポジションの方向制限などを実施しています。

最近のEURUSD下降トレンドに対応し、EURUSDを扱うEAに対して
「OnlyShort」設定としていました。

日足ボリンジャーバンドの-1σを上抜けたので、一旦OnlyShoetを解除して
Long&Shortへ戻します。
対象は以下のEAです。
・BandCross3
・ForexSolid
・スイートマカロン

白虎DTは、あえて制限しなくてもいいかな、という判断で、今回は
対象外としていました。

今後ですが、また下降トレンド再開となった場合には、EA設定変更も検討します。
上昇トレンドの場合、OnlyLongとすることも検討します。
基本は、EAに任せたいのですが、裁量判断では強いトレンドという場合でも
その反対方向にポジション持って結果的に小さくない損失となることがあるのであれば、
多少の機会損失となっても小さくない損失となる可能性を潰す方が結果的に
利益を積み上げている、という考え方です。

BandCross3と白虎DTは、4時間足で見てレンジになっている状況で
調子を落とすことが多いようなので、そういう場合にLOTを調整しようと
予定しています。

コメントを残す